漫画

アルマ/最新話6話ネタバレあらすじ感想!ゼロの少年とアルマ

更新日:

 

2019年11月14日発売の週刊ヤングジャンプ2019年50号で、アルマ第6話が掲載されました。

 

アルマ第6話では、レイがゼロの少年として目覚めます。

 

そして、ギジンたちにとって“アルマ”とはどういうものなのかが判明します。

 

ルキアナの過去の一部が明かされ、レイとの因縁が分かります。

 

お待ちかねのラムダも登場します。

 

作品のタイトルである“アルマ”が意味するものは、はたしてどういうものなのか?

 

本記事ではアルマ第6話「ゼロ」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

▼前回の話をおさらい▼

やっぱり漫画は絵付きで読みたい!という方、U-NEXTなら無料で読むことができますよ!(初回登録時にもらえる600円分のプレゼントポイントで最新話・最新刊が無料!)

 

31日間無料お試し期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。

登録・解約方法はこちら

 

アルマ6話のあらすじネタバレ

ラムダは塔の上階のような一室にいます。

 

あるいは、物置部屋でしょうか?

 

幽閉されているだけのようで、ステーキ肉のような物にかぶりついています。

 

すると、外からドーンという音が。

 

ピクンと反応するラムダですが、まずは肉をムシャムシャとつめ込みます。

 

食欲優先。

 

どんな時にもブレないのはさすがです。

 

ノシノシと窓際に近づき、格子状の窓から外を覗いてみるラムダ。

 

一呼吸の後、驚きのあまり固まります。

 

 

ラムダが見たものは、ビルの屋上でギジンの群れと戦うルキアナ達でした。

 

幸いなことに、いまのところ包囲はまぬがれています。

 

しかし、ギジンたちは周囲のビルの屋上にも集まり、包囲も時間の問題です。

 

ルキアナたちは奮戦しています。

 

部下はヘルメットとアーマーで身を固め、盾でバリケードを作っています。

 

そしてパルスライフルでギジンを攻撃します。

 

対するギジンはシャツやジーンズというラフな格好です。

 

普通なら相手にすらならない所ですが、ルキアナ達が押されています。

 

完全破壊しないとギジンの行動が止まらないのです。

 

ライフルで頭を吹き飛ばされても、戦闘をやめないギジン。

 

頭部の無い体が、目が見えているかのように掴みかかって来ます。

 

ルキアナは、右手のランチャーを撃ってそのギジンを破壊します。

 

混戦のなかで使用したことやギジンの爆散状態から、発射されたのはミサイルではなく大口径の銃弾の様です。

 

通信兵が無線はいまだ不調であるとルキアナに報告します。

 

ルキアナは前線を下げて場所を変え、立て直しを命じます。

 

今の場所ではいずれ包囲され、全滅するのが見えているからです。

 

 

戦闘のなか、レイはへたり込んでいます。

 

周囲の展開についていけず、呆然としています。

 

 

そばにはルキアナに蹴り飛ばされたメイド型ギジンの頭部が落ちています。

 

顔の右側は無事ですが、左側は破壊され眼球はむき出しです。

 

それでも、いまだに生きています。

 

そのメイドがピアノを弾いてみたかったと独り言を言い始めます。

 

アルマを感じるといいます。

 

そしてレイに話しかけます。

 

地図はどこまで進んだのか?と。

 

驚くレイは、なぜその事を知っているのかと問います。

 

メイドは今リチェから聞いたのだと答えます。

 

レイの脳裏にリチェの笑顔が浮かびます。

 

メイドの無事な右目にはALMAの文字が浮かんでいます。

 

 

メイドは説明します。

 

ギジンは死に際にアルマに接続して、記憶を同期する。

 

アルマとは生死の境にあるバックアッププログラムの事である。

 

ギジンは死後にそこで過去に死んだすべてのギジンと混じりあう。

 

