漫画

テッペン那須川天心物語/最新話10話ネタバレあらすじ感想!崩壊寸前の家族の絆、取り戻せるか!

更新日:

 

2019年11月11日発売の週刊ヤングマガジン2019年50号で、『テッペン~那須川天心物語~』10話が掲載されました。

 

テッペン~那須川天心物語~10話は、2度も安藤に負けた天心をもっと強くしようと弘幸はより厳しい特訓を課します。

 

しかし、余りの厳しさに天心は気を失い、母から非難され、天心をどうしたいのか悩み始めるのです。

 

目覚めてなお特訓をしようとする天心に、母は無理しなくていいと言います。

 

対して天心は好きだから空手をやるんだと、もっと強くなるとはっきり言いました。

 

そして三連休になり、3人はキャンプに行く事になったのです。

 

このキャンプを通じて、家族の絆は元通りになるのでしょうか。

 

本記事では、テッペン~那須川天心物語~10話「家族の絆」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

スポンサードリンク

テッペン~那須川天心物語~10話のあらすじネタバレ

安藤との試合が終わった夜、天心の父親である弘幸は大工の仕事をしていました。

 

しかし、その表情は戸惑いと悲しみと悩みを抱えた表情をしていたのです。

 

その理由は、安藤に勝ちたいという天心の意を汲んで行った特訓にありました。

 

そのせいで、天心は咳をしながら苦しみ、様子を見ていた母からも厳しい言葉をぶつけられたのです。

 

今の弘幸の脳裏には何で天心に辛い思いをさせないといけないのか、強くさせたいのは弘幸のエゴであり、天心はそれを望んでいるのかと訴えかけた母の涙が浮かんでいました。

 

そして自分は天心を本当はどうしたいのかと、考えて悩んでいたのでした。

 

その頃、家では意識を失っている天心を母は心配そうに見つめていました。

 

こんな小さな体で厳しい訓練を乗り越え、背丈が大きい安藤とも戦ったけど、苦しむ姿はもう見たくないと母は思っていたのです。

 

そう思いながら自らの頬っぺたを天心にくっつけると、同時に天心の意識が戻りました。

 

そして母から弘幸が仕事に行った事を知ると、弘幸がいなくても特訓の途中だからと続きを行おうとします。

 

そんな天心を母は抱きしめるともういいのだと、無理せずに好きな事を思うがままにすればいいと涙を流しながら言ったのです。

 

対して天心は自分が好きだから空手をするんだと言うと、もっともっと強くなりたいとはっきり言います。

 

同時刻、仕事をしている弘幸も同じこと言ったのでした。

 

そして特訓の続きを始める天心の姿を見た母は、自分が気づかないうちに強くなったのを察し、同時に自分はもう必要ないのかとも思い始めます。

 

やがて弘幸が帰って来ると、今日から三連休だからとキャンプに行くと言い出します。

 

翌日、天心達はキャンプ場へとやって来たのです。

 

キャンプ場に着いてから天心は弘幸と一緒にアスレチックを走ったり、魚を釣ったり、母も交えてサッカーをしたりと存分に楽しみました。

 

沢山遊んだ影響なのか、お腹を空かせるも弘幸も急に出かけたせいで食材を用意していませんでした。

 

しかし、釣りで釣った魚を母が料理したおかげで事なきを得ると、早速料理にありつきます。

 

その際に弘幸は母のおかげで救われたと言い、その言葉に母は弘幸の言葉の意味を感じ取るのでした。

 

弘幸は母が美味しい料理を作ってくれるから自分達は空手に集中する事が出来ると、天心が強くなるために欠かせない仲間だと言ったのです。

 

そして2人にいつも有難うとお礼を言われた母は、魚を食べる2人を見て気合を入れ直すように両手で頬っぺたを叩くと、自分も強くならないといけないと決意します。

 

それから2人にもっと食べるように勧めるのでした。

 

やがて夜になり、焚火をたくと弘幸は天心に何も努力しないより何らかの行動をした方がいいと、夢のために毎日を生きるのはかっこいいと告げたのです。

 

続けて頑張れば何時かは報われると、駄目なところはまたやり直せばいいと言って、来年こそ安藤に勝つぞと叫びます。

 

弘幸の言う通りだと言わんばかりに、天心も押忍と叫ぶのでした。

スポンサードリンク


 

テッペン~那須川天心物語~10話の感想と考察

一時は家庭崩壊の危機になりましたが、完全崩壊せずに済んでよかったなと心から思いましたね。

 

強くあってほしいと願う弘幸と天心には好きな事をしてほしいと願う母のぶつかり合いは、どっちもこれが正しいと思っての衝突だったのではと思いました。

 

そんな中、弘幸が1日だけキャンプに天心達を連れていった時は良案だなと感じました。

 

そのおかげで家族の絆は元通りになったと同時により強固になり、再び打倒安藤に向けて決意を示したのですからね。

 

次回は改めて安藤対策のトレーニングを行うと思われます。

 

今回行ったキャンプのおかげで、家族の絆は元に戻ったと同時に深まり、安藤に2度目の敗北を喫してしまった天心も心身ともに回復したのではないかと思われます。

 

安藤とは体格の差があって負けてしまいましたが、途中までは素早い動きで見事に翻弄していました。

 

弘幸との特訓の時や安藤との試合の際に見せた自らの姿を視界から外す技を常に出来るようになれば、勝機があるのではないかと思われます。

 

そのためにはスピードと反射神経を鍛えると思われますので、この2つを鍛えつつ、一撃で相手を仕留める力も身に着ける特訓もするのではないかと思われます。

 

そして特訓の成果として安藤と同じような体格の空手家と試合を重ねるのではないでしょうか。

 

▼その他の漫画を読む!▼

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.