漫画

五等分の花嫁/最新話111話ネタバレあらすじ感想!自分の夢を決めた五月 再び無堂先生のもとへ!

更新日:

 

2019年11月20日発売の週刊少年マガジン2019年51号で、『五等分の花嫁 』111話が掲載されました。

 

五等分の花嫁111話では、風太郎のおかげで自信を持ち、自分の夢を決めた五月。

 

夢へと進む前にやらなければいけないことがあると、動き始めます。

 

五月が向かった所とは?

 

本記事では、五等分の花嫁111話「最後の祭りが五月の場合③」のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 次話 >>

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

五等分の花嫁111話のあらすじネタバレ

盛り上がる学園祭の中、一人どこかへ向かう五月。

 

風太郎には家族の問題なので、今回は手を出さないようお願いしました。

 

ベンチに座っている無堂先生を見つけます。

 

無堂先生の後ろからこんにちは、五月です。と声を掛けます。

 

君から来てくれるとはと予想外な反応をする無堂先生。

 

無堂先生は立ち上がり、自分の言葉に耳を傾けてくれるのかと五月に確認します。

 

五月はもう一度確認したいことがあると言います。

 

教師という夢が間違っているのならば、私はどうしたらいいのかと無堂先生に聞きます。

 

五月は五月らしくあって欲しいので、その手助けがしたいと言う無堂先生。

 

五月が未だにお母さんの幻影に取り憑かれていると言います。

 

教師でなければ何でもいい、お母さんと同じ道を歩まないでほしいと無堂先生は説得します。

 

何故急に自分の前に現れたのかと聞く五月。

 

無堂先生は離れていた間も罪の意識に苦しみながら、ずっと気にしていたと言います。

 

こんな父親らしいことが出来ると無堂先生は感慨深そうに目を閉じます。

 

愛する娘へ挽回するチャンスをくれた、血と血が引き合わせてくれたと言い始める無堂先生。

 

その言葉を吹き飛ばすような大声で、父親だって?と笑い声が。

 

君たちは、と声の方を見て冷や汗が流れる無堂先生。

 

現れたのは、ご無沙汰ですと挨拶をする風太郎の父と、用があるのは自分たちではないと頭を掻く下田。

 

その二人の後ろからお元気そうで、と言い、薄っすら笑っている中野父が現れます。

 

二人に加えてお父さんまでと驚く五月。

 

風太郎の父が、自分が呼んだんだと言います。

 

下田は状況が分かっていない様子です。

 

中野父に声を掛ける無堂先生。

 

君にも迷惑をかけたから謝るきっかけが出来て良かったと言います。

 

思い返せば人一倍零奈を慕っていたと言い、すまなかったと頭を下げる無堂先生。

 

中野父は感謝していると無堂先生に言います。

 

無堂先生の無責任な行いで自分と娘たちを引き合わせてくれたと言う中野父。

 

その言葉に黙る無堂先生。

 

責任に関しては君も果たせてないように見えると言い始めます。

 

だから五月自ら、頼りない君のとこではなく自分のとこに来たと言う無堂先生。

 

五月がここに?と中野父は不思議そうな反応をします。

 

その様子を見て心中察するよと言葉に力が入っていく無堂先生。

 

親失格の烙印を押されたようなもの、自分が本当の父親というものを教えてあげようかとヒートアップしていきます。

 

しかしそれを中野父は、何を言っているのかと遮ります。

 

よく見てください、五月はここに居ないと言い五月の変装をした三玖の前に立ちます。

 

目を見開く無堂先生の後ろから現れる本物の五月。

 

状況を把握し、何のつもりだと無堂先生に聞きます。

 

五月の後ろには、一花、二乃、四葉も居ます。

 

五月は騙したことを謝りますが、こうなるとわかっていたと言います。

 

無堂先生はそれがどうした、ただ間違えただけでと言いかけます。

 

愛があれば私たちを見分けられるという母の言葉を教える五月。

 

また彼女の話かと大きな声になる無堂先生。

 

そんな妄言いつまで信じているんだ、と叫びます。

 

今すぐ忘れなさい!お母さんもそういっていたはずだ、と五月に言います。

 

五月はお母さんが後悔を口にしていたことは覚えていると言います。

 

君のお母さんは間違った、君はそうなるなと無堂先生は言い聞かせようとします。

 

五月はそう思わないと言います。

 

無堂先生は君の考えは関係ない、零奈自身が言っていたならと言いかけます。

 

その言葉を遮り、関係ないですという五月。

 

お母さんが本当に自分の人生を否定しても、私もそれを否定すると言います。

 

自分はお母さんじゃないのだからいいですよねと聞く五月。

 

全てをなげうって尽くしてきた母の姿を見てきた、あんなに優しい人の人生が間違っているはずがないと言い切ります。

 

後ろから見ていた姉妹たちは五月の言葉に驚きながら、きっとそうだよと優しく見守っていました。

 

子供が知ったような口をと手に力が入る無堂先生。

 

中野父は無堂先生に近づき、あなたこそ知ったような口ぶりで話すと言います。

 

無堂先生はどういうことかと聞きます。

 

恩師に裏切られ傷ついていたのは事実、しかし逃げたあなたが知っているのはそこまでだという中野父。

 

