人物

増田ユリヤの若い頃かわいい?夫(旦那)や結婚、プロフィールや経歴学歴も!

投稿日:

日本テレビ「世界一受けたい授業」、テレビ朝日系列「グッド!モーニング」などでコメンテーターとして見かけることの多くなったジャーナリストの増田ユリヤとはどんな人なのでしょうか?

 

そこで、今回は、増田ユリアのプロフィールや経歴学歴や結婚、若い頃についても調べてみました。

スポンサードリンク

増田ユリヤのプロフィール

引用元 https://www.waseda.jp/inst/icc/news/2018/04/05/8344/

増田ユリヤは横浜市出身。1964年7月27日生まれの55歳です。

 

大学卒業後、高校の非常勤講師として、世界史・日本史・現代社会を教えながら、NHKラジオ・テレビのリポーターを務めました。

 

現在はテレビにコメンテーターとして出演したり、日本と世界の様々な問題の現場を取材し、執筆しています。

 

NHK時代に池上彰と出会ったことから親交があり、池上彰と一緒にテレビに出演したり、共著も多いです。

スポンサードリンク

増田ユリヤの経歴や学歴は?

増田ユリヤは國學院大學文学部史学科卒業です。

 

大学を卒業してから、7年間ある高校で社会科の講師を務めたのちに明治学院高校で20年間、社会科の非常勤講師を務めます。

 

同時にNHKのリポーターとしてニュースの現場を自分の目で確かめて、教育に活かしていました。

 

2019年の今は、NHKも高校も退職し、テレビにコメンテーターとして出演したり、著書を出版したりしています。

増田ユリヤは結婚している?夫(旦那)や子供は?

増田ユリヤのプライベートについては、ほとんど情報がありませんでした。

 

夫や子供について調べられませんでした。

 

もしかすると結婚していないのかもしれません。

 

でも、事実婚を選んでいるのかもしれません。もし事実婚なら調べようがないですね。

増田ユリヤの若い頃はかわいい?

増田ユリアについて調べていると検索ワードに「若い頃」や「かわいい」といったワードが出てきますので、実際、若い頃はかわいかったのか調べてみました。

 

残念ながら若い頃(20~30代頃)の写真や画像は見当たりませんでしたが、現在55歳にして、笑顔が素敵でとても端正な顔立ちをされています。

 

推測の域を越えませんが、きっと若い頃はかわいいというより、美人だったに違いありません。

 

また、この年代でユリヤと言う名前は珍しいと思いますし、顔立ちからも、もしかしたらハーフ?と考えましたが、これについても両親の情報はありませんでした。

増田ユリヤの評判は?

ネットで検索すると増田ユリヤに対する評判を見つけることが出来ます。

 

辛らつな意見も多いです。

 

池上彰と一緒にテレビに出ることが多いので、「セットで売り込んでいるのか」とか「コメントが薄っぺらい」「体制批判ばかり」などなど。

 

元教師だからコメンテーターにふさわしくないとは、私は考えていません。

 

いろいろな意見があっていいのです。

 

有名大学の有名な教授のコメントよりも高卒のお笑い芸人さんのコメントの方が、的を射ていたり、わかりやすかったりするのは、よくあることです。

 

ただ、最近のテレビ番組は答えありきで、コメントの内容までもテレビ局や番組の制作側の思い通りにしようとし過ぎるところがあります。

 

また、レポーターもスポーツ選手などに的外れな質問をしたり、勝っている時だけチヤホヤするのは、良くないと感じます。

 

コメンテーターや審査員の人選に首をかしげたくなることも多いです。

 

コメンテーター個人の問題もあるでしょうが、テレビ局の姿勢もあると感じます。

 

まずは正しい情報をきちんと流すことです。

 

そうしないと視聴者は番組を見るか見ないかの判断を正しく行えなくなってしまうからです。

まとめ

増田ユリヤは横浜市出身。1964年7月27日生まれの55歳です。

 

國學院大學を卒業後、高校で非常勤講師として、日本史、世界史、現代社会を教えながら、NHKのリポーターを務めました。

 

最近はNHKも高校も退職し、テレビにコメンテーターとして出演したり、日本や海外のニュースの現場に行って自分の目で見たことを本にして出版しています。

 

増田ユリヤのプライベートな情報はほとんど見つかりませんでした。

 

結婚していないのかもしれませんが、事実婚を選んだ可能性もあります。

 

若い頃はかわいかったとも言われています。

 

今でも十分美しい方だと言えます。

 

ネット上では辛らつな評判もあります。

 

増田ユリヤ個人の問題もあるかもしれませんが、テレビ局や番組がコメントまでも思い通りにしようとし過ぎることもあると感じます。

 

テレビは正しい情報をきちんと伝えて欲しいと思います。

 

そうでないと視聴者が見るか見ないの判断を正しく行えないからです。

スポンサードリンク



-人物
-

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.