漫画

銀河英雄伝説/最新話160話ネタバレあらすじ感想!イゼルローン要塞最大の危機 衝突ガイエスブルク要塞

更新日:

 

2019年11月21日発売の週刊ヤングジャンプ2019年51号で、『銀河英雄伝説』160話が掲載されました。

 

ヤン提督が率いるイゼルローン要塞救援軍によってイゼルローン回廊の隘路(あいろ)に追い込まれてしまったケンプ艦隊とミュラー艦隊。

 

変幻自在に艦隊を運用を可能とするヤン提督によって、帝国軍は思いもかけない損害を被ることとなりました。

 

更に追い打ちをかけるかの如く、ケンプ提督の意図を見抜いたユリアン・ミンツによってイゼルローン駐留艦隊が帝国軍の後背から襲いかかります。

 

同盟軍にとって理想的な挟撃体制が整い、全軍の半数以上を失ったケンプ提督は「名誉の戦死か不名誉な虜囚の辱めを受ける」かのどちらか選択するまでに追い込まれてしまいました。

 

完全包囲の状態の帝国軍が窮鼠(きゅうそ)と化すのを危惧したヤン提督は態と帝国軍に逃げ道を与えて帝国軍を逃がすことにします。

 

敗軍の将と化したケンプ提督はガイエスブルク要塞を見て、「ガイエスブルク要塞をイゼルローン要塞にぶつける」ことを思い付きます。

 

ケンプ提督が思いついたこの作戦をヤン提督はどのような手段を用いて破るかが今回の見どころになってくると思います。

 

本記事では、『銀河英雄伝説』160話『ヤン・ウェンリー大将 イゼルローン回廊 要塞対要塞Ⅺ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

▼前回の話をおさらい▼

やっぱり漫画は絵付きで読みたい!という方、U-NEXTなら無料で読むことができますよ!(初回登録時にもらえる600円分のプレゼントポイントで最新話・最新刊が無料!)

 

31日間無料お試し期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。

登録・解約方法はこちら

 

銀河英雄伝説160話のあらすじネタバレ

イゼルローン要塞救援艦隊旗艦レダⅡの艦橋では士官達がケンプ艦隊とミュラー艦隊を完膚なきまで叩きのめす大勝利に歓声を挙げていました。

 

ヤン提督は司令官席では無く、指令台の上で胡坐をかいて座っています。

 

先の戦闘に勝利し、帝国軍が撤退したことで制宙権が同盟軍の元に戻り、友軍との通信が可能となったことをフレデリカ・グリーンヒル大尉が報告します。

 

イゼルローン要塞救援艦隊と合流を果たしたイゼルローン駐留艦隊から早速通信が入りしました。

 

立体映像にて映し出されたのはメルカッツ提督。

 

ヤン提督は胡坐をかいて対面することでのメルカッツ提督への無礼を配慮し、姿勢を正した後に感謝の言葉を述べます。

 

しかし、メルカッツ提督は「礼を言うならば最大の功労者へ」と述べた後にユリアン・ミンツを隣に映し出させます。

 

ヤン提督への帰還の挨拶を述べるユリアン・ミンツに「帝国軍挟撃の功労者が実はユリアンなのではないか?」と自ら予想していたヤン提督は思わず頭を掻いて少しだけ狼狽(うろた)えるのでした。

 

その様子を微笑ましく見つめるフレデリカ・グリーンヒル大尉の眼前に『EMERGENCY』の警告が表示されます。

 

ハッと気づいたフレデリカ・グリーンヒル大尉はガイエスブルク要塞が動き出したこと及びその行動目的がイゼルローン要塞に衝突させる可能性をヤン提督に進言します。

 

 

ガイエスブルク要塞にてケンプ提督は高笑いをしながら、自らの任務が「イゼルローン要塞の排除」にあったことに気付いていました。

 

敗北を味わい、追い詰められて時間は掛かりはしたものの、「イゼルローン要塞にガイエスブルク要塞を衝突させてしまえば戦略目的は達成させられる」と言う正解に行きついたのです。

 

ローエングラム公に良い報告が出来ると歓喜するケンプ提督。

 

 

しかし、以前よりその作戦に思い至っていたヤン提督はケンプ提督の起死回生の策を「気付くのが遅きに過ぎる」と冷酷とも言える表情で告げます。

 

そして、冷静にイゼルローン要塞司令官代理のキャゼルヌ少将に通信を繋ぐように指示を出しました。

 

 

イゼルローン要塞指令室内部では迫りくるガイエスブルク要塞に対して、キャゼルヌ少将を含めてただ茫然とするのみ。

 

キャゼルヌ少将と通信を取ったヤン提督は帰還の挨拶もそこそこに、自らの艦隊を以てしてガイエスブルク要塞の進行を食い止めると宣言します。

 

一見、無謀とも言えるヤン提督の提案に困惑するキャゼルヌ少将。

 