無堂先生の顔色はどんどん悪くなります。

 

そのあとの彼女がどれだけ娘たちに希望を見出したのかをあなたは知らないと言う中野父。

 

あなたに彼女を語る資格はないとすごい剣幕で無堂先生に迫ります。

 

二乃は怒っている中野父を見て感心したような様子です。

 

中野父は五月に自分もまだ何かを言う資格を持ち合わせていないが、君の信じたほうへ進むことをお母さんも自分も望むと伝えます。

 

その言葉に涙が出る五月。

 

五月は無堂先生に最後まで母への謝罪がなかったと言います。

 

私はあなたを許さない、罪滅ぼしの駒にはならないと胸を張って言います。

 

母から解放される日は来ないだろうと五月に言われ、苦しそうな表情をする無堂先生。

 

僕がせっかくと何か言おうとしたところを、風太郎の父に見苦しいと止められます。

 

舌打ちをする無堂先生。

 

五月は無堂先生にベーですと舌を出します。

 

無堂先生は後ろを向きその場を去ります。

 

五月に抱き着く姉妹たち。

 

かっこよかった、ハラハラしたなど言われ、みんなが居てくれたおかげだとほっとする五月。

 

見守ってくれた風太郎の父と下田と、お父さんにお礼を言います。

 

もう一人を頭に浮かべ五月は空を見上げます。

 

夕方になり風太郎の片づけを手伝う五月。

 

風太郎は全部片付いたのかと聞きます。

 

五月は笑いながら風太郎のことだから、遠くで見ていたのでしょと聞き返します。

 

さぁなと誤魔化す風太郎。

 

五月は風太郎にお礼を言います。

 

お母さんが居なくなった寂しさを埋めるために、お母さんに成り代ろうとしていた五月。

 

いつの間にか自分とお母さんの境界線が曖昧になり、自分の夢が持てなくなっていたと言います。

 

階段の途中、お母さんを忘れなくていいんだと笑顔で風太郎を見ます。

 

階段の一番上で振り向く五月。

 

ありがとうと言いながら、風太郎に近づきます。

 

風太郎の横を通りすぎ、外が暗くなったという五月。

 

風太郎は勝手に緊張し汗だくで固まったままです。

 

もう冬だと話す五月を見て、奇妙な笑いが風太郎から出ます。

 

気持ち悪いという五月に否定できないという風太郎。

 

ともかく自分が自信を持てたのは、風太郎のおかげだという五月は言います。

 

自分はお母さんではない、こんな簡単なことに気づけたのは風太郎のおかげです。

 

自分の理想の教師像はお母さんのままですがと、五月は何かを言いかけます。

 

風太郎が何だと聞くと、五月は飛び切りの笑顔で君も私の理想なんだよと言います。

 

恥ずかしくなり顔が真っ赤の五月。

 

いつもと違う砕けた喋り方に疑問をもつ風太郎。

 

五月は母を脱却してということで変えたと、何か変かと聞きます。

 

またすぐに喋り方が戻ってしまう五月に、居心地が悪いから普段通りにしてくれという風太郎。

 

そんなこと言わないでくださいと言う五月。

 

今までと同じで、新しい五月。

 

ひと段落した姉妹と風太郎のこれからは?

 

スポンサードリンク

五等分の花嫁111話の感想と考察

五月の話が終わりましたね。

 

無堂先生は印象通り、予想通りの最低な人でしたね。

 

風太郎の父と下田さんが登場してくれた時の安心感。

 

風太郎の父の笑い声と父親だって?のとこが、無堂先生が悪い人だと確定した瞬間だと私は感じました。

 

中野父を連れてきてくれたことに感謝しかありません。

 

中野父の登場の仕方も好きです。

 

いつも無表情の中野父の口元が薄っすら笑っていました。

 

怖さもあり頼れる感じがしました。

 

そしてありがとうと言った後の無堂先生を貶しながら、そのおかげで娘たちに会えたという場面。

 

すごくスッキリします。

 

中野父に反撃しようとしたら、本物の五月ではないという、見ていて気持ちのいい場面でした。

 

そしてようやく言えた五月の気持ち。

 

お母さんを追いかけていた五月が本当の自分の言葉として言えた成長の場面でしたね。

 

本当のお母さんを知っているのは姉妹たちと中野父です。

 

今回の話は、今までの不安が消え、中野父、五月のかっこよさを堪能できる回でした。

 

最後は風太郎が五月からのキスを期待しちゃうというニマニマしてしまう場面がありましたが、これからの風太郎と姉妹たちがどういう方向に進むのかが気になります。

 

本当に風太郎は姉妹の中から誰を選ぶのでしょうか。

 

次回も楽しみです。

 

<< 前話 次話 >>

 

掲載漫画ネタバレ一覧

  • 鬼滅の刃
  • 僕のヒーローアカデミア
  • アクタージュ
  • 五等分の花嫁
  • ネクロマンス
  • キングダム
  • 新サクラ大戦 the Comic
  • アルマ
  • 1日外出録ハンチョウ
  • 神さまの恋人
  • 首を斬らねば分かるまい

その他のあらすじネタバレはこちらからご覧ください↓↓↓

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.