漫画

キングダム623話ネタバレ考察感想あらすじ!救済への道を求める者

更新日:

 

2019 年 11月 28日発売の週刊ヤングジャンプ2019年52号で、『キングダム』623話が掲載されました。

 

カイネは問う「龐煖(ほうけん)とは何者なのか」を。

 

李牧(りぼく)は答えた「龐煖とは“人”の代表である」と。

 

龐煖と信(しん)の激闘が続く中、李牧とカイネで交わされた会話の内容は読者にとっても驚きのものでした。

 

龐煖が“人”の代表であるならば、信の「お前は何か?」と言う問い掛けとは一体何だったのか?

 

激戦の中、唯1人を除き誰もが知り得ない龐煖の正体とは?

 

それを語ることが出来るのは李牧のみ。

 

今まで謎に満ちてきた龐煖の正体が李牧の語りによって、明かされることになるのでしょう。

 

本記事では、『キングダム』623話 『模をしめす』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 次話 >>

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

キングダム623話のあらすじネタバレ

龐煖が人の代表であると李牧から説明を受けたカイネはその言葉の意味を解せず、その真意を更に問いかけます。

 

李牧は唯、信と龐煖が戦う戦場に注視していました。

 

暫しの沈黙の後、カイネと幕僚達が見守る中、李牧はゆっくりと語り出します。

 

李牧と龐煖を語る上で必要なことは彼等の出会いからでした。

 

幕僚達は李牧と龐煖の出会いについて思いを馳せます。

 

今から19年前のことだと李牧は語り、カイネはその出会いが自らと李牧が出会った雁門(がんもん)赴任前だと言うことに気付きます。

 

そして、「その頃の李牧がどうであったか」をカイネは憶測します。

 

当時の李牧は「戦に溺れた愚者であり、多くのものを失い続けていたのだ」と語ります。

 

名将である李牧しか知らない幕僚達は驚き、カイネは沈黙を続けます。

 

李牧は語ります。

 

「戦で大敗を招き、敵軍には負われ、自らの臓物を引き摺りながらも1人で深い山奥をさまよい歩いていたのだ」と。

 

「最後に自身の命も失いかけたその時に龐煖と運命的な出会いを果たしたのだ」と。

 

その李牧の語らいに驚愕するカイネと幕僚達。

 

死にかけていた李牧は当初、龐煖を人とは認識せずに山に住まう人外の何かに出会ったのだと語りました。

 

李牧と龐煖の出会いの語りは続きます。

 

龐煖は「我が道を阻みし者残さず屠(ほふ)り、土へと還すのだ」と李牧に告げると、右手に持っていた虎の生首を李牧へと放ります。

 

龐煖が李牧の首筋に偃月刀(えんげつとう)を当て、暫し見つめ合う李牧と龐煖。

 

眼光鋭い龐煖に対し、死にかけの李牧の眼に力はなく、

 

「自らは龐煖の道を阻む者ではないが、目障りなら殺すと良い。自分には親も、兄弟も、仲間も、全て戦で失ったのだから」

 

とだけ龐煖に告げるのでした。そして、その原因は自分にこそあるとも。

 

 

その李牧に対して龐煖は、

 

「李牧の役目はまだ何も果たされてはおらず、自身のみに聞こえる地の声によって自分と李牧を出会せたのだ」

 

と返します。そして、李牧が自身の道への答えを“導く者”とも。

 

 

龐煖の言葉に困惑する李牧。

 

龐煖はそれを意に介せず、告げてもいない李牧の名を出し、自らを龐煖と名乗り、求道者だと告げて去って行くのでした。

 

翌朝に李牧が目覚めると、臓物を引き摺り、死にかけていた身体が起き上がれる程に回復しています。

 

李牧がフラつく足で少し歩くと、そこには自分への追手の死体の山が築かれていたのでした。

 

李牧の昔語りはこれで終わり、聞き終えたカイネは龐煖が求道者であったことに驚きを覚えます。

 

求道者とは「文字通り道を求める者であり、その目的は“人の救済”にあるのだ」と李牧がカイネに説明します。

 