ヤン提督は対処するとの発言と同時にイゼルローン要塞主砲である雷神の槌(トゥール・ハンマー)の発射準備をキャゼルヌ少将に依頼します。

 

 

ガイエスブルク要塞は依然として進行を続け、「ケンプ・ミュラー残存艦隊は要塞衝突後のガイエスブルク要塞に残った人員を救出する」旨をミュラー提督が全軍に通達します。

 

衝突した後のことを副官が懸念しますが、前例にないことだとミュラー提督は断じます。

 

「狂気の沙汰ではあるが、実に効率的であり、最初からこの作戦を思い至っていたならば」とミュラーは1人呟きますが、「それを思い付くのは子供か天才のみ」とすぐに否定します。

 

そして、目の前の同盟軍艦隊が何かをしようとしていることに気付くのでした。

 

 

ヤン提督は要塞に攻撃を仕掛けるのではなく、稼働中のワープエンジン1個に対してのみ攻撃を集中させるよう命令します。

 

ヤン提督と各司令官の一斉攻撃命令によって放たれたビーム射撃がガイエスブルク要塞に取り付けられたワープエンジンの1機を破壊します。

 

驚愕するケンプ提督及びミュラー提督。

 

集中攻撃に焦り、戦慄するミュラー提督が絶叫する中、ワープエンジンは破壊されてバランスを崩したガイエスブルク要塞は回転運動を開始します。

 

凄まじい遠心力に動揺するケンプ提督。

 

推進力を失ったガイエスブルク要塞は回転運動によって、後方に控えていたケンプ・ミュラー残存艦隊を巻きこむ事態となってしまうのでした。

 

 

この機を逃さず、キャゼルヌ少将に号令をかけるヤン提督と、それに答えて雷神の槌(トゥール・ハンマー)を発射させるキャゼルヌ少将。

 

雷神の槌(トゥール・ハンマー)が回転運動を続けるガイエスブルク要塞に直撃し、眩い光と共にケンプ提督は吹き飛ばれ、ミュラー提督は絶叫するのでした。

 

銀河英雄伝説の最新話・最新刊を無料で読む方法

銀河英雄伝説160話のあらすじネタバレを読んでみて、いかがでしたか?

やっぱり絵付きで読みたい!

そう思った方も多いのではないでしょうか。

 

もしそう思われた方にはU-NEXTがオススメです!

 

U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスで、電子書籍も豊富に取り扱いしています。

U-NEXTの特徴

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 電子書籍数は20万冊以上
  • 80,000本の動画が見放題
  • 70誌以上の雑誌も読み放題

※最新の配信状況は U-NEXT公式サイトにてご確認ください。

 

U-NEXTでは、31日間無料お試しに登録すると600円分のポイントをもらうことができます!

 

このポイントを使えば、『銀河英雄伝説』の最新話を含む『週刊ヤングジャンプ』の最新刊を無料で1冊読むことができるのです!

 

31日間無料お試し期間中に解約すれば、月額利用料は一切かかりませんし、登録・解約もとても簡単ですので、ぜひU-NEXTで『銀河英雄伝説』の最新話を絵付きでお楽しみくださいね!

 

銀河英雄伝説160話の感想と考察

正直、ガイエスブルク要塞をイゼルローン要塞にぶつける案はヤン・ウェンリーが読んでいたことで、失敗することは分かってはいました。

 

しかし、艦隊を以て巨大な要塞の進行を止めてしまうヤン・ウェンリーの魔術がまた炸裂したことで非常に印象に残るストーリーと言えましたね。

 

これは「ワープエンジンさえ壊してしまえば、ガイエスブルク要塞は進行出来なくなる」と言う答えを言われてしまえば、それまでの話なのですよ。

 

しかし、目の前の巨大要塞が突撃を仕掛けてきたら普通は頭が真っ白になりますよね。

 

イゼルローン要塞指令室の面々が当然であって、ヤン・ウェンリーが天才過ぎるというお話です。

 

勝利の歓呼には参加せず、自分は指令台に胡坐座りのヤン・ウェンリーがメルカッツ提督に対しては流石に無礼に思ったのか、台から降りたのはメルカッツ提督への敬意を表しています。

 

メルカッツ提督は普段はへそ曲がりなヤン・ウェンリーが敬意を表するに値すると評する宿将と言う訳です。

 

ユリアンを紹介された時のヤン・ウェンリーの困惑ぶりも実に良かったです。

 

そして、ワープエンジンを攻撃する際の各司令官達の生き生きした表情も読者に爽快感を与えてくれるものでした。

 

そこに加わるミュラー提督の焦燥が実に良い演出となっています。

今回は要塞対要塞編の終結に続く回と言えました。

 

 

査問会から悶々としていた展開からの鮮やかな勝利に胸が熱くなりましたね。

 

次回で要塞対要塞編は終了するのか?

 

きっと、もう少しだけ続くのでしょう。戦争は後始末を終えるまでが戦争ですから。

 

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.