漫画

ヒットマン72話ネタバレ考察感想あらすじ!勢いに乗る者とそうでない者

更新日:

 

2019年12月4日発売の週刊少年マガジン2020年1号で、『ヒットマン』72話が掲載されました。

 

ヒットマン72話は、龍之介はようやく聞く耳を持つようになった春日と怒号飛び交う打ち合わせをします。

 

一方、島風の連載は3週連続で1位をキープし、軌道に乗り始めたと思われた天谷の連載は最終回を迎えてしまうのです。

 

連載を続けさせてあげられなかった龍之介は悔しさを滲ませながら彼女が帰るのを見送り、気丈に振舞っていた天谷はやって来た夏目の胸に飛び込んで泣きじゃくります。

 

その一方で、島風と翼が執筆している連載漫画が2本同時にアニメ化が決まったのでした。

 

本記事では、ヒットマン72話『それぞれの道』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 次話 >>

 

スポンサードリンク

ヒットマン72話のあらすじネタバレ

龍之介はこの日、聞く耳を持つようになった春日と漫画の打ち合わせをしていましたが、明らかに打ち合わせをしているとは思えないくらい怒号が飛び交っていました。

 

編集部の者達にとっては週に一度の恒例行事となっており、打ち合わせをしてから春日のアンケート順位はどんどん上がっていたのです。

 

編集部の者達は春日は生意気な口は利くが、元々才能が有るのでちゃんと編集者と打ち合わせをすればこうなるだろうと思っており、同時に編集者嫌いの春日の心を開いた龍之介の事を評価します。

 

そして龍之介は敷島と共に島風の元にやって来ると、アンケート順位が1位なのを伝えると、彼女は素直に喜んだのです。

 

しかも最新刊やこれまでの漫画の売り上げもいいので、もしかしたらアニメ化の話があるかもしれないという島風。

 

龍之介は今のところそんな話はないが、この調子ならあるかもしれないと言い、島風も楽しみにしています。

 

それは龍之介と敷島も同じで、島風ももっと頑張ると意気込むのでした。

 

それから龍之介は翼の元へとやって来て、短期集中連載おめでとうと言う事で花束を渡し、Blue Wells(ブルーウェルズ)のメンバーもお祝いがしたいと言っていた事を伝えます。

 

連載漫画の売り上げやアンケート順位も上々で、ショートマンガも人気につられて売れていたのです。

 

翼には慢心は無く、再開するショートマンガは気を引き締めてやろうとしていましたが龍之介に元気がない事に気づきます。

 

龍之介は打ち合わせが多くて疲れただけだと言って、最後に天谷の元へと向かったのです。

 

天谷にアンケート順位6位だと言うと、彼女は喜ぶと共に龍之介に礼を言います。

 

しかし、龍之介は連載お疲れ様と辛そうな顔で言い、力不足でこうなってしまった事を詫びたのです。

 

対して天谷は今回の連載での成績なら無理もないし、持ち玉を使いつくして終わったのだから悔いはないと言って帰ろうとします。

 

龍之介は励ましの言葉をかけるも、天谷は何も言わずにエレベーターに乗ってしまったのです。

 

龍之介は悔しい顔をして読者を喜ばせようとしていた人があんな哀しい顔をしないといけないのかと呟きます。

 

そして外へと出た天谷は偶然夏目と会うと、彼の胸に飛び込んで抑え込んでいた涙を流したのです。

 

一方で龍之介もまだ立ち直れていなかったが、ライツの伊藤が来ていると同僚に言われたので会ってみます。

 

伊藤から島風と翼の漫画がアニメ化された事を伝えられる龍之介。

 

まだ立ち直れていない龍之介の表情を見た伊藤は嬉しくないのかと聞くと、彼は少々元気なさげに嬉しいと口にし、すぐさま2人に伝えるのでした。

 

電話でこの事を知った島風は喜びを爆発させながら夢が叶ったと言います。

 

一方で春日は絶対に面白いと言わせてやると歯ぎしりしながら漫画を描いていたのです。

 

翼もまたアニメ化の話を聞いて喜びを爆発させます。

 

連絡を終えた龍之介は天谷の事を思い出し、やるせない思いを抱えるのでした。

スポンサードリンク

ヒットマン72話の感想と考察

 

編集部の者達が言うように、龍之介と春日の打ち合わせは単なる打ち合わせには思えず、初めて見る人から見たら口喧嘩にしか見えませんね。

 

それでもこれまでの経緯から聞く耳を持っただけマシなのでしょうね。

 

島風と翼の連載がかなり好調なのは良かったのですが、天谷の連載が打ち切りになるのは衝撃的だなと思いましたね。

 

徐々に良くなってきたのでいい調子だなと思っていた矢先の事だったので驚きですね。

 

それ故に今回の話では売れて勢いづく者と展開に悩んだり打ち切りと言う事実に苦しんだりする者に別れた話だなと思いました。

 

きっと龍之介のように多くの作家を抱えている編集者は、色々大変な思いを抱えながら仕事をしているのでしょうね。

 

次回は島風メインの話になって来ると思われます。

 

ここ最近は翼と恋仲になった話や編集者嫌いの春日を如何にかする話が殆どだったので、正直言って彼女の出番は殆どありませんでした。

 

しかし、今回の話でアニメ化が決まったので久しぶりに彼女がメインの話になると思います。

 

最初は大方アニメの関係者との打ち合わせ、島風の連載漫画の登場人物を演じる声優のオーディションの審査員等をしていくことになるのではないでしょうか。

 

漫画を描くのもありますのでかなりハードになると思いますので、仕事の最中に倒れてしまうのではないかと思われます。

 

<< 前話 次話 >>

 

掲載漫画ネタバレ一覧

  • 鬼滅の刃
  • 僕のヒーローアカデミア
  • アクタージュ
  • 五等分の花嫁
  • ネクロマンス
  • キングダム
  • 新サクラ大戦 the Comic
  • アルマ
  • 1日外出録ハンチョウ
  • 神さまの恋人
  • 首を斬らねば分かるまい

その他のあらすじネタバレはこちらからご覧ください↓↓↓

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.