人物

谷口真由美の若い頃かわいい?夫(旦那)や子供、年収や出身高校も調査

投稿日:

テレビ番組「サンデーモーニング」での谷口真由美氏の発言が、「偏っている」「偏見である」などとしてネット上で炎上しています。

 

「サンデーモーニング」は長寿番組ですが、MCの関口宏は興味のないことに対して、学ぼうとする姿勢さえもなく、特にスポーツコーナーでは、やっつけ感がハンパないです。

 

「喝!」「あっぱれ!」でお馴染みの張本勲も野球以外は全く関心を示さず、サッカーのJ2を2軍と間違えて発言したこともあります。

 

わからないなら打ち合わせの時に確認しておく、くわしい人に発言してもらえばいいのに、それをしません。

 

そんな彼らの態度を容認している「サンデーモーニング」の番組関係者なので、谷口真由美氏の暴走もおかまいなしなのでしょうか?

 

今回は、そんな谷口真由美氏のプロフィールや若い頃、夫や子供などについて迫ってみました。

スポンサードリンク

谷口真由美のプロフィール

引用:http://www.sankeipro.co.jp/talent/taniguchi_mayumi/

谷口真由美氏は大阪出身で、生年月日は1975年3月6日で、44歳です。

 

大学院を卒業して博士号取得後は、法政大学現代社会法研究所の客員研究員、部落解放・人権研究所の理事などを経て

 

2004年4月~2011年3月:大阪国際大学法政経学部の専任講師

2005年4月~     :大阪大学実践教育センター非常勤講師

2011年4月~2019年3月:大阪国際大学グローバルビジネス学部准教授

2011年4月~2014年12月:公益財団法人世界人権問題研究センター研究4部(女性の人権)部長

2012年9月~      :「全日本おばちゃん党」を創設。代表代行。

 

人権問題を専門にしている法学者で、教壇に立っています。

 

最近は、ニュース番組などでコメンテーターとして出演することも増えています。

 

「全日本おばちゃん党」も創設していて、「大阪のおばちゃん」のイメージのように歯に衣着せぬ発言をしていて、その暴走ゆえに炎上してしまうことも

多いのです。

スポンサードリンク

真由美の経歴や学歴は?

大阪国際大学、和歌山大学大学院、大阪大学大学院を卒業しています。

 

勉強が出来たのでしょうね。

 

しかし、谷口真由美氏の発言で、勉強が出来ると頭がいいと言うのはイコールではないことを証明していますね。

 

谷口真由美の仕事や年収は?

谷口真由美氏は日本の法学者で、大阪大学非常勤講師を務めています。

 

そして、メディアや講演活動もしています。

 

そんな谷口真由美氏の収入はどれくらいあるのか、気になりますよね。

 

大学の非常勤講師の年収は一般的にですが、約200~300万くらいではないかと言われています。

 

それプラス、谷口真由美氏はメディアや講演活動もしています。

 

講演料はどのくらいか調べてみましたが、講演会の講師依頼サイトを見ていると、谷口真由美氏の講演料は要相談になっていて、非公開のようですね。

 

講演料は一番安くても10~30万円なので、それでも毎月1回講演会の仕事依頼が入っていると仮定して、憶測にはなりますが、年収600万円くらいなのではないでしょうか。

 

谷口真由美の夫(旦那)や子供は?

谷口真由美氏は結婚していて、子供が2人いると発言していますがそれ以上のことはわかりませんでした。

 

きっと夫は一般の人だからなのだと思います。

 

子供のことは防犯面から情報は出さないほうがいいですね。

谷口真由美の若い頃はかわいい?

谷口真由美氏の今よりも若い頃の写真はこちらです。

引用:https://twitter.com/ChuraoN/status/1170490619321413632

 

 

かわいいかどうかは、好みにもよると思いますが、目が大きくて、ハッキリした顔立ちなので、キレイだと思います。

 

ただ、最近はふくよかになってしまって、顔のあまった肉が引力に負けているので、ふてくされたような、ムスッとしているような表情に見えてしまうのだと思います。

 

谷口真由美のサンデーモーニングが話題に?

谷口真由美氏のサンデーモーニングでの発言が話題になっています。

 

谷口真由美「国同士の煽り合いやぶつかり合いをそのまま市民同士が持ち込まないということをやっぱり考えないといけないと思うんですね。だから今すごく気になるのは、例えば在日朝鮮人の人とか在日韓国人の人に対する差別とか偏見とかの増長とか、そういう人たちに対する襲撃とかそういうことが起こらないようにするために、我々一般市民は冷静にそういう人と付き合わなきゃいけないという事を肝に銘じなきゃなと改めて思います。」

引用元:https://ameblo.jp/neko-10-inu/entry-12266467599.html

 

確かに、「言論の自由」はとても重要です。でも「言論の自由」は「なにを言ってもいい」ワケではありません。

 

上記の発言は、法学を学んで、法学を教えている先生の発言とはとても思えません。

 

憲法や法律はどの立場の人の人権も等しく守られるようなものであるべきでしょう。いろんな立場の人の気持ちに寄り添っているとは思えません。

 

頭が良すぎで理論が先走ってしまったとしても、「人前に立つ」ことをなりわいとしていて、メディアの影響力が大きいと理解している人の発言とは思えません。

 

これが、「国同士のぶつかり合いを市民レベルにまで影響させてしまうと言うのは、避けるべきだと思います。国同士の交渉は彼らにお任せして、一般市民は気持ちよくお互いの国を旅行できたり、スポーツ交流や文化交流は別の話であるとするのが良いと思います。」とすれば問題はなかったのでしょう。

 

一足飛びに「日本人が在日の人を襲撃してしまうかもしれないので、襲撃するかもしれない人を見張らないといけない」って、言っている意味が分かりません。

 

もし、過去に「朝鮮人が井戸に毒を入れたデマ騒動」があったので、同じことが起きないように注意する必要があるって、言いたいのであれば、まぁ、言う必要があるかも疑問ですが、

 

「市民レベルでは、今までとなんの変りもないです。さもないと過去の朝鮮人が井戸に毒を入れたデマ騒動の二の舞になります。」と言わないと伝わらないと思います。

 

高校しか卒業していない、お笑い芸人のカンニング竹山のコメントがわかりやすいことが多いです。

 

キレ芸がウリのカンニング竹山なのですが、きちんと調べてからコメントをしていると感じられます。

 

カンニング竹山のコメントにあって、谷口真由美氏のコメントにないものは「愛」だと思います。

 

「愛」があるからキレているように見えても、正しくキレていると受け止められるのです。

 

まとめ

谷口真由美氏は法学者で、大学で法学を教えつつ、テレビ番組でコメンテーターとして出演しています。

 

「大阪のおばちゃん」のイメージで歯に衣着せぬ発言をウリにしたいようですが、時に発言が暴走し、ネットで炎上しています。

 

大学も大学院も卒業し、学ぶことを苦としない人ならば、知らないことはきちんと調べてから、愛のあるコメントをして欲しいところですね。



-人物

Copyright© SO YEAR , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.