人物

チョグクの嫁(妻)はハーフ顔?経歴や職業も!私文書偽造の疑いで起訴!

更新日:

チョ・グク氏の娘の不正入学疑惑、奨学金不正受給疑惑、また息子の徴兵逃れと多くの疑惑が出てきていますが、また新たに私文書偽造の疑いが持たれています。

 

今回の疑惑はどうやらチョ・グク氏の妻が関与しているのではないかということで、在宅起訴になっています。

 

今話題のチョ・グク氏の妻の顔や経歴、職業についても気になったので調べてみました。

 

チョ・グク氏の妻が私文書偽造の疑いで在宅起訴

チョ・グク氏の妻が在宅起訴になった理由は、2012年年9月ごろ、チョ・グク氏の娘が、釜山大医学部進学に有利になるよう、チョ・グク氏の妻が在職する大学の総長から表彰されたと偽るため表彰状を偽造した疑いが持たれています。

 

チョ・グク氏の妻の私文書偽造罪は、7日午前0時で時効が成立するため、検察は事情聴取をせずに在宅起訴に踏み切ったと見られます。

 

チョ・グク氏は聴聞会で自身の関与は全面的に否定しましたが、妻が偽造したなら「法的責任を取るべきで、起訴されれば、裁判結果次第で処罰を受けなければならない」と答えています。

 

そして、「疑惑の大半は知らなかった内容だ」とも強調しています。

 

真実が明らかになってくるのも時間の問題でしょうね。

 

韓国国民が納得する形がとれるといいなぁと思います。

 

チョ・グク氏の妻はハーフ顔?

チョ・グク氏の妻はハーフなのでは?という噂があるようですが、どうなのでしょうか?

 

チョ・グク氏の妻の画像はこちらです。

引用:Twitter

確かに、ちょっとハーフ顔ですよね。

 

目鼻立ちがはっきりしている方なので、ハーフのように見えますね。

 

色白なところは韓国人っぽいですね。

 

実際にチョ・グク氏の妻がハーフなのかどうか事実は確認できませんでした。

スポンサードリンク

チョ・グク氏の妻の経歴や職業は?

プロフィール

チョ・グク氏の妻の名前は、チョ・ギョンシムさんです。

 

現在57歳で、チョ・グク氏より3歳年上の姉さん女房のようです。

 

チョ・ギョンシムさんは、超エリートのチョ・グク氏に負けないくらいの超エリートで、ソウル大学を卒業し、学士を取得した後、1997年にイギリスのヨーク大学に入学し、哲学修士を取得しています。

 

2007年にはスコットランドのアバティーン大学で博士号を取得しています。

 

チョ・ギョンシムさんの家庭はお金持ちだったのでしょうね。

 

韓国→イギリス→スコットランドと世界を渡り歩いて博士号まで取るってなかなかできることではないですよね。

 

職業・経歴

チョ・ギョンシムさんは、2011年7月に東洋大学の教授として就任します。

 

また現在は東洋大学の教授の傍ら、熊洞学園の理事としての役職にも就いています。

 

教授と学園理事と、すごいですよね。

 

韓国国内の有名大学だけでなく、海外の大学にも通って博士号まで取得しているからこそ、このような役職にも就けるのでしょうね。

 

現在の職業から判断して、夫チョ・グク氏の力があるだけでなく、妻のチョ・ギョンシムさん個人だけでも、かなりの権力があったのではないでしょうか。

 

チョ・グク氏も妻のチョ・ギョンシムさんも、高学歴なので、自分の子どもたちにも同じようにいい大学に入れたいという気持ちは人一倍強かったでしょうね。

 

不正入学の疑惑はまだ明らかになっていませんが、もし不正入学が事実としたら、なんとしてでも我が子に自分と同じようにいい大学に入れたいという親心からなのでしょうか。

 

韓国は超高学歴社会と言われているので、他にも同じように不正入学をしている人はいるのかもしれませんね。

 

まとめ

チョ・グク氏の妻の名前は、チョ・ギョンシムさんです。

 

チョ・ギョンシムさんは、現在東洋大学の教授であり、熊洞学園の理事にも就任しています。

 

チョ・ギョンシムさんは、夫のチョ・グク氏に負けないくらいの、高学歴で、超エリートといえます。

 

現在、娘の表彰状における私文書偽造の疑いで在宅起訴になっていますが、もしチョ・ギョンシムさんがこの偽造に関わっていたのが事実であれば、夫チョ・グク氏と共に社会的制裁を受けることになると思います。

 

疑惑が早く解明されることを願います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

チョ・グク氏と対立構造にある人物はこちらからご覧ください↓↓↓



-人物

Copyright© SO YEAR , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.