漫画

死神サイ殺ゲーム1話ネタバレ考察感想あらすじ!命を懸けた賭博ゲームの開始!

更新日:

 

2019年12月4日発売の週刊少年マガジン2020年1号で、『死神サイ殺ゲーム』1話が掲載されました。

 

死神サイ殺ゲーム1話は、妹と父親が事故で重傷を負ってしまうと言う事態に見舞われた主人公である神沢正心が死神であるバッチと出会う事で、己の命を懸けた賭博ゲームを繰り広げる物語となっています。

 

この作品は週刊ヤングマガジンで連載されている『首を斬らねば分かるまい』の原作者である門馬司さん、マンガボックスで連載されている『屍領域』の作者である大前貴史によって描かれた漫画なのです。

 

運命を切り開くために己や大切な者の命を懸けて、サイコロを振って願いを叶えなくてはならない賭博が始まります。

 

本記事では、死神サイ殺ゲーム1話『恐怖の死神と妹のサイコロ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 次話 >>

 

 

スポンサードリンク

死神サイ殺ゲーム1話のあらすじネタバレ

車の中で主人公の神沢正心は、妹の萌香とクイズをしていましたが彼は全問正解していました。

 

しかし、父親からテストの点数が酷かったが勉強の方は大丈夫なのかと、進学校に通わせているんだから気合を入れろと言われてしまうのです。

 

正心は小学校では学力は良かったのですが、今の高校の海北高校では余り成績が良くありません。

 

志望校は決めているのかと父親から言われる正心ですが、萌香が彼の代わりに東大に入ってクイズ研究科に入ると言うのでした。

 

正心は幼い頃から色々な事に答えを求め続けてきて、謎を全て解いて答えを知りたいという欲求を抱き続きました。

 

そして萌香の胸を見て、女子高生の平均の胸の大きさを調べようとしますが萌香に止められたのです。

 

そしたら今度は父親が調子を悪くしたので、正心はガムを噛んだり休憩を取れば長い間運転して起こる緊張型頭痛が緩和されると言います。

 

そんな父親の様子を見ていた萌香が何かに気付いて、鬼気迫る表情で車を止めるように言うのです。

 

その父親は干からびた状態になって運転が出来なくなってしまい、正心は萌香にしがみ付くように言います。

 

その結果、車は分岐点に激突し、萌香は外に放りだされてしまったのでした。

 

病院に搬送された父親と萌香は意識不明の重体に陥っており、正心は比較的無事でありました。

 

しかも医者から助かる見込みがないと言われ、病院に駆け付けた叔母と共に落ち込んでしまうのでした。

 

家へと戻ってきた正心は開いていた萌香の部屋へと入り、家族の写真が載ってある写真立てを見つけます。

 

そして母親が亡くなった事、2年前に萌香が突然グレたが中3の終わり頃に戻った事を思い出して涙を流す正心。

 

そしたら自分が誕生日にあげた宝箱に目が行き、開けてみると1年前の日付が書かれており、包帯でぐるぐる巻きにされた箱を見つけると無性に開けたくなり、開けてしまうのです。

 

それにより死神バッチが出てきて、正心に自分の契約者になったと言います。

 

明らかに動揺している正心にバッチはお前の願いを叶えようと言い始めたのです。

 

そして4、5、6のサイコロの目が出れば正心が選んだ萌香か父親が助かり、2と3が出れば選んだ者が命を落とし、1が出れば正心は選んだ者と共に命を落とすと説明するバッチ。

 

そしたら正心は妹を助けると言ってサイコロを振ろうとし、バッチはこういう自分に酔っている奴が振ったら必ず裏目に出ると思っていました。

 

そして正心はサイコロを振ると、危うく1になりそうになりますが家族の写真立てに当たって4になったのでした。

 

この事によって萌香の意識が戻ります。

 

バッチは父親と迷わなかったのかと質問すると、正心は萌香がバッチを封印したのだと察しており、一体どんな方法で封印したのか、封印の際に何を使ったのかが知りたくて萌香を選んだと言ったのです。

 

バッチは正心のただ疑問に思った事を知りたいと言う常軌を逸した答えに驚きを隠せず、正心は萌香に直接聞こうと病院へと向かいます。

 

その頃、他の契約者達も動き出すのでした。

スポンサードリンク

死神サイ殺ゲーム1話の感想と考察

今回の話で萌香が如何に家族思いなのが分かりましたね。

 

彼女は何処に行くのかと聞く正心に世の中には知らなくていい事があると言ったので、恐らくまさに賭博の真っ最中だと思われ、家族を巻き込みたくないからそんな言葉を発したのでしょうね。

 

元通りの生活になった時には全てが終わったのだと思いますので、父親に異変が起こった際にまた始まったのかと感じたから切羽詰まった表情をしたのだと思います。

 

これから正心は萌香から詳しい話を聞くことになると思いますが、どんな話が語られる事になるのか、正心ではありませんが是非とも知りたいところです。

 

次回は萌香がいる病院へと行って事情を聞くのではないかと思われます。

 

バッチのサイコロが封印したのは間違いなく萌香なので、彼女が一番バッチの事を知っていると思ったので正心は彼女の元に向かったのです。

 

日付から彼女がグレた年頃の際に、バッチと出会っていたのでその際に今回の正心のように命を懸けた賭博を何度もしていたのではないかと思われます。

 

やがて全ての戦いを終えたので萌香はバッチを何らかの形で封印し、宝箱の中に入れると元通りの生活を取り戻したのでしょう。

 

この事からその頃の話を萌香は正心相手に語ると思われます。

 

<< 前話 次話 >>

 

掲載漫画ネタバレ一覧

  • 鬼滅の刃
  • 僕のヒーローアカデミア
  • アクタージュ
  • 五等分の花嫁
  • ネクロマンス
  • キングダム
  • 新サクラ大戦 the Comic
  • アルマ
  • 1日外出録ハンチョウ
  • 神さまの恋人
  • 首を斬らねば分かるまい

その他のあらすじネタバレはこちらからご覧ください↓↓↓

 

 
 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.