漫画

五等分の花嫁113話ネタバレ考察感想あらすじ!風太郎が選んだのは誰なのか!?

更新日:

 

2019年12月04日発売の週刊少年マガジン2020年1号 で、『五等分の花嫁』113話が掲載されました。

 

五等分の花嫁113話では、学園祭も無事に終え、約束の時間になり、風太郎は動き始めます。

 

学園祭の間、風太郎が出した答えとは?

 

本記事では、五等分の花嫁113話「最後の祭りが風太郎の場合」のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 次話 >>

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

五等分の花嫁113話のあらすじネタバレ

後夜祭のライブの音が鳴り響く中、少し離れたところの休憩所に座っている、風太郎と武田と前田。

 

前田は、クラスメイトの男子が、学園祭中に恋人ができたという話を聞き、二人に話します。

 

武田は、受験前に色恋に手を出すのは迂闊だと言います。

 

それを聞いた前田は、そうだよな、と少し落ち込んだ様な返事をします。

 

風太郎は、何で落ち込んでいる、と前田に聞くと、前田は慌てて否定します。

 

しかし、また明日から、いつもの日常に戻ることに落ち込むと言う前田。

 

武田も風太郎も、授業が受けられることにワクワクしている、と言います。

 

前田は、二人が異常だから共感できないと叫びます。

 

ただ、とゆっくり口を開く風太郎。

 

学園祭が終わってしまう寂しさがあると言います。

 

武田は楽しめたと言い、風太郎は違うのかと聞きます。

 

風太郎は基本裏方だったため、微妙だと言い、最後の学園祭で何してんだろう、と空を見上げます。

 

そんな風太郎を見て、前田が屋台に行こうと誘います。

 

風太郎も屋台に行きたいと言い、それが終わったら、会う約束をしている奴がいると言います。

 

二人は察し、前田は、授賞式で姉妹たちを見たと風太郎に教えます。

 

一花さんも居たから、五人そろっていたと思うと言います。

 

武田に、あの一瞬で一花さんだとよくわかったねと言われ、動揺する前田。

 

少し言いにくそうに、前から一花さんだけはわかると言い、文句があるかと叫びます。

 

武田と風太郎は、少し笑いながら、なんでかなと話します。

 

武田が風太郎に、当然見分けられるんだろうと聞きます。

 

改めて聞かれ、自信はないができると思う、と言う風太郎。

 

ただでさえ、顔を覚えるのが苦手な風太郎は、最初の頃、かなり戸惑ったと言います。

 

その上、その利点を利用され、何度も騙され、最後まで困った奴らだと言う風太郎。

 

 

 

武田は、ふと気になったと言い、姉妹たちの、誰から見分けられるようになったのかと質問します。

 

その質問に固まり、屋台に行くかと言い出した風太郎。

 

武田は、椅子から立ち上がろうとする風太郎の肩を掴み、笑いながら、今の間は何だと聞きます。

 

よく意味が分かっていない前田と、風太郎にどういうことかと聞く武田。

 

風太郎は、どうもないと言いながら、顔色が悪くなります。

 

その様子をじっと見つめる前田。

 

僕らの仲じゃないかと迫る武田と、黙秘だと逃げようとする風太郎。

 

ずっと二人のやり取りを見続けていた前田は、風太郎に、五つ子の誰かが好きなのかと核心を突きます。

 

顔に汗が流れる風太郎。

 

武田は、その可能性があると思ったが、一旦落ち着こうと言います。

 

彼らの友情は認めざるを得ないが、あくまで家庭教師の延長線上だと言い、受験前にそんな余裕ないよね、と風太郎に確認します。

 

言葉が出ない風太郎。

 

するといきなり、今から告白しに行く、と大きな声で宣言する前田。

 

武田と風太郎は、驚いた様子で前田を見ます。

 

明日から日常に戻るのなら、今しかないと言い、前田は風太郎にも、覚悟を決めろと言います。

 

青ざめながら、学生の本分は学業にある、と言いだす武田の言葉を遮り、そうだと言う風太郎。

 

それ以外のことは不要だと信じ、今まで生きてきたと言います。

 

しかし、捨てる必要はなかったという風太郎。

 

それを教えてくれたのはあいつらだったと、思い返します。

 

昔のままなら、今この瞬間も、一人だったかもという風太郎。

 

