漫画

HERO’Sヒーローズ/漫画8話ネタバレ考察感想あらすじ!ヒーローズの作戦、始動!

投稿日:

 

2019年12月4日発売の週刊少年マガジン2020年1号で、『HERO’S』8話が掲載されました。

 

HERO’S 8話は、ジェネシスを止めるための作戦を立てました。

 

それはさっき彼にやられたナツ、シキ、ハルの3人が戦い、その隙にルーシィ達がオアシス本体へと向かい、破壊するというものでした。

 

作戦通り、ルーシィ達が怪物達と戦い、ナツ達3人はジェネシス相手に戦います。

 

余りの敵の多さからエルザ達に先に行くように言われたルーシィ、エリー、レベッカは進軍すると島の中心に向かい、ジェネシスに刺された老人が現れ、創造神マシュマーと名乗ったのです。

 

彼は島の秘密について語ろうとしますが、果たしてその秘密とは何なのでしょうか。

 

本記事では、HERO’S 8話『Heroine’s(ヒロインズ)』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

▼前回の話をおさらい▼

 

スポンサードリンク

HERO’S 8話のあらすじネタバレ

エルザはナツ、シキ、ハルの3人がジェネシスの気を引き、自分達は島の中央にあるオアシス本体に行って破壊すると作戦を立てます。

 

既にナツ達は先に行っており、エリーはどうして3人に任せたのかと聞いたのです。

 

レベッカは3人でやられたから3人で借りを返すと、ルーシィはナツは負けたとは思ってねぇと言っていたと言います。

 

ナツ達3人は似ているなんて話をしていると、黒い色の怪物達が無数に現れたので全員が迎撃態勢を取るのです。

 

そして向かってくる敵を次々と倒しながらルーシィ達はナツ達3人の身を案じていました。

 

そのナツ達はジェネシスの元に来ており、ジェネシスは何度やっても想像の力の前では無力だと言い放つのです。

 

対して想像の力を超える絆の力でおまえを倒すと言うハル。

 

ジェネシスは今日会ったばかりのお前達がと疑問を口にし、ナツは不思議だが以前からの知り合いみたいに気が合うと言い、シキも自分達は何かで繋がっている気がすると口にします。

 

馬鹿馬鹿しいと吐き捨てたジェネシスは彼らの周囲に爆発を起こさせると、ハルは封印の剣(ルーン・セイプ)を出現させて魔法を斬ったのです。

 

それによって道が出来たのでナツは火竜の剣角、シキは魔械流・重弾をジェネシスに浴びせます。

 

続けて爆・竜連携デュアルエクスプロージョンをジェネシスに浴びせるハル。

 

最初の戦いの時より連携の質が上がっている事に驚愕するジェネシス。

 

しかし、彼は三角の星(サーズ・アステリズム)をナツ達に浴びせると星座崩し(セーマ)を発動させて、巨大な隕石を落としたのです。

 

対してシキは魔械流・重心を発動させて落ちてくる隕石を破壊し、ジェネシスは有り得ないと言って驚愕します。

 

重力の力を見たハルはあることを閃き、ナツに力を貯めるように指示したのです。

 

そしてハルは重力の剣(グラビティ・コア)、シキは重彗星を発動させてジェネシスを閉じ込めます。

 

重力と重力がぶつかることで反重力が起こっており、ジェネシスは身動きが取れずにいるのです。

 

その間に力を貯めていたナツは全魔力を解放し、滅竜奥義「不知火型」紅蓮鳳凰劍を発動させようとしていました。

 

その頃、怪物達と戦っているルーシィ達ですが、余りの敵の多さに苦戦を強いられ、全く先に進めない状態にあったのです。

 

そこでエルザはルーシィに、ホムラはレベッカに先に行くように指示し、2人の意を汲むようにエリーは2人の手を握って自分達のヒーローが戦っているから進もうと言います。

 

レベッカは自分達はヒロインかなと言ってルーシィ、エリーと共に先に進んだのです。

 

やがて島の中心に辿り着いた3人はクリスタルが沢山あり、雪が降っている神秘的な場所を見つけます。

 

本体を探しているとジェネシスに刺された老人が現れ、それはもう見つけていると口にするのです。

 

続けて刺されたときに失われた記憶を思い出したと口にすると、自らを創造神マシュマーと名乗り、オアシスを作った者だと言います。

 

そしてルーシィ達にこの島の真実を語る時が来たと言うのでした。

スポンサードリンク

HERO’S 8話の感想と考察

最初の戦いではジェネシスに圧倒されていたナツ達ですが結構押していた事に驚きましたね。

 

ナツやシキが言っていましたが、何らかの形で繋がっていると言っていましたのでそれがいい感じになっているので追い込んでいるのでしょう。

 

逆に前回は作戦無しかつ相手の能力が分からないから返り討ちに遭った感じがありますね。

 

そして黒い怪物達が多過ぎですね。

 

一応この場にいるグレイ、エルザ、ウェンディ、ホムラ等猛者が多いのに倒しきれないのがそれを物語っている感じがします。

 

でもルーシィ達がエルザ達の援護を受けながら何とか行けたので良かったです。

 

そしてマシュマーが彼女達に一体どんな真実を語る事になるのかが気になりますね。

 

次回はマシュマーが言っていたように、オアシスと言う島の真実について語られる事と思われます。

 

次回のタイトルがイリュージョンとなっているので、この島自体はマシュマーが作り出した幻なのでしょう。

 

イリュージョンの意味は幻と言う意味なので間違いないと思われます。

 

マシュマーは自分を創造神と評していたので島を作るくらい造作もなく、島を作って人を作ったら自分はただの想像の力を操る人として過ごそうと自らの記憶を消していたのでしょう。

 

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.