漫画

東京卍リベンジャーズ137話ネタバレ考察感想あらすじ!タケミチ達が考えたイザナの真の目的とは?

更新日:

 

2019年12月4日発売の週刊少年マガジン2020年1号『東京卍リベンジャーズ』137話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』137話は、前回エマが言ったイザナが兄だったという話ですが、実はマイキーに何度も話していたというやり取りから始まります。

 

そしてその話を聞いていたタケミチはエマからイザナの情報を得ようとしますが、エマ自身が幼い時に別れてしまったのでわかりませんでした。

 

しかし、エマが見つけ出したある物から、イザナについてや彼の真の目的が判明しようとします。

 

一体、その物とは何か?

 

その物からわかるイザナ真の目的とは?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ137話『Run out of patience』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 次話 >>

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

東京卍リベンジャーズ137話のあらすじネタバレ

エマとイザナが別れる時の事。

 

施設に行くことをエマに告げるイザナ。

 

別れる際、イザナはエマにこう告げます。

 

「そのうち 必ず迎えに行く」

 

エマの実の兄がイザナであるという事を何度もマイキーに話していることを言うエマ。

 

なぜなら、イザナはマイキーの異母兄弟であるからでした。

 

そして、エマの旧姓が黒川だったという事も話します。

 

何度も話してもらったにも関わらずエマの話を覚えていないマイキー。

 

その様子に対して冷たい視線を送るドラケン。

 

タケミチはその様子を見て驚いています。

 

話を聞いていないかったマイキーを叱るエマ。

 

エマの様子を察し、マイキーはあからさまな嘘で返答します。

 

マイキーの返答にあきれるドラケン。

 

この様子を見ていたタケミチがエマに話しかけます。

 

「”イザナ“についてなんか覚えている事ある?」

 

その質問に対して、イザナと一緒にいた期間が3歳までととても短かったので覚えてないエマ。

 

その解答にがっかりするタケミチ。

 

しかし、何かを思い出したエマはこう返答します。

 

「真兄と仲良かったみたいだよ」

 

エマの返答に疑問を持った3人。

 

そして、いきなり部屋を出るエマ。

 

戻って来たエマは1つの缶箱を持ってきました。

 

これの缶箱は、真一郎の遺品整理をしていた時にエマが見つけたものでした。

 

缶箱を開けて出てきたのは手紙の束。

 

束の1つを取ったタケミチは手紙に書かれたイザナの名前に目が留まります。

 

エマ本人は読んではいませんでしたが、このことから真一郎とイザナは仲がいいと思っていたようです。

 

しかし、手紙の量に恐怖を覚えるドラケン。

 

時間がたち、手紙を読み続ける3人。

 

タケミチが読んでいてわかったのは、その日あったことが書かれていたというものでした。

 

真一郎との最初の手紙を見つけたドラケン。

 

その手紙は、真一郎が施設に来てくれたことへの感謝と家族の存在をうらやましく思うイザナの想いが書かれているものでいた。

 

その内容から真一郎がイザナを探して彼のもとを訪れたのだと判断したタケミチ。

 

別の手紙を見て何かを察したマイキー。

 

その手紙を見終えたマイキーは急に外に出て行ってしまいます。

 

マイキーの行動を不思議がるタケミチに対して彼が読んでいた手紙を読み始めるドラケン。

 

そこに書かれていたのは、マイキーの話で苦しむイザナの想いが書かれていました。

 

手紙を読んで真一郎の想いを踏まえマイキーをイザナはどう思っていたのか考えるタケミチ。

 

一方、ドラケンはマイキーに対して憎しみを抱いていたと推測します。

 

そして、9代目との抗争の際に当時の黒龍の総長である班目が言った言葉を思い出します。

 

「八代目の意志を継ぎぃ佐野万次郎‼そして東京卍會は黒龍が潰す‼」

 

この言葉から、イザナが9代目を使ってマイキーを倒そうとしたのではないかと推測したドラケン。

 

そして、このことがマイキーへの復讐だとすると、今回は天竺を創ってマイキーを潰そうとしているのではないかとタケミチ考えました。

スポンサードリンク

東京卍リベンジャーズ137話の感想と考察

前回の最後の発言もそうでしたが、やはりエマの実の兄がイザナというのには驚きです。

 

また、最初に描かれた回想シーンでなぜ番外編の際にイザナが登場しなかったのか理解できました。

 

次に驚いたのはイザナが書いた手紙です。

 

手紙の枚数にも驚きましたが、それ以上に驚いたのは一枚一枚に書かれた字のボリュームです。

 

ドラケンがドン引きしていますが、枚数と手紙一枚一枚の文字数に対してだったのではないかと思います。

 

手紙の内容を踏まえて感じた東京卍會と9代目黒龍との抗争に関してや天竺との抗争は、マイキーへの憎しみから生まれたものではないかというドラケンやタケミチの考え方に納得がいきました。

 

しかし、そうだとすると気になるのが、タイムリープ前のイザナの「俺のマイキー」というセリフです。

 

異母兄弟なので兄弟という意味ではありえそうですが、手紙の内容を踏まえるとこのセリフが出てこないと思いました。

 

今後その言葉を発するきっかけになる出来事が間違いなくあると思うのでそこに注目したいと思います。

 

次回の予想ですが、今回マイキーがバブに乗っていたシーンがありましたが、その間にイザナのことを考えていたのだと思いますが、次回はマイキーがその間に今後どうするかを考えているというシーンから始まると思います。

 

その流れから東京卍會の集会を開催して天竺と戦うのかどうか決める回になると思います。

 

<< 前話 次話 >>

 

掲載漫画ネタバレ一覧

  • 鬼滅の刃
  • 僕のヒーローアカデミア
  • アクタージュ
  • 五等分の花嫁
  • ネクロマンス
  • キングダム
  • 新サクラ大戦 the Comic
  • アルマ
  • 1日外出録ハンチョウ
  • 神さまの恋人
  • 首を斬らねば分かるまい

その他のあらすじネタバレはこちらからご覧ください↓↓↓

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.