芸能人

加護亜依の母の事故死や逮捕とは?目頭切開や昔は可愛いか真相を調査

投稿日:

元モーニング娘。でタレントの加護亜依が所属事務所から「契約解除」されていたことが報じられました。

 

なにかとお騒がせな加護亜依は、目頭切開したとか?母親が事故死しているとか?逮捕とか?お騒がせは加護亜依本人だけではなかったのでしょうか?

 

今回はそれらの真相に迫ってみました。

スポンサードリンク

加護亜依のプロフィール

引用:https://www.oricon.co.jp/news/2120212/photo/1/

加護亜依は奈良県出身。1988年2月7日生まれの31歳。

 

2000年にTV番組「ASAYAN」のモーニング娘。のオーディションに合格します。

 

矢口真里、辻希美とミニモニ。を結成し、小柄でかわいいと人気となります。

 

2004年8月にモーニング娘。を卒業。

 

2006年、未成年であったにもかかわらず、レストランで喫煙する姿がフライデーされ、謹慎処分となります。

 

2007年、週刊誌に再度、喫煙していたことが報じられ、所属事務所を懲戒解雇されます。

 

2009年、俳優との不倫が報道され、俳優の元妻から慰謝料請求の裁判を起こされます。

 

不倫について加護亜依は否定していますが、裁判に出廷しなかったため、慰謝料の支払い命令を受けます。

 

2010年、JAZZライブを行います。

 

2011年、交際し同居していた飲食店経営会社社長が暴力団関係者と密接な関係であるとして知人を脅し、恐喝未遂の疑いで逮捕され、加護亜依も参考人聴取を受けます。

 

その後、加護亜依は自殺未遂騒動を起こして救急搬送されるが、飲食店経営会社社長と結婚します。

 

2012年に女の子を出産します。

2013年、芸能活動を再開します。

2015年、夫と離婚します。

2016年、美容関係の会社経営者と再婚。

2017年、男の子を出産。

2019年、事務所から契約解除される。

 

書いてて、びっくりするくらい波乱万丈な人生ですね!

 

ちっちゃくてかわいくて人気者だった加護ちゃんが、モーニング娘。を卒業してからというもの、メディアに登場するのはお騒がせネタばかりでした。

 

一緒に活動していた、辻希美は4人の子供のママとなり、時々SNSは炎上していますが、ママタレントとして活躍しています。

 

どこでこうも違ってしまったのだろうと考えずにはいられません。

スポンサードリンク

加護亜依は昔は可愛い?目頭切開ってほんと?

モーニング娘。でデビューしたころの加護亜依はちっちゃくてかわいらしくて人気でした。

引用:http://nobinobi-kodomo.com/archives/6431

身長が150センチ未満の矢口真里、辻希美と一緒に「ミニモニ。」を結成してちっちゃくて、童顔のところがかわいらしいと人気だったのです。

 

今は、大人になったと言うより、顔が変わった印象を受けますよね。

 

童顔だったのに、一気に老け顔になってしまったように思えます。

引用:http://nobinobi-kodomo.com/archives/6431

目頭切開したかどうかの真相はわかりませんが、この変わり方はメイクやアイプチの域を超えていると言うのが、もっぱらの噂です。

 

鼻の印象も違うように思いますが、これは整形なのか、元彼のDVによって鼻をケガしたことが原因なのか、わかりません。

加護亜依の母の事故死とは?

加護亜依について検索してみると「加護亜依 母 事故死」という検索ワードがヒットしました。

 

そこで、加護亜依の母の事故死について調べてみましたが、加護亜依の母が事故死していると書かれている情報を見つけられたのはこちらのサイトだけで、詳細がわからず、事実かどうかが判定できませんでした。

⇒ 加護亜依、元モー娘。OGのLINEにも入れてもらえず…深まる孤立

 

加護亜依を契約解除した事務所の社長が、加護亜依の母親のように接していたとあるので、実母が亡くなっているのかもしれません。

加護亜依の母の逮捕とは?

さらに、「加護亜依 母 逮捕」という検索ワードもありましたので、調べてみました。

 

こちらもよくわからないのですが、“逮捕”という言葉は加護亜依のまわりによく見られる言葉です。

 

加護亜依の元夫が逮捕された、加護亜依の父親が逮捕された、加護亜依の弟が逮捕されたー。

 

加護亜依の壮絶な人生の象徴のようです。

 

 

ここで、加護亜依の母と家族についてご紹介しましょう。

 

加護亜依の母の名前は加護亜樹さんといい、元ヤンキーで17歳で加護亜依を生みます。

 

実父も17歳でしたが、実父が18歳の時に覚せい剤使用の罪で逮捕され、両親は離婚します。

 

ふたりめの父となった人とは事実婚状態で、加護亜依が11歳の時に母親が再婚し、3人目の父となります。

 

母親と3人目の父との間には妹と弟2人?が生まれ、弟のひとりは、障害を持っているとのことです。

 

さらに、3人目の父親には莫大な借金があり、加護亜依の収入が借金返済や家族の生活費に充てられていました。

 

昭和初期にはこういうケースはよくあったようですが、イマドキ珍しいですよね。

 

離婚も借金も恥ずかしいことではありませんが、対処の仕方に問題があったのかもしれません。

まとめ

ちっちゃくて、かわいらしく人気者だった加護亜依は、壮絶な人生を送っています。

 

辻希美と一緒にコンビを復活させようとしていたところで、事務所から契約解除となってしまいました。

 

何度も大変な思いをしながらも、助けてくれる手が差し伸べられていたのですから、なんとか事務所の社長と一緒にやり直せなかったのだろうかと思うと、「契約解除」にはとても歯痒さを感じてなりません。

 

ただ、契約解除するには余程の理由があってのことでしょうから、私たちができることは、これからの加護亜依を温かく見守るしかないありませんね。

スポンサードリンク



-芸能人
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.