漫画

アクタージュ91話ネタバレあらすじ感想!武光の想いと挑戦

更新日:

 

2019年11月25日発売の週刊少年ジャンプ2019年52号で、アクタージュ91話が掲載されました。

 

90話では、三蔵法師役の白石の登場で舞台の流れが少し変わり始めました。

 

それまでは怒りと派手さで王賀美がかき回していましたが、白石はその怒りを映し、静かな舞台へと変えていきます。

 

正論で殴る、ではありませんが、正しさで怒りを収めようとする、その白石の実力はサイド乙の面々も認めるものでした。

 

そして、舞台袖に控えていた市子、武光の登場シーンが迫る中、武光は夜凪への羨望を改めて認識します。

 

近いデビューで同じ舞台に立った仲だからこそ、今の状況を支えたいと考えた武光は決意を新たに舞台へと飛び出していったのです。

 

本記事ではアクタージュ91話「夜凪のために」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

▼前回の話をおさらい▼

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

アクタージュ91話のあらすじネタバレ

貴方を救いたい、というセリフをタイミングも間も完ぺきにこなす白石に、サイド乙の阿良也でさえ称賛を送るほどでした。

 

王賀美の派手さでの押さえつけとは違った慈愛を持った対話と相互理解の姿勢は、今や羅刹女の味方である観客にとってもいい人に見えることでしょう。

 

これこそが次の市子と武光のシーンを際立たせるのでした。

 

武光は、ずっとそばで夜凪の成長を見てきたひとりです。

 

だからこそ今回のように、過去の感情に振り回されないように必死にコントロールしている姿はきっとその胸を打っているに違いありません。

 

覚悟と決意の宿った瞳で市子の言葉に同意した武光はとうとう舞台へと飛び出します。

 

舞台ではちょうど三蔵法師と羅刹女の対話が行われていました。

 

心の中にある怒りの鎮め方、それを聞こうとした羅刹女の前に猪八戒が飛び出すのです。

 

折角羅刹女が心を開きかけていたのに、という観客の反応を見ながらも沙悟浄の市子と猪八戒の武光は、つかみはオッケーだと悟ります。

 

夜凪と対峙して初めてその舞台の広さ、そして観客の一人一人が見えることを確認します。

 

集中していないわけではない、客観的に舞台を見ることができているのだと思いなおした武光は「怒りに耐えながら頑張っている夜凪を輝かせるため」と彼女と対峙するのです。

 

夜凪の攻撃にわざと受け身をとらずに受けたりしながら、体を張って頑張る武光はこの時にある違和感を覚えます。

 

舞台袖で王賀美が武光に伝えた「前から10番目くらいの左側の席に座るガキ」という女の子の反応を見ながら、やっていることは正しいはずなのに、それでも違和感がぬぐえません。

 

そして起き上がって再び夜凪に対峙したとき、武光はその圧倒的なプレッシャーに気付くのでした。

 

しかしそれも違和感の正体ではないことに気付きます。

 

本当の正体は、夜凪が武光を全く意に介していないこと、でした。

 

それを見ていた王賀美は「どこにモブを相手にする強者がいるんだ」とその状況を端的に説明したのです。

 

夜凪と対峙していた時に王賀美は観客に無視される状況を味わい、その心地を良いものとは思っていませんでした。

 

今それを武光自身が味わっているのだと冷静に分析します。

 

花子も花子で「無意識に他人に気を配り自分の役割を図る」と言います。

 

主演のために自分の主張を抑えてしまったことにより、完全に夜凪に相手にされなくなってしまったのです。

 

王賀美は「自らモブになって名無しのまま消えていく」俳優を何人も見てきたと言います。

 

武光に対して王賀美は「覚悟しろ」と言いながらもその身を案じます。

 

武光自身もそれについて深く考えてしまうのでした。

 

それまでは共に在ることが普通だったはずなのに、いつからか武光自身が夜凪の隣に立つことを目標にしてしまっていたのです。

 

何が彼女を目立たせるのか、何が彼女を支えるのか、と自問自答しているうちにどんどん武光の存在は小さくなってしまっていたのです。

 

それにより武光は、夜凪、王賀美、白石といった面々とはかけ離れた存在になってしまったのです。

 

いつからこんなに遠くに、と思いながらも武光はその場から逃げることもできなくなってしまっていたのです。

 

果たして、武光は夜凪の視界の中に入ることができるのかでしょうか?

スポンサードリンク

アクタージュ91話の感想と考察

武光君の活躍回です!

 

今のところ格好いいところはありませんが、それでも苦戦しながら夜凪に合わせ演技をするのはさすがと言っていいでしょう。

 

それがたとえ意識外にいたとしてもその頑張りはきっと夜凪に届いていると私は信じたいです。

 

そして王賀美から武光への助言とアドバイスなどとっても胸が熱くなりました。

 

きっと良い役者になる、と次々回くらいで武光君が生まれ変わってくれることに期待します。

 

残るは市子さんですが、彼女の役割は夜凪を最終的に受け止める役割ではないかと思います。

 

このメンバーの中で夜凪を抱きしめ「よく頑張ったね」と言えるのは彼女しかいないでしょう。

 

だからこそ終了間際にきっと彼女の活躍回がまた来てくれることを祈ります。

 

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.