漫画

僕のヒーローアカデミア/最新話249話ネタバレあらすじ感想!轟の家でデクと爆豪がみたものとは?

更新日:

 

2019年11月11日発売の週刊少年ジャンプ2019年50号で、僕のヒーローアカデミア249話が掲載されました。

 

僕のヒーローアカデミア248話では、ヒーローインターンを始めたところでした。なかなかNo.1ヒーローについていけない三人でしたが、それでも食らいつくその姿が印象的でした。

そしてそのことを聞いた轟の姉、冬美が自宅で晩御飯を一緒に食べることを提案します。

 

今回はこの食事のあたりからストーリーが始まります。

 

本記事では僕のヒーローアカデミア249話「地獄の轟くん家」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

▼前回の話をおさらい▼

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

僕のヒーローアカデミア249話のあらすじネタバレ

冬美から連絡を受けてから、No.1ヒーローであるエンデヴァーの中にずっとあった悩みが浮き彫りになっています。

 

自分が家のために何ができるのか、ということを考えながら夜眠りにつくというエンデヴァーは最近同じ夢を見ます。

 

妻と子供たちが楽しそうに食卓を囲んでいますが、そこにエンデヴァー自身の姿はありません。

 

そんな悩みを抱える中でも、エンデヴァー事務所におけるデク達のインターンは続きます。

 

エンデヴァーの事務所は宿泊施設が完備されていて彼らはそこでサイドキッカーたちと寝泊まりしていました。

 

朝、エンデヴァーのもとへ向かう三人にサイドキッカーであるバーニンが声を掛けます。

 

未だにエンデヴァーよりも先に手を出すことができない三人に発破をかけようと声をかけたのです。

 

しかしそれをするまでもなく、彼ら三人はそれぞれがそれぞれにできることをやろうとしていました。

 

未だに言い合いが絶えない、というより爆豪の噛み付きが止まりません.

 

しかしながらそれでも、食らいつこうというその姿勢にバーニンは安心したように笑うのでした。

 

現代日本の最高峰の現場で一週間が経過します。

 

少しの気のゆるみが被害規模の大きさに影響するプロの世界で三人は必死にエンデヴァーの背中を追っていました。

 

集中すればできることを、寝ながらでもできるようになる、という言葉の通りにエンデヴァーの出力はどんどん上がっていきます。

 

これは冬美の食事の相談が影響しているようでした。

 

ヒーローとして第一線で活躍してきたエンデヴァーにとって今更家庭などという思いはあるものの、エンデヴァーにとって冬美の存在はとても大きく、家族との唯一の懸け橋と言っても過言ではありません。

 

その冬美の言葉を無碍にはできず、先のような悩みを抱えているのでした。

 

 

そして終了後、エンデヴァーと轟によって轟の家にデクと爆豪は招待されます。

 

それに対してまた噛みつく爆豪ではありますが、冬美の登場によりその声は小さくなります。

 

 

そして轟は兄の夏雄が来ていることを知ります。

 

それに対して冬美は「家族で焦凍の話を聞きたい」と言います。

 

 

轟家にデク、爆豪を交えた食事会が始まるのです。

 

料理を食べ進めていると、デクのお料理分析などがあり、その料理の腕は長く培われていたものだと言うことが分かります。

 

この轟家の料理事情は持ち回り制で、冬美だけではなく、夏雄も作っていたことが分かります。

 

焦凍はそれを初めて知ったようで驚いた様子でしたが、それに対して夏雄は「父が止めていた」ではなく「エンデヴァーが止めていた」と発言します。

 

そして夏雄は席を立ってしまいます。

 

この重い空気の中食事を終え、洗い物などをデク達が手伝う中、食卓では冬美と焦凍が父の存在について話をしています。

 

それを爆豪は我慢の限界と言わんばかりに怒鳴ります。

 

センシティブな家庭状況を見せるなと言います。

 

それを諫めるようにデクは轟に声を掛けます。

 

今は許せるようになるための準備をしている、といいます。

 

それを聞いたエンデヴァーは別の部屋で仏壇に向かい合います。

 

橙矢、と呼ぶそこには学生服を着た少年の写真があったのです。

スポンサードリンク


 

僕のヒーローアカデミア249話の感想と考察

今回はタイトル通り、轟くんの家のお話でした。

 

おそらく爆豪自身がいい家庭環境に育ったばかりに、こういった状況を受け入れられず、センシティブという表現正しく、我慢の限界が来たのだと思います。

 

もともと、デクも認めるやさしさと理解力を持つ爆豪ですので、これもきっと彼なりのやさしさであり、彼の気持ちなのだと思います。

 

そしてもう一人、轟橙矢という存在が出てきました。

 

おそらく轟の一つ上の兄弟とみることができるでしょう。

 

この存在がもしかしたら大きくエンデヴァーを、そして轟を変える可能性もあります。

 

今後、轟家が一体どうなっていくのか、楽しみですね。

 

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.