映画

天空の城ラピュタの登場人物の年齢は?声優も一覧で紹介!

更新日:

スタジオジブリの不朽の名作「天空の城ラピュタ」

 

テレビ放送されるたびに、ネット上では「バルス祭」が繰り広げられているのももはや有名なイベントになってきていますね。

 

今回は、「天空の城ラピュタ」の登場人物達の年齢や、声優さん達について詳しく調べてみることにしました。パズーやシータ、大人びているように見えますが、年齢設定は気になるところですよね。

スポンサードリンク

「天空の城ラピュタ」はどんな映画?

引用 スタジオジブリ

 

鉱山で働く少年と、ある日突然空から降ってきた少女が出会い、伝説の島ラピュタを探して冒険を繰り広げる物語です。長年多くの人から愛されている名作の冒険ファンタジーですね。

 

原作・脚本・監督は宮崎駿氏、プロデューサーは高畑勲氏、音楽は久石譲氏です。

 

スタジオジブリの映画「天空の城ラピュタ」が公開されたのは、1986年(昭和61年)8月2日です。なんと今から33年も前のことになるんです。その年に生まれた子はもういい大人の33歳になっているんですね。

 

宮崎駿監督がなんと小学校時代に考えていた架空の作品が、この物語の骨子になっているそうです。小学生の時から、こんな壮大な物語を考えていたなんて、やはり偉人は小さなころから偉人なんですね。

 

1986年の劇場公開時の配給収入は5.8億円であり、セールス的には観客動員、収入共にジブリワースト記録であったというのが驚きです。しかしながら、観客満足度調査では97.7%と非常に高かったので、子供が主役のアニメ映画ながら大人も十分に楽しめる内容であったということですね。

 

テレビ放送されたのは、1988年から2017年までの間で計16回にもなり、今回の8/30放送で17回目になります。毎回視聴率は20%前後をキープしているので、30年以上たっても色あせることのないラピュタの魅力が幅広い世代の人々によって受け入れられ、ジブリブランドが支えられているのがよくわかりますね。

 

 

また、ラピュタの主題歌「君をのせて」もとても人気の高い曲です。「あの地平線~輝くのは~どこかに君をかくしているから~♪」と、切ないメロディーがラピュタのエンディングにぴったりです。
作詞宮崎駿氏、作曲久石譲氏、歌井上あずみ氏です。井上さんは、この「君をのせて」の後、スタジオジブリ映画で「となりのトトロ」の主題歌や「魔女の宅急便」の挿入歌も歌っています。

スポンサードリンク

「天空の城ラピュタ」の登場人物達の年齢は?

さて、気になる登場人物達の年齢について見ていきましょう。正確な年齢は公表されていないので、あくまでも目安程度に見てください。

パズー

引用 Twitter

 

主人公・パズー 13歳くらい

スラッグ渓谷の鉱山で働く見習い機械工で、明るく元気いっぱいで正義感と行動力あふれる少年です。親方のゲンコツよりも硬い石頭の持ち主で、ムスカも石頭であると認めていました。

日本で考えると義務教育が必要な中学1年生くらいでしょうが、13歳ってこんなに大人っぽく行動力や判断力がありますかね!?体の大きさは年相応な気がしますが、精神年齢は17.18歳くらいではないでしょうか。早くから社会に出て働いているので、実力や経験を物を言う世界にいるとパズーのようにたくましく成長するのでしょうね。

 

シータ

引用 Twitter

 

ヒロイン・シータ 13歳くらい

シータもパズーと同じく13歳くらいと言われています。かつて、天帝としてラピュタに君臨した王族の宗家たるトエル家の末裔で、継承名は「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ」という名前です。慣れない海賊船の台所でも調理をこなすほど料理が得意です。また、心優しい性格ながら、いざという時は、ムスカを背後からワインの瓶で殴って脱出しようとしたり、ドーラの飛行船でパズーと一緒に空の見張りをドーラの制止を振り切ってしまうなど、行動力と潔さも持っています。

 

13歳というと、「魔女の宅急便」のキキも13歳になり独り立ちするために家を出ます。キキとシータ、同じ監督だからなのか、どことなく似ているような気もします。13歳という大人でも少女でもない微妙な時期に、自分を求めて成長しようとする姿は誰しも応援したくなりますよね。

 

ムスカ

引用 Twitter

 

ムスカ大佐 28歳

政府から派遣された特務機関の諜報員で、目的のためなら手段を選ばない極悪非道な性格です。ムスカは絵に描いたような悪役にもかかわらず、その魅力にハマるファンが続出しており、ムスカの言葉がよくネット上でピックアップされています。

 

「見ろ、人がゴミのようだ」

という言葉、色々な場面でアレンジされて使われているのをよく耳にしますね。

 

それよりも、ムスカ28歳とは本当でしょうか、、、正直なところ信じがたい見た目です。年齢の割におでこの広さがあるような気もしますが。

推察するに、28歳という若さで「大佐」という地位にまで上り詰めた実力者ですので、並々ならむ覚悟や努力や野心があったのだろうと思います。周りの部下よりも年齢が下だと思うので、なめられないようにするためにも、年齢よりも老けて見える方がムスカにとっては好都合になっているのかもしれませんね。

 

ドーラ

引用 Twitter

 

ドーラ 50代

空中海賊「ドーラ一家」の女首領で、飛行船タイガーモス号の船長です。「ダテに女を50年やってるんじゃないよ」というセリフがあるので、50歳代だと思われます。三人の息子たちも空賊で、ドーラには全く頭が上がりません。頭脳明晰、食欲旺盛、健脚の持ち主、それに豪胆で胆の座った性格なので、ジブリキャラの中でも個性的で人気の高い存在です。

