テレビ

M1(2019)決勝の順番や順位結果は?点数も!敗者復活や審査員、放送日時も紹介!

更新日:

 

今年もM1グランプリの季節になりましたね。

 

今年は、令和になって最初のM1なので、令和初M1チャンピオンは一体どのコンビになるのでしょうか!

 

M1グランプリ2019の決勝進出コンビや審査員、放送日時についてまとめました。

 

また、敗者復活コンビやM1決勝の順番、点数や順位、優勝者がいったい誰なのか、結果についてもまとめていこうと思います!

スポンサードリンク

M1グランプリ2019の放送日時は?

M1グランプリ2019の放送日時は、2019年12月22日(日)午後6時34分~、ABCテレビ、テレビ朝日系全国ネットで生放送されます。

 

敗者復活戦は同日の午後1時55分~生放送されます。

 

生放送なので、その場の緊張感がテレビから伝わってきますよね。

 

司会者や出演者、審査員がどんな発言をするのか、生放送なのでそのまま発信されるところが、見どころのひとつともいえます。

 

M1グランプリ2019の決勝進出コンビは?

M1グランプリ2019の決勝進出コンビは、9組+敗者復活戦から勝ちあがった1組の計10組です。

 

12月4日に行われた準決勝を見事に勝ち上がった9組は次の通りです。

 

からし蓮根

引用:M1グランプリHP

 

からし蓮根は、2013年4月結成、熊本県出身の伊織(いおり)と杉本青空(すぎもとあおぞら)からなる吉本興業所属のコンビです。

 

<過去のM1出場結果>

2015年 準々決勝敗退

2016年 準々決勝敗退

2017年 準決勝敗退

2018年 準決勝敗退

 

 

インディアンス

引用:M1グランプリHP

 

インディアンスは、2010年10月結成、兵庫県出身の田渕(たぶち)と大阪府出身の きむ からなる吉本興業所属のコンビです。

 

<過去のM1出場結果>

2015年 3回戦敗退

2016年 準決勝敗退

2017年 準々決勝敗退

2018年 準決勝敗退

 

 

すゑひろがりず

引用:M1グランプリHP

 

すゑひろがりずは、2011年結成、大阪府出身の南條庄助(なんじょうしょうすけ)と三島達矢(みしまたつや)からなる吉本興業所属のコンビです。

 

<過去のM1出場結果>

2016年 準々決勝敗退

2017年 3回戦敗退

2018年 準々決勝敗退

 

 

ミルクボーイ

引用:M1グランプリHP

 

ミルクボーイは、2007年7月結成、兵庫県出身の内海崇(うつみたかし)と大阪府出身の駒場孝(こまばたかし)からなる吉本興業所属のコンビです。

 

<過去のM1出場結果>

2015年 3回戦敗退

2016年 準々決勝敗退

2017年 準々決勝敗退

2018年 準々決勝敗退

 

 

見取り図

引用:M1グランプリHP

 

見取り図は、2007年5月結成、兵庫県出身の盛山晋太郎(もりやましんたろう)と岡山県出身のリリーからなる吉本興業所属のコンビです。

 

<過去のM1出場結果>

2015年 準々決勝敗退

2016年 準々決勝敗退

2017年 準決勝敗退

2018年 決勝戦敗退

 

ぺこぱ

引用:M1グランプリHP

 

ぺこぱは、2008年4月結成、山口県出身の松陰寺太勇(しょういんじたいゆう)と神奈川県出身のシュウペイからなるサンミュージック所属のコンビです。

 

<過去のM1出場結果>

2015年 2回戦敗退

2016年 3回戦敗退

2017年 2回戦敗退

2018年 準々決勝敗退

 

 

かまいたち

引用:M1グランプリHP

 

かまいたちは、2004年5月結成、島根県出身の山内健司(やまうちけんじ)と大阪府出身の濱家隆一(はまいえりゅういち)からなる吉本興業所属のコンビです。

 

<過去のM1出場結果>

2015年 準決勝敗退

2016年 準決勝敗退

2017年 決勝戦敗退

2018年 決勝戦敗退

 

ニューヨーク

引用:M1グランプリHP

 

ニューヨークは、2010年1月結成、山梨県出身の嶋佐和也(しまさかずや)と三重県出身の屋敷裕政(やしきひろまさ)からなる吉本興業所属のコンビです。

 

<過去のM1出場結果>

2015年 準々決勝敗退

2016年 準決勝敗退

2017年 準決勝敗退

2018年 準々決勝敗退

 

 

オズワルド

引用:M1グランプリHP

 

オズワルドは、2014年11月結成、北海道出身の畠中悠(はたなかゆう)と千葉県出身の伊藤俊介(いとうしゅんすけ)からなる吉本興業所属のコンビです。

 

<過去のM1出場結果>

2015年 3回戦敗退

2016年 1回線敗退

2017年 3回戦敗退

2018年 3回戦敗退

 

 

 

なんと、2017年、2018年と2年連続準優勝の「和牛」が、今年こそは優勝かと思っていたのですが、敗退してしまいました。

 

M1グランプリって毎回予想できなくて、何があるか分かりませんね。

 

スポンサードリンク

M1グランプリ2019の審査員は?