瀕死になったメイドはアルマに接続し、リチェと記憶を同期してレイの事を聞いたのでした。

 

メイドは、最後にリチェからのメッセージを伝えます。

 

リチェが笑いながら言った言葉は、足元に気を取られすぎないで進めというものでした。

 

そしてメイドはピーという音と共に活動を停止します。

 

彼女もアルマで過去に死んだギジンと混じりあうのでした。

 

 

レイはメイドの頭部を両手の平で挟み、しばしその顔を見つめます。

 

その後、周囲の戦いを見つめます。

 

そして立ち上がった時には、何かを決心したような顔になっています。

 

電波塔までの撤退を命ずるルキアナの横をスタスタと歩き過たレイは、お世話になりましたと言い、一人の兵士にメイドの頭部を渡します。

 

そして、ルキアナにもお世話になったと言いながら、道で拾ったきれいな石をあげます。

 

石の代わりに、初めて会った人記念としてルキアナの黒髪を要求して、やらん、発想がキモイと断られます。

 

ここだけ少しギャグ的な雰囲気が入ります。

 

 

そして歩き出すレイ。

 

とこに行くのだと誰何するルキアナ。

 

進むのだと答えるレイ。

 

まだ美味しいものも、テリーの照り焼きバーガーも食べてないとの言葉に一瞬あっけにとられるルキアナ。

 

レイの周りにギジンが集まってきます。

 

レイの脳裏にはリチェの言葉がよみがえります。

 

人に出会えないから意味がないというわけではなく、進むからには足元に気を取られすぎるなという言葉です。

 

レイは言います。

 

目の前に広がる世界を楽しもうと。

 

 

ギジンの群れはもう目の前です。

 

しかし、レイは不思議と恐怖を感じません。

 

ギジンには傷つけられた記憶がないからです。

 

レイはつぶっていた目を開き、おもむろに左手をギジン達にかざします。

 

と、バラバラになるギジン達。

 

やがてチリとなって消えてゆきます。

 

理由がわからず驚く兵士達。

 

その中でルキアナは過去の記憶を呼び覚まします。

 

 

場面は過去へと飛びます。

 

子供時代のルキアナ。

 

10歳位でしょうか、なかなか可愛らしいチビッ娘です。

 

とはいえロシア帽をかぶり軍服に身を包んでおり、この年で前線に赴くようです。

 

なんでも好きなものを食べて良いという母親にルキアナはケーキと答えます。

 

しかし直後に、他の者に示しがつかないと撤回します。

 

母親を母上と呼んでいるので身分ある家柄のようです。

 

ルキアナが何を食べようか焦っていると、母親は彼女の両肩をぐっと抱きこういいます。

 

アルマが選ぶ傷つけられない特例の人間「ゼロ」を探せ。

 

王道から弾かれたルキアナには他に生きる道はない、と。

 

王道というセリフの横には旗が描かれます。

 

旗にはブカレストを囲む壁にあった紋章と同じものが描かれています。

 

ルキアナは跡目争いに敗れた王女なのかもしれません。

 

 

生きる道との言葉に、死ぬ覚悟は出来ていると答えるルキアナ。

 

馬鹿ねと言いながら母親は諭します。

 

自分が何を食べたいか今考え出したように、今は自分の未来が見えないだけ。

 

ルキアナ達の世代は何も持っておらず、何を失ったかを知らない。

 

だから、すべてを後になって気づく。

 

通り過ぎた青春や夢は、明日への希望とともに初めて芽生えるだろう。

 

明日への希望。

 

その人類最後の希望は「Null(ヌル)」と呼ばれた。

 

それは、今の言葉で「ゼロ」である。

 

 

話は現在に戻ります。

 

ほら、進めますというレイを呆然と見ているルキアナ。

 

バラバラになったギジンや周囲で驚いているギジンをバックに、笑顔で立つレイのシーンで終わります。

 

アルマの最新話・最新刊を無料で読む方法

アルマ6話のあらすじネタバレを読んでみて、いかがでしたか?

