漫画

東京卍リベンジャーズ/最新話134話ネタバレあらすじ感想!ナオト、命がけの決断!

更新日:

 

2019年11月13日発売の週刊少年マガジン2019年50号『東京卍リベンジャーズ』134話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』134話は、前回タケミチを庇い稀咲の撃った銃弾で倒れるナオトを助けようとするタケミチ。

 

2人が会話する最中に突然現れたのはイザナでした。

 

イザナはマイキーの仇のタケミチ達に怒り心頭。

 

そんなイザナが呼んだのはタケミチの幼馴染の鶴蝶。

 

イザナの忠実な部下となってしまった鶴蝶は、彼の命令でタケミチを殺そうと発砲します。

 

そして、瀕死のナオトが突如タケミチに語りかけ、ある決断を下します。

 

果たして、ナオトが下した決断とは?

 

それによりタケミチはどうなってしまうのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ134話『Mortal enemy』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

▼前回の話をおさらい▼

やっぱり漫画は絵付きで読みたい!という方、U-NEXTなら無料で読むことができますよ!(初回登録時にもらえる600円分のプレゼントポイントで最新話・最新刊が無料!)

 

31日間無料お試し期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。

登録・解約方法はこちら

 

東京卍リベンジャーズ134話のあらすじネタバレ

稀咲が放った銃弾で撃たれ倒れたナオトを見て驚きを隠せないタケミチ。

 

立ち上がろうとするものの痛みで立ち上がれないナオト。

 

そんな彼の姿を見てタケミチは彼の名を叫びながら駆け寄ります。

 

一方、ナオトの行動でタケミチ殺害が失敗してしまったことにいら立ちを隠せない稀咲。

 

彼を抱え上げ、容態を心配して声をかけるタケミチ。

 

しかし、タケミチに対してこの場から逃げるように諭すナオト。

 

その言葉を聞いてタケミチは泣き出します。

 

その直後、稀咲が現れた路地からまた別の人影が現れます。

 

なんと、彼らの前に現れたのはイザナでした。

 

彼が現れた理由はナオトを殺すつもりでいたからでした。

 

しかし、稀咲が撃ってしまったのでいら立ちを抑えられないイザナ。

 

一方、稀咲は今までの出来事をこのように説明しました。

 

「すまねぇ“イザナ“ 橘がタケミっちを庇った」

 

稀咲の会話を聞いて現れた人物がイザナであることに驚くタケミチ。

 

タケミチたちの前まで来たイザナは2人に対してこのように言いました。

 

「お前らは俺のマイキーを殺した」

 

そのこと言い放った稀咲の表情は怒りと悲しみで満ちていました。

 

しかし、イザナが言った「俺のマイキー』というワードに疑問を抱いていたタケミチ。

 

そして、イザナは鶴蝶を呼びます。

 

彼の名を呼んだことに驚きを隠せないタケミチ。

 

現代での鶴蝶との再会もつかの間、イザナは鶴蝶にタケミチの殺害を指示しました。

 

一瞬黙る彼でしたが、指示に従いタケミチに銃口を向けます。

 

その行動を信じられず震えるような声で幼馴染の鶴蝶の名を呼ぶタケミチ。

 

そして。過去で出会った彼の言葉を思い出したのと、彼の変貌ぶりに涙するタケミチ。

 

しかし、鳴り響く銃声。

 

次の瞬間、横たわるタケミチとナオト。

 

タケミチは鶴蝶に撃たれてしまいました。

 

撃たれたという状況を理解できず痛みで涙するタケミチと瀕死のナオト。

 

一度2人のほうを振り向きますが、何も言わずにイザナのもとに戻る鶴蝶。

 

そして、鶴蝶の成果を褒めるイザナとタケミチ達の現状を嘆く稀咲。

 

一方、痛みと悔しさで涙が止まらないタケミチはナオトに謝罪します。

 

そして、突然ナオトが語り始めます。

 

現在で初めての見たタケミチに愕然としたナオト。

 

その語り初めに対して驚くタケミチ。

 

引き続きナオトは話を続づけます。

 

タケミチに愕然とした理由は、姉が死ぬという現実を変えるために彼のような人物に頼らなければいけないという悔しい感情が最初はあったからでした。

 

さらに、なぜ姉がタケミチのような人物を好きになったのかすごい疑問を抱いていました。

 

しかし、タケミチの行動を見ているうちに彼こそがヒーローというイメージを抱いていました。

 

そして、ナオトは最後に力を振り絞りタケミチを呼び、手を差し出します。

 

「最後の握手です」

 

そう呼びかけたナオトは死ぬという現実に恐怖し唇を震わせながら涙を流していましたが、なぜか笑みがこぼれていました。

 

ナオトの差し出す手に決意を固め強く握りしめるタケミチ。

 

彼は握りしめた瞬間、イザナたちをにらみつけます。

 

そして、タイムリープするのでした。

 

東京卍リベンジャーズの最新話・最新刊を無料で読む方法

東京卍リベンジャーズ134話のあらすじネタバレを読んでみて、いかがでしたか?

やっぱり絵付きで読みたい!

そう思った方も多いのではないでしょうか。

 

もしそう思われた方にはU-NEXTがオススメです!

 

U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスで、電子書籍も豊富に取り扱いしています。

U-NEXTの特徴

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 電子書籍数は20万冊以上
  • 80,000本の動画が見放題
  • 70誌以上の雑誌も読み放題

※最新の配信状況は U-NEXT公式サイトにてご確認ください。

 

U-NEXTでは、31日間無料お試しに登録すると600円分のポイントをもらうことができます!

 

このポイントを使えば、『東京卍リベンジャーズ』の最新話を含む『週刊少年マガジン』の最新刊を無料で1冊読むことができるのです!

 

31日間無料お試し期間中に解約すれば、月額利用料は一切かかりませんし、登録・解約もとても簡単ですので、ぜひU-NEXTで『東京卍リベンジャーズ』の最新話を絵付きでお楽しみくださいね!

 

東京卍リベンジャーズ134話の感想と考察

前話を呼んだ直後に予想していた今回の展開は、最後のタイムタイムリープをしてナオトが死亡。

 

そして、タケミチは12年前に戻って例えば千冬と再会というものでした。

 

ざっくりではあるものの展開が近いと思いましたが、タケミチが撃たれたというのは予想外でした。

 

しかも、撃たれるなら稀咲にと思っていたので、鶴蝶に撃たれたということも予想外でした。

 

 

続いては今回の考察です。

 

まずはイザナが現れた時の『俺のマイキー』というワード。

 

これは、マイキーとの再会で殺されそうになった時にナオトが撃ったという事であるというのは明確だと思います。

 

しかし、なぜこのことを知っているのか。

 

イザナは警察にも通じているというような話があったので、警察内部にイザナの部下がいてそこから情報を得たのではないかと思います。

 

続いて、鶴蝶についてです。

 

今回戻ってくる前のタイムリープ時に鶴蝶にあったときに彼が言っていた「今のヒーローはイザナ」というワード。

 

きっと、再会後に何か今のような変貌をするのではないかと思いますが、それが描かれることを期待したいです。

 

最後はタイムリープする直前のタケミチの表情についてです。

 

タケミチもナオトも撃たれ、さらには、ナオトは瀕死。

 

その状態でのタイムリープという状況でしたので、今回のタイムリープでは過去を変えない限り戻れないという意思と、タケミチにとって最後の「リベンジ」であるという事を読者に伝えようとしたかったのではないかと思いました。

 

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.