漫画

彼女お借りします122話ネタバレ考察感想あらすじ!言ってしまった八重森!押して押して押しまくる!

更新日:

 

2020年1月8日発売の週刊少年マガジン2020年6号 で、『彼女、お借りします』122話が掲載されました。

 

彼女、お借りします122話では、我慢できずに、和也の気持ちを言ってしまった八重森。

 

素っ気ない水原の反応に、八重森は畳みかけます。

 

本記事では、彼女、お借りします122話「彼女と204②」のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 次話 >>

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

彼女、お借りします122話のあらすじネタバレ

師匠は水原さんが好きだ、と言ってしまった八重森。

 

水原は驚きますが、人としては好かれているのかも、とかわします。

 

八重森は大きな声で、違う、女として好きなんだと言い切ります。

 

言葉が出ない水原。

 

少し考え、それはないと言います。

 

一度、和也に聞いたことがあると話し、はっきり好きじゃないと言っていた、と言います。

 

八重森は驚きますが、その時と状況が違うと迫ります。

 

第一、面と向かって好きなんて、言えるはずがないと言います。

 

しかし水原は、だとしても、あくまで協定関係で、今はその延長だと反論します。

 

レンタル彼女に、本気になるほど、馬鹿じゃないと言います。

 

八重森は声を震わせ、本気で思うのかと聞きます。

 

え?と聞き返す水原。

 

本当に全部が割り切れると思っているのか、とすごい気迫の八重森。

 

お金払ってデートして、またね、で終わり、本当にそれで全員が納得しているかと聞きます。

 

本当の彼氏になりたい人が、一人もいないと思っているか、と更に大きな声になる八重森。

 

人間はそんな簡単なもんじゃない、たった数時間でも、水原さんみたいな美人にデートしてもらったら、とヒートアップします。

 

この子が本当の彼女だったらいいのにと思ってしまう、それが人間だ、と熱弁します。

 

それは決して馬鹿なことじゃない、お客さんの中に、水原さんを一生幸せにする人がいるかもしれない、という八重森。

 

八重森の話が、グッと来たようだが、口を固く閉じる水原。

 

冷静に、なにを言っているのと言い、だからこそ利用規約があると説明します。

 

ハッとする八重森。

 

それに本人不在で馬鹿馬鹿しいと言い、私は彼の口から聞いているから不毛だ、と言い放ちます。

 

それよりやることやっちゃおう、時は金なりでしょ?と言い、水原はトイレに行きます。

 

いつもの表情に戻った水原を見て、悔しそうな八重森。

 

 

やることも終わり、帰ろうとする八重森。

 

また何かあったら言って、と水原は見送ります。

 

返礼品ごとにプランを設定して、写真をあげとくと八重森は言います。

 

ありがとう、と水原はお礼を言います。

 

八重森は少し間を開け、きっと師匠はそんなことないって言うはずだ、と話し始めます。

 

あくまで女優としての水原さんに憧れ、おばあさんの為だって言っても、人間それだけじゃ、ここまで動けないという八重森。

 

借り物から始まる恋もあるはずだ、と言います。

 

水原が呆れた顔をしていると、パシャと写真を撮る音がします。

 

乙女の表情頂きました、と満面の笑みの八重森。

 

釣られて笑顔になる水原。

 

肖像権侵害だー!と走って帰る八重森を、ちょっと、と水原は呆れながら見ています。

 

 

ちょうどそこに帰ってきた和也。

 

顔を赤くし、水原がいることに驚きます。

 

このタイミングで、と水原も驚きます。

 

和也は、清水さんにお願いをしに行った報告をすると、水原は素っ気なく返事をし、部屋に入ってしまいます。

 

あまりの素っ気ない態度に、ショックを受け、青ざめる和也。

 

部屋に入った水原は、ポケットから、指輪のケースを出します。

 

先ほどの八重森の言葉を思い出し、そのまま座り込む水原。

 

あーもう、とケースを頭に押し当てます。

 

水原に素っ気ない反応をされた和也は、部屋に戻り、自分が何かしたのかと暴れます。

 

 

八重森の押しが、水原に響いたのか⁉

 

クラファンの活動と、水原の心境の変化に注目です。

 

スポンサードリンク

彼女、お借りします122話の感想と考察

八重森が言ってしまい、どんな反応をするのかと気になりました。

 

水原はさらっとかわしますが、やはり八重森の熱弁が響いていると信じたいです。

 

もっと素直になれたら、楽なんでしょうが、自分の夢や立場などで、そんなわけにはいかないと、気持ちに蓋をしているようですね。

 

八重森の言うことはすごくわかります。

 

確かにこんな可愛いレンカノとデートしてしまったら、本気で好きになっちゃいますよね。

 

もちろんちゃんと、そういうものだと割り切って、利用している人もいると思いますが、全員がそうじゃないですよね。

 

リピートしてくれる人もいるようなので、やはりそういう人は、水原が好きで何回も利用しているものだと思います。

 

そして、そこで出会う可能性だってあるわけですよね。

 

確かに、仕事として働いているので、お客さんのことを、そんな風には見れないかもしれません。

 

でも和也は、学校も同じで、プライベートでも関わりがあるので、好きになってもおかしくはないですよね。

 

いつか水原が、素直になれる日がくるといいなと思います。

 

次回についての話は、ほとんど触れていませんでしたが、返礼品をアップして、クラファンの活動に動きがあればなと思います。

 

<< 前話 次話 >>

 

掲載漫画ネタバレ一覧

  • 鬼滅の刃
  • 僕のヒーローアカデミア
  • アクタージュ
  • 五等分の花嫁
  • ネクロマンス
  • キングダム
  • 新サクラ大戦 the Comic
  • アルマ
  • 1日外出録ハンチョウ
  • 神さまの恋人
  • 首を斬らねば分かるまい

その他のあらすじネタバレはこちらからご覧ください↓↓↓

 

 



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.