M1グランプリ2019の審査員も発表されました。

 

オール巨人

上沼恵美子

サンドウィッチマン・富澤たけし

立川志らく

ナイツ・塙宣之

中川家・礼二

松本人志

 

昨年、審査員についても色々ありましたが、今年も昨年と同じメンバーでの審査員になりましたね。

 

昨年と同じメンバーの審査員にある意味、ほっとしたというか、やっぱりこれだけのすごい人たちじゃないとM1の審査員はできないと思います。

 

ちなみに、M1グランプリ2019の司会は昨年同様、今田耕司、上戸彩の名コンビが見られます。

 

 

私としては、審査員も司会者も昨年と同じメンバーで良かったなと思っています。

 

同じメンバーだからこそ安定感、安心感があると、決勝進出コンビのことを集中して見ることができるからです。

 

10組のコンビのネタを見て、どのコンビが一番面白かったかを視聴者として判断するためには、主役の10組以外のメンバーはある程度、同じ人の方がいいですね。

 

 

M1グランプリ2019の敗者復活コンビは?

敗者復活は、番組内で発表されました。

 

16組が順々に発表されていく中で、残りアインシュタイン、ミキ、和牛、四千頭身の4組となったとき、いったい誰になるのかと、息をのむ状況になりました。

 

そこで、番組MCの今田耕司さんにより、敗者復活が投票数2位のミキに大差をつけて「和牛」ということが発表されました。

 

M1グランプリ2019のネタ順は?

M1グランプリ2019の決勝の舞台での順番は、順位に影響がでるのでかなり重要です。

 

公平を期すために、笑神籤(えみくじ)というくじをひいて、順番を決める方法を昨年同様、今年もするようです。

 

やはりトップバッターのコンビは会場自体もまだ暖まっていないので、やりづらいですし、トップバッターのコンビネタのおもしろさが基準となってしまうので、なかなか上位3組に残れないということもあります。

 

今年は一体どんな順番になるのか、気になります。

 

 

敗者復活戦

敗者復活戦のネタ順はこちらです。

 

1.カミナリ

2.囲碁将棋

3.天竺鼠

4.和牛

5.ラランド

6.マヂカルラブリー

7.ミキ

8.くらげ

9.四千頭身

10.東京ホテイソン

11.錦鯉

12.セルライトスパ

13.ダイタク

14.ロングコートダディ

15.アインシュタイン

16.トム・ブラウン

 

決勝 ~ファーストラウンド~

1.ニューヨーク

2.かまいたち

3.和牛(敗者復活)

4.すゑひろがりず

5.からし蓮根

6.見取り図

7.ミルクボーイ

8.オズワルド

9.インディアンス

10.ぺこぱ

 

決勝 ~ファイナルラウンド~

1.ぺこぱ

2.かまいたち

3.ミルクボーイ

 

M1グランプリ2019の結果は?順位と点数も!

決勝 ~ファーストラウンド~

10位:ニューヨーク

オール巨人 87
ナイツ・塙 91
立川志らく 90
サンド・冨澤 88
中川家・礼二 88
松本人志 82
上沼恵美子 90
合計 616

 

9位:インディアンス

オール巨人 92
ナイツ・塙 89
立川志らく 87
サンド・冨澤 90
中川家・礼二 92
松本人志 88
上沼恵美子 94
合計 632

 

8位:すゑひろがりず

オール巨人 92
ナイツ・塙 91
立川志らく 92
サンド・冨澤 90
中川家・礼二 91
松本人志 89
上沼恵美子 92
合計 637

 

7位:オズワルド

オール巨人 91
ナイツ・塙 89
立川志らく 89
サンド・冨澤 91
中川家・礼二 94
松本人志 90
上沼恵美子 94
合計 638

 

6位:からし蓮根

オール巨人 93
ナイツ・塙 90
立川志らく 89
サンド・冨澤 90
中川家・礼二 93
松本人志 90
上沼恵美子 94
合計 639

 

5位:見取り図

オール巨人 94
ナイツ・塙 92
立川志らく 94
サンド・冨澤 91
中川家・礼二 93
松本人志 91
上沼恵美子 94
合計 649

 

4位:和牛

オール巨人 92
ナイツ・塙 96
立川志らく 96
サンド・冨澤 91
中川家・礼二 93
松本人志 92
上沼恵美子 92
合計 652

 

3位:ぺこぱ

オール巨人 93
ナイツ・塙 94
立川志らく 91
サンド・冨澤 94
中川家・礼二 92
松本人志 94
上沼恵美子 96
合計 654

 

2位:かまいたち

オール巨人 93
ナイツ・塙 95
立川志らく 95
サンド・冨澤 93
中川家・礼二 94
松本人志 95
上沼恵美子 95
合計 660

 

1位:ミルクボーイ

オール巨人 97
ナイツ・塙 99
立川志らく 97
サンド・冨澤 97
中川家・礼二 96
松本人志 97
上沼恵美子 98
合計 681

 

決勝 ~ファイナルラウンド~

ファイナルラウンドの審査は、点数ではなく、投票数が多い順です。

3位:ぺこぱ

準優勝:かまいたち(1票)

優勝:ミルクボーイ(6票)

 

見事、結成13年目の苦労人・ミルクボーイが2019円M-1チャンピオンに輝きました!!

 

 



-テレビ
-

Copyright© SO YEAR , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.