漫画

五等分の花嫁112話ネタバレ考察感想あらすじ!五つ子で過ごす最後の後夜祭

更新日:

 

2019年11月27日発売の週刊少年マガジン2019年52号 で、『五等分の花嫁』112話が掲載されました。

 

五等分の花嫁112話では、五つ子それぞれが過ごした学園祭を振り返り、お互いの想いを伝えます。

 

その想いとは?

 

本記事では、五等分の花嫁112話「最後の祭りが五つ子の場合」のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 次話 >>

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

五等分の花嫁112話のあらすじネタバレ

学園祭が終わり、後夜祭での行きたいところを相談している4人。

 

四葉が、それぞれの行きたいところを一斉に言おうと提案します。

 

その提案を二乃が、どうせみんなバラバラだからと断ります。

 

五つ子なのにと言う四葉に、五つ子だからと返す二乃。

 

そう話していると、五月が走って戻ってきました。

 

一花が五月に、風太郎に伝えたいことは伝えられたかと聞きます。

 

父のことのお礼も言えたと言う五月。

 

姉妹のみんなにもお礼を言おうとしますが、家族の問題だからと一花は返事をします。

 

それでも照れながら、今までと違う口調でお礼を言う五月。

 

姉妹たちは、違和感しかないと苦笑いです。

 

五月が三玖に、変装のお礼を言おうとします。

 

しかし三玖はあの変装に満足はしていないと、変装に対するプライドが芽生えていました。

 

一花が、あんな変装でも一般人にはわからないんだねと言います。

 

四葉は、顔は一緒だからと言い、三玖も頷きます。

 

いつまで五つ子何だろうと考える姉妹。

 

風太郎との約束の時間までまだ時間があるので、みんなの行きたいところを順番に回ろうと決め、五人で移動します。

 

バンドのライブを見ていると、エプロン姿の女子が一花に声を掛けてきます。

 

あの時の迷子のお姉さんで、お礼にと自分の屋台の引換券をくれます。

 

そして、弟が一花を応援していると教えてくれ、頑張ってねと言われる一花。

 

それを見ていた二乃がファンかと聞くと、一花はどうだろうと答えます。

 

一花はこれが女優のやりがいなんだと、改めて感じていました。

 

自分たちのパンケーキ屋を見に行くと、誰もいないようで暗くなっています。

 

みんな、出し物の結果発表を見に行っているんだと言う二乃。

 

自分たちも見に行こうとすると、五月が二乃を呼び止めます。

 

五月は、学園祭にお父さんが来てくれたのは、二乃のおかげだと聞いたと言います。

 

一花や四葉も、二乃を褒めます。

 

二乃は自分だけの力じゃない、と三玖を見て言います。

 

みんなも、あの父親に立ち向かわなきゃいけない日が、近いうちに来ると言う二乃。

 

体育館で出し物の結果発表を行っています。

 

その様子を上から見ながら、やったねと三玖は四葉に言い、四葉はおめでとうと返します。

 

三玖はクラスメイトに嫌われないかと思っていたが、自分のやりたいことを決め、それをやり抜いたことを後悔はしていないと言います。

 

その言葉に、自分もだと返事をする四葉。

 

望んだ結果が出なくても、後悔して生きていくより100倍マシだと言います。

 

外を歩きながら、一花が最後に五月の行きたいところを聞くと、この通りとお腹を鳴らす五月。

 

さっきもらった引換券があると一花が言うと、五月はよだれをたらします。

 

引換券はポップコーン屋さんで、五種類の味があり、それに驚く五月。

 

どれも食べたいが、引換券は一枚しかないと五月が悩んでいます。

 

その様子を見て、五月が決めなよと三玖が言います。

 

しかしこれは一花が貰った券だし、みんなの意見も無視できない、五つ子だから!と目を輝かせながら言う五月。

 

どうせもめるからと、一花と四葉が言います。

 

五つ子なのにと嘆き、五つ子だからと答えます。

 

その様子を見ていた屋台の人が、気まずそうに、残りは塩味しかないと声を掛けてきます。

 

