人物

森田真帆の光紀は誰で早稲田卒?元旦那や子供や経歴も調査

更新日:

2019年7月31日放送の「今夜くらべてみました」では、クールビューティのイメージだった女優の真木よう子が実は面倒なキャラクターであることがわかり印象が変わりました。

 

そんな真木よう子の一番近くにいる一般人が森田真帆さんと言われています。

 

真木よう子が言うには、「一番言えないことを一番知っている」人だそうです。

 

森田真帆さんとはどんな人なのでしょうか?

スポンサードリンク

森田真帆のプロフィールや経歴

引用:https://lineblog.me/moritamaho/

森田真帆さんは映画ライターです。

 

シネマトゥデイという媒体の初期メンバーです。

 

それでは、詳しい経歴を見て行きましょう。

 

森田真帆さんは1980年3月23日に東京で生まれの39歳です。

 

中学校からお嬢様学校として有名な成城学園に入学して、高校を卒業しました。

 

大学に入学しますが、中退していきなり渡米します。

 

リー・タマホリさんというクレイジーだけど超グレートな監督さんのもと映画の撮影現場で修行を積みます。

 

ロスのメルローズという場所に住みながら、近所の男子ロビオくんと電撃結婚します。

 

妊娠が判明し、日本に帰国して20歳で男の子を出産します。

 

その後も結婚、離婚を繰り返し、バツ3で18歳の男の子のママです。

 

大分県別府にある「ブルーバード劇場」との出会いをきっかけに、東京で映画ライターの仕事をしながら、別府でブルーバード劇場の上映ラインナップの

編成やイベントを企画する二拠点生活をしています。

 

かなり波乱万丈の人生と言えそうですが、きっとこれは、森田真帆さんが「仕事も恋も人生も常に全力で猛ダッシュしている人」だからではないでしょうか。

 

最近になって、疲れたら休んでいいとブログにも書いていますが、だからと言って、力を加減することはしないのでしょうね。

スポンサードリンク


 

森田真帆と早稲田の関係は?

森田真帆さんについて調べると、ネットの検索ワードに「早稲田」という言葉が出てきましたので、早稲田大学と関係があるのではないかと思い、詳しく調べてみました。

 

その結果、これは別の同姓同名の森田真帆さんでした。

 

「今夜くらべてみました」に出演する森田真帆さんとはまったく関係のない、早稲田卒業の森田真帆さんがいらっしゃるようです。

森田真帆の“光紀”って誰?

上記と同様、森田真帆さんについて調べると、ネットの検索ワードに「光紀」という人名のような言葉が出てきましたので、どのような関係があるのか詳しく調べてみました。

 

その結果、こちらも上記の森田真帆さんとは無関係でした。

 

別の森田真帆さんと別の光紀さんがセットで掲載されている記事があるために、検索するとヒットしてしまうようです。

森田真帆の元旦那や子供は?

先にも書いたとおり、森田真帆さんはバツ3です。

 

そこで、元旦那はどんな人なのか。また、子供についても調べてみました。

元旦那

<1人目>

ロスに住んでいた時に19歳で知り合った近所のロビオくんと結婚して、日本に帰国して20歳で男の子を出産しています。

いつからいつまでの結婚生活なのか、見つけられませんでしたが、子供を産むとご両親に話した時に「両親の協力が必要」と話していることから、短期間で別れてしまったことが推測されます。

 

<2人目>

2010年から2015年の間、ラガーマンと結婚生活を送られています。

 

<3人目>

ハワイで出会って2年半付き合った日系アメリカ人のハワイの病院でカウンセラーをしていた男性と2018年末に結婚しましたが、1か月も立たないうちに「ひとりで生きていきたいから、結婚キャンセルして」と、まさかの”クーリングオフ”されたそうです。

しかも、銭湯へ行こうとしていた森田さんからかけた電話で告げられたそうで、心の準備もなにもなかったわけで、「鳩が豆鉄砲を食らった」状態になったことでしょうね。

 

子供

息子は森田カムイくん。

 

2000年12月19日生まれの18歳です。

 

2019年6月からアメリカのテキサス・ヒューストンで暮らしています。

 

息子が旅立つときに、森田真帆さんは

「今日からは、大人として旅立ってもらうから。自分で自分の行動に責任を

持ちなね。ドラッグ、犯罪、人を傷つけることだけは絶対にダメ。それ以外は好きにしな。大学行くなら行けばいい、やめたくなったらやめればいい。逃げたい時は逃げればいい。全部好きにしなさい。もう私は助けないけど、命がなくなるって最強ピンチの時は助けてくれ〜って連絡して。飛んでいくわ。それ以外のピンチはできるだけ自分で乗り越えな」ってこと

引用元:https://lineblog.me/moritamaho/archives/13228344.html

と言って送り出しています。

 

これは、森田真帆さんが18歳の時に渡米する際にお母さんから言われたことと同じです。

 

森田真帆さんのお母さんは「自分のケツは自分で拭きなさい。でも本当に助けて欲しい時は迷わず電話しなさい。」ってスタンスだったそうです。

 

子供はいつまでたっても子供ですが、子供の年齢によって関わり方が違ってきます。

 

本当に必要なのはこの距離感ではないかと思いますが、終始この姿勢を貫くのはスゴイですね。

 

森田真帆さんはまさに「この親にしてこの子あり」で、カムイくんもママとおじいちゃんとおばあちゃんに囲まれたので、たくましくて優しい子に成長したのでしょう。

 

ネットで見つかるカムイくんの写真を見ると、ハーフと言うこともあって、背も高くてイケメンです。

 

少林寺拳法をずっと習っていて、黒帯も取っています。

 

これからどんな大人になるか、楽しみですね。

さいごに

森田真帆さんは、映画ライターであり、大分県別府のブルーバード劇場の上映ラインナップの編成やイベントを企画する二拠点生活をしています。

 

バツ3、18歳の男の子のママという波乱万丈な経歴の持ち主です。

 

何事にも全力で突っ走る森田真帆さんなので、これからどうなるのか、イケメンな息子のカムイくんはどんな大人になるのか、気になりますね。



-人物
-

Copyright© SO YEAR , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.