やっぱり絵付きで読みたい!

そう思った方も多いのではないでしょうか。

 

もしそう思われた方にはU-NEXTがオススメです!

 

U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスで、電子書籍も豊富に取り扱いしています。

U-NEXTの特徴

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 電子書籍数は20万冊以上
  • 80,000本の動画が見放題
  • 70誌以上の雑誌も読み放題

※最新の配信状況は U-NEXT公式サイトにてご確認ください。

 

U-NEXTでは、31日間無料お試しに登録すると600円分のポイントをもらうことができます!

 

このポイントを使えば、『アルマ』の最新話を含む『週刊ヤングジャンプ』の最新刊を無料で1冊読むことができるのです!

 

31日間無料お試し期間中に解約すれば、月額利用料は一切かかりませんし、登録・解約もとても簡単ですので、ぜひU-NEXTで『アルマ』の最新話を絵付きでお楽しみくださいね!

 

アルマ6話の感想と考察

今回はいろいろな謎が解き明かされました。

 

ついにレイがゼロとして目覚めました。

 

ゼロとはアルマによって選ばれた人間のことでした。

 

ゼロはギジンによって傷つけられることは無いという特例を持っています。

 

それに、目覚めたゼロはギジンを簡単に消滅させることが出来るようです。

 

でも、レイが躊躇なくギジンを破壊するのが気になります。

 

ギジンはリチェの仲間なんですが、ティーチャーの首をねじ切った敵だからですかね。

 

ギジンにも感情と呼べるものが有るんだし、少しは躊躇してもいいような・・・

 

ギジン相手に無敵のゼロは、まさに人類最後の希望ですね。

 

しかし、そんな能力を持つゼロとは本当に人間なのでしょうか?

 

そして、どうしてアルマはそういう存在を許すのでしょうか?

 

今後その理由が明らかになっていくのでしょう。

 

 

また、アルマとはどこかに存在するバックアッププログラムの事でした。

 

過去に死んだ全てのギジンのデータが保存され、記憶が同期されているプログラム。

 

前回ギジンは、魂とは脳の機能の活動の結果生成されるもので、同じ機能の機械で取って代れると言っていました。

 

プログラムアルマとサーバが、その同じ機能の機械というわけですね。

 

世の中には、人は死ぬと魂になり大きなエネルギーの集合体の一部となるといった死生観が存在しますが、それに通ずるものがありますね。

 

アルマの中ではリチェの魂が生き続けているのです。

 

となると、人とギジンの違いは魂の器である体が有機体か機械かと言うことだけになりそうです。

 

争わずに済む方法もありそうなものですが・・・

 

 

そしてルキアナの過去も語られました。

 

どうやら、どこかの王族の出らしいこと。

 

しかし王道から弾きだされ、幼くして前線に送られたこと。

 

母親から、明日への希望のためにゼロを探すように言われていたこと。

 

 

今回ついにルキアナはゼロに出会えました。

 

幼くして前線に送られ、右手はランチャーに変わり果て、どう見ても幸せな人生を送って来たとは思えないルキアナ。

 

そろそろ良い事があってもよさそうです。

 

 

何はともあれ、レイはまた進み始めました。

 

ルキアナもレイとの出会いで進み始めたと言って良いと思います。

 

いまだギジンとの戦闘中で、今後どうなるかは予断を許しません。

 

しかし、ゼロの少年レイの出現により、ギジンとの力関係は逆転するかもしれません。

 

話はブカレストを舞台にしばらく続くのでしょうか?

 

それとも場所を変え新たな展開となるのか。

 

今後はレイと同道しそうなルキアナ。

 

ラムダを加えたトリオの活躍が楽しみです。

 

そしてレイは無事に照り焼きバーガーにありつけるのか?

 

次回が待たれます。

 

 

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.