 

そんなドーラが、50代というのも見た目からしてもっと年齢が上でもいいような気がしますが、、、。この時代の平均寿命が何歳なのかは不明ですが、今の日本ほど長寿ではないでしょうから、70代くらいで天寿を全うする人が多いのではないかと考えると、ドーラの見た目も少し納得ですね。

 

ドーラのモデルは、実は宮崎駿監督のお母さんになっているそうです。こんな男勝りでたくましいお母さんが宮崎駿監督のお母さんとは、意外ですね。

 

ちなみに、ドーラの若いころの肖像画がシータそっくりとのことで、ここが映画の中で一番の驚きのポイントでしたね。10代後半~20代くらいでしょうか、とても同一人物とは思えませんね。この美貌で、きっと多くの男性を虜にしていたのでしょうね。女性が活躍する物語が好きそうな宮崎監督なので、この頃の若き日のドーラを描いた物語を見てみたくなります。

引用 Twitter

 

ポムじいさん

引用 Twitter

 

ポムじいさん 70歳くらい

廃坑内を一人で放浪している風変わりな老人です。パズーからは「ポムじいさん」と呼ばれていて、以前から面識があります。飛行石について知っていたり、ラピュタの存在も知っているので、もしかしたらラピュタの労働者階級の末裔ではないかという都市伝説もあります。

 

登場するシーンは短いものの、謎が多い人物なので、言動が注目されます。何かポムじいさんしか知らないラピュタの謎を知っているのかもしれませんよね。今では、生き字引的な存在になっているポムじいさん、経験してきたことを語ってもらいたいものですね。

 

ポムじいさんの言葉で人気があるのは、パズーとシータに出会ったときに、

「パズーによく似た小鬼だ。おまけに女の子の小鬼もおるわい」というセリフです。

 

ポムじいさん独特の表現「小鬼」(こおに)が、さらにポムじいさんの個性的キャラを際立たせています。小鬼、子鬼というのが、海外では「ドワーフ」などの妖精を意味することもあるので、洞窟の中で出会ったドワーフという意味からこのような表現になっているのではという説もあるようです。

「天空の城ラピュタ」の声優陣はどんな人たち?

映画「天空の城ラピュタ」の声優陣についてもまとめてみました。

 

  • パズー 田中真弓
  • シータ 横沢啓子
  • ドーラ 初井言榮
  • ムスカ 寺田農
  • ポムじいさん 常田富土男
  • シャルル 神山卓三
  • ルイ 安原義人
  • アンリ 亀山助清
  • ハラ・モトロ 槐柳二
  • 親方 糸博
  • おかみさん 鷲尾真知子
  • マッジ TARAKO
  • モウロ将軍 永井一郎

 

この中でも有名な声優さんをピックアップすると、

 

まずは何と言ってもこの方、パズー役の田中真弓さん

パズーの他にもワンピース(ルフィー)、ドラゴンボール(クリリン)、忍たま乱太郎(きり丸)など数多くの声を演じられています。田中さんの声はすぐに想像できるほど有名な声優さんですよね。活発な男の子役がぴったりな印象です。最近では、NHKの朝ドラにも出演され、ネット上では大きな話題になりました。声優さんご本人がテレビに出演されるのは貴重な機会ですよね。


続いては、シータ役の横沢啓子さん

シータの他には、ドラえもん(ドラミちゃん)、にこにこぷん(ぴっころ)、エスパー魔美(佐倉魔美)などの声も演じられていました。清楚で可愛らしい女性の役がぴったりな印象です。ドラミちゃんは現在はタレントの千秋さんが引き継いで担当されていますね。横沢さんは、「キャラクターのイメージを壊す」という理由で顔出し出演をあまりしたことがないので、素顔はわかりません。

 

 

続いて、ムスカ大佐役の寺田農さん(てらだみのり)

寺田さんは、本業は俳優業で、俳優としての出演作品がほとんどです。渋い存在感を活かし、大河ドラマ、時代劇、朝ドラ、土曜ワイド劇場、火曜サスペンス劇場など多数あります。寺田さんの元付き人には椎名桔平さんがいました。

 

Twitter上には、最近のテレビ出演時の寺田さんの姿がありました。本当に、もう見た目がムスカ大佐になりつつありますね。ムスカがあのまま年を重ねていったら、きっと現在の寺田さんのような見た目になっているのかもしれませんね。

 

 

最後は、ドーラ役の初井言榮さん

初井さんも、女優としての出演作がほとんどで、クセのある姑・祖母役で出演して「姑役女優」として広い世代に知名度を高めていました。声優では、映画「ティファニーで朝食を」などにも出演されています。1990年9月21日に61歳という若さで逝去されています。

ドーラを演じられたときは50代だったので、ちょうど年齢的にも同世代だったのですね。ドーラの歯切れのよい台詞回しは長年女優で培ってきた経験が見事に体現されていた適役だと思います。最近のジブリ映画で、老婆の役と言えば、夏木マリさんのイメージでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

スタジオジブリ映画「天空の城ラピュタ」の登場人物の年齢や、声優さんたちについて調べてきました。

 

ジブリ映画の中でも親子2世代、3世代に渡って人気がある映画の一つなので、登場人物達の年齢が分かると、自分自身が年を重ねていけばいくほど、登場人物達に近い目線で何年たっても面白みを見付けて観ることができるでしょう。少年少女の頃から、老婆になるまで。

 

ぜひご家族皆さんでお楽しみください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク



-映画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.