龐煖との出会いの後に李牧は軍を離れ、求道者とは何かを知る為の放浪の旅に出たのだと語り出します。

 

求道者とは500年続く戦乱よりも前に存在しており、争いを繰り返す人の世の苦しさと愚かさを賢者達が憂いた結果、生まれたものでした。

 

彼等は時が経つにつれて、人々の願いとは裏腹に拡大していく争乱の世を変える方法が間違っているのだと、道を求めても答えは無いのだと断定したのです。

 

その理由は明白であり、人に情があるから偏愛が生まれ、争いも生じる。その結果、「苦しみの世は無くならない」と言うものでした。

 

求道者の答えに「情や思いがあるからこそ人である」と反論するカイネ。

 

李牧はその言葉を肯定します。

 

カイネの指摘通り、その矛盾を解く為に「人が人を超える必要があるのだ」と語る李牧。

 

求道者達は自らがその模を示す為、深山に籠り、ひたすらに道を求めたのです。

 

求道者においては奇跡の模を示した者が1個でも現れた時、その奇跡の模は全体にも及び、皆が一斉に上の存在に昇ると考えられてきたのです。

 

故に、求道者の道は人を超えし“模”を天に示すことにありました。

 

李牧の話に困惑するカイネと幕僚達。

 

しかし、次第に龐煖の目的が何かを理解し始めます。

 

龐煖の目的とは

 

──人々が争いを止め、苦しみの世から完全に開放させること──

 

龐煖はそれを本気で信じ、前に進みます。

 

 

それを否定しようとしたカイネの瞳から涙がこぼれ落ちていきます。

 

そして、次々と幕僚達の目からも涙が溢れてきます。

 

カイネは龐煖の生き方は常軌を逸していると李牧に告げ、李牧は理解していると返します。

 

その間にも信と龐煖の激闘は続き、信は傷だらけになりながらも龐煖の斬撃を防ぐのでした。

 

求道者の目的は人の救済であり、求道者達それぞれが天に示す道を探っています。

 

ある者は瞑想し、ある者は宙を舞う為に谷へと身を投げます。

 

そして、龐煖は武神になることで天に“模”を示さんと欲していたのでした。

 

スポンサードリンク

キングダム623話の感想と考察

龐煖が“人”の代表とは何の冗談なのかと思いまいしたが、今回の623話で龐煖の目的を知ることが出来たのは凄く大きな展開だったと言えます。

 

龐煖の正体が求道者であり、その求道者の目的が「争乱の世を終わらせ、人々を苦しみの世から救い、開放する」とありましたが、これは政と信が目指す中華統一の動機と全く一緒なんですよね。

 

中華を統一することは現在の感覚で言えば、世界統一国家を形成するに等しいですし(中華とは世界の中心を意味するから)、その不可能だと言われることを本気で信じて実行に移しているのが政と信なのはキングダムファンの常識です。

 

現在、世界統一国家を作ると宣言する者が存在したら確実に馬鹿と呼ばれます。

 

その不可能を可能としようと、足掻き、藻掻き、苦しみ抜いてでも達成させようとしているのが信であるならば、龐煖も天に超越者としての武を示すことで達成させようとしている。

 

中華統一が馬鹿げた夢であっても、己の武が最強であることを天に示すことが馬鹿げた夢であっても、その結果として「争乱の世が終わり、人々が救済」される結果を本気で信じている。

 

今回は信と龐煖の根源的な目的が同じであることが最大の驚きだったと思います。

 

2人の夢のぶつかり合いが果たしてどうなるのか?

 

次回も大いに期待したいと思います。

 

<< 前話 次話 >>

 

掲載漫画ネタバレ一覧

  • 鬼滅の刃
  • 僕のヒーローアカデミア
  • アクタージュ
  • 五等分の花嫁
  • ネクロマンス
  • キングダム
  • 新サクラ大戦 the Comic
  • アルマ
  • 1日外出録ハンチョウ
  • 神さまの恋人
  • 首を斬らねば分かるまい

その他のあらすじネタバレはこちらからご覧ください↓↓↓

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.