前田は、何かっこつけてんだといい、武田は、かっこよかったと言います。

 

どちらもやめてくれ、と風太郎は言います。

 

 

お金を持ってないが、屋台に行くかと立ち上がると、女子が二人、休憩所に来ました。

 

休憩所に助かると言い、くたくたになった様子で、椅子に座ります。

 

初日はこんな休憩所無かったよね、という二人。

 

その会話を聞き、嬉しそうな風太郎。

 

前田は、お金がないのに、なんで屋台に行くんだと風太郎に聞きます。

 

風太郎は、最後まで祭りを楽しむためだ、と言い歩き始めます。

 

 

風太郎は五月と二人の時、姉妹たちそれぞれが、風太郎を待つ場所を決めたことを、聞いていました。

 

風太郎は、お前たちがそこまでする必要がないと言いますが、五月は自分たちで決めたことだと言います。

 

それよりも気にすべきことは、そこから先のことだと言う五月。

 

 

校舎に入っていく風太郎。

 

風太郎を、逆に困らせてしまうと分かっていながら、この提案をした姉妹たち。

 

風太郎が向かう場所は一か所だけ、ということです。

 

しかし、これが姉妹たちの覚悟であることを理解して欲しい、と五月に言われています。

 

 

深く深呼吸をし、ドアの前に立つ風太郎。

 

後夜祭終了のアナウンスが、鳴り響きます。

 

ドアを開け、部屋に入ります。

 

 

上杉君、と名前を呼ぶ五月。

 

やるじゃん、という一花。

 

あ、と何かに気づいた四葉。

 

二乃、と部屋に入る三玖。

 

終わったよ、と優しくいう三玖の声に、涙が出る二乃。

 

四葉は、何か忘れ物をしたようで、廊下を走っています。

 

一花は、あの時には決まっていたんだね、と帰り道、二人で話した時のことを思い出しています。

 

二乃と三玖は、教室で抱き合います。

 

オレンジジュースを持つ手。

 

保健室に携帯を忘れ、取りに来た四葉。

 

教室で座る五月は、これからですよ、と風太郎に向けてつぶやきます。

 

 

風太郎が声を掛けたのは、ベッドの上の携帯に手を伸ばす四葉です。

 

顔を赤らめる四葉に、待たせたなと微笑む風太郎。

 

その風太郎の想いとは⁉

 

スポンサードリンク

五等分の花嫁113話の感想と考察

とうとう選ぶ回が来ました!

 

しかしその前の、風太郎が前田と武田と話しているシーンが、男子高生の恋バナっぽくて、ニマニマしながら見ていました。

 

今までの風太郎からは、考えられない場面だなと思い、嬉しくも思いました。

 

前田もずっと、一花のことを一途に想っており、一花だけわかるというのは、それだけ愛情があるんだなと感じました。

 

五つ子と過ごしていくうちに、いろんな感情を持つようになり、学業以外にも必要なことがあると気づけた、風太郎。

 

すごくいい方に成長してくれて、家族のような感覚で風太郎を見ています。

 

 

そして、校舎に入り五つ子の誰かに会いに行く場面。

 

ドキドキしながら、読み進めました。

 

二乃の名前を呼ぶ三玖の場面に、かなりグッときました。

 

二人が一番、風太郎にアタックをしていたと思うので、選ばれなかったのが分かった途端、一緒に泣きそうになりました。

 

一花は先に話を聞いていたのもあるでしょうが、五月も感づいていたのでしょうか。

 

四葉は、携帯を忘れなければ、会わなかったかもしれないですよね。

 

約束の時間より、早めに部屋を出ていたということでしょうか。

 

ただ、まだ風太郎の決意、想いを聞いていないので、どうなるか分かりません。

 

次回、詳しく知れたらと、楽しみです。

 

<< 前話 次話 >>

 

掲載漫画ネタバレ一覧

  • 鬼滅の刃
  • 僕のヒーローアカデミア
  • アクタージュ
  • 五等分の花嫁
  • ネクロマンス
  • キングダム
  • 新サクラ大戦 the Comic
  • アルマ
  • 1日外出録ハンチョウ
  • 神さまの恋人
  • 首を斬らねば分かるまい

その他のあらすじネタバレはこちらからご覧ください↓↓↓

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.