ポップコーンを抱き、やはり基本が一番だと、パクパク五月は食べています。

 

改めて五人でいることが面倒だと、後ろの方で二乃がため息をつきます。

 

四葉が、普通の姉妹だったら違ったかなと言います。

 

一花は、それはまた別の悩みがあっただろうと返します。

 

二乃が妹をいじめたりという三玖。

 

五つ子でよかったわねと、目を見開く二乃。

 

四人の会話を聞いていた五月は、五つ子でよかったと言います。

 

みんなが居たから頑張れたと言う四葉。

 

学園祭中、離れていてもみんなを感じていたと言う三玖。

 

自分と同じ顔が頑張ってるってだけで、自分もできる気がした、といいながら二乃を見る一花。

 

照れながら今更だと言い、顔をそむける二乃。

 

最後に五月は、五つ子はこれからもずっと、切っても切り離せないものだと話します。

 

しかし、同じ悩みを五人で持てることに幸せを感じ、五つ子でよかったと思っていると、四人に伝えます。

 

五人で横に並び、一つのポップコーンを分けあう五つ子。

 

日も暮れ、そろそろ時間だと校舎に入ります。

 

ドキドキしている二乃と四葉を、後ろから優しく抱きしめる一花。

 

五人で円陣を組み、右手をだし、親指と小指をつなぎます。

 

それぞれの想いを胸に、各々の場所で上杉を待ちます。

 

風太郎の考えは変わったのか、どういう結果になるのでしょうか。

 

スポンサードリンク

五等分の花嫁112話の感想と考察

短いようで長かった学園祭も、無事に終わりますね。

 

最後の後夜祭は五つ子で振り返り、それぞれに起きた出来事が、一歩成長させてくれました。

 

一花はやはり長女だからか、みんなをよく見ており、すぐ姉妹の様子に気づいていました。

 

風太郎の答えを、先に聞いていたこともあるでしょうが、ドキドキしている二乃と四葉を抱きしめるシーンは、お姉ちゃんだなと感じました。

 

そして、一般の人からの応援を貰い、女優の道へのやりがいも感じていたので、お仕事も頑張ってほしいですね。

 

二乃はお父さんと向き合えたことが、一番大きかったですね。

 

姉妹たちも驚き褒めていましたが、二乃が言っていた、みんな向き合うときが来ると言うのは、何を想像していったのでしょうか。

 

すぐに起きそうなことも言っていたので、受験のことでしょうか。

 

三玖は今まであまり、クラスメイトと関わることが無かったので、学園祭をきっかけにかなり成長したように感じました。

 

苦手なことも諦めず練習をし、みんなから頼りにされたことに喜びを覚え、自分の夢も決めることが出来ました。

 

四葉も幼い時の出来事から、自分よりも周りのことを考え動いていましたが、今回の出来事から、みんなが居る大切さを改めて感じました。

 

これからは四葉も、自分の考えを持ち、自分のしたいことをしていけたらなと思います。

 

そして五月ですが、大好きなお母さんを追うあまりに、境界線が分からなくなっていました。

 

けれども、本当の父親とのぶつかり合いで、気づいた自分の夢に、これからは頑張って進んで欲しいと思います。

 

本当の五月らしさも、見ていけたらいいなと思いました。

 

次回はようやく風太郎の答えが聞けるようです。

 

誰も選ばないと言っていた風太郎ですが、学園祭を経て、考えは変わったのでしょうか。

 

ドキドキしながら、次回が楽しみです。

 

<< 前話 次話 >>

 

掲載漫画ネタバレ一覧

  • 鬼滅の刃
  • 僕のヒーローアカデミア
  • アクタージュ
  • 五等分の花嫁
  • ネクロマンス
  • キングダム
  • 新サクラ大戦 the Comic
  • アルマ
  • 1日外出録ハンチョウ
  • 神さまの恋人
  • 首を斬らねば分かるまい

その他のあらすじネタバレはこちらからご覧ください↓↓↓

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.