漫画

五等分の花嫁/最新話109話あらすじネタバレ感想!夢のために頑張る五月の前に現れたのは⁉

更新日:

 

2019年11月6日発売の週刊少年マガジン2019年49号で、『五等分の花嫁』109話が掲載されました。

 

五等分の花嫁109話は、高校生活最後の学園祭で風太郎が決めた想い。

 

姉妹たちそれぞれとの出来事があり、一花、二乃、三玖、四葉と四人からキスを奪われる風太郎。

 

ただ四人は風太郎のおかげで前に進むことが出来ました。

 

忙しい学園祭昔の友人にも会い、火事などのアクシデントがあり、目が回るような忙しさです。

 

姉妹の最後、五月との物語が今回のお話です。

 

学園祭の間、五月はどう過ごしていたのか。

 

風太郎のことはどう想っているのかが、これからの見所です。

 

本記事では、五等分の花嫁109話「最後の祭りが五月の場合①」のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

やっぱり漫画は絵付きで読みたい!という方、U-NEXTなら無料で読むことができますよ!(初回登録時にもらえる600円分のプレゼントポイントで最新話・最新刊が無料!)

 

31日間無料お試し期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。

登録・解約方法はこちら

 

五等分の花嫁109話のあらすじネタバレ

薄暗い教室の中、五月は一人席に着き後夜祭終了のアナウンスを聞いています。

 

別の日、下田は赤谷学園の入り口に立っていると五月に会い、少し驚きました。

 

五月はその日に行われる受験対策の授業の教室はどこかと下田に聞きます。

 

下田は五月には授業のことは伝えてなく、他の講師に聞いたのかと確認します。

 

五月は今のままでは不安だと、自分の夢のために今できることを頑張ると力が入っています。

 

下田はそんな五月を無言で見つめます。

 

そこに、夢を持つだけでもすごいと褒めながら登場した髭の生えた男。

 

下田は五月に今回の特別講師の無堂先生だと紹介します。

 

学園祭に戻り、風太郎は五月が学際中も一人勉強をしていることに驚いています。

 

風太郎は五月に友達がいないのではないかと不安になり相談にのるといいます。

 

風太郎にだけは言われたくないと五月の顔が引きつります。

 

自分でさえ学園祭にウキウキしていると風太郎は不思議がります。

 

しかもこれだけ勉強しているのに成果が出ていないことに、風太郎は更に不思議がります。

 

その言葉に腹を立てる五月。

 

今持っている大量の問題集が終わるまで約束の教室には行かないと言いその場を去ります。

 

風太郎は夜までかかると思い、そこまで待てないと不安な顔をしています。

 

風太郎と別れた後、食堂で勉強する五月と同じ席に座る二乃。

 

五月の問題集の量を見て、さすがに意気込みすぎだと言います。

 

二乃までもそんなことを言うと五月は肩を落とします。

 

二乃が食べているアメリカンドックに目が釘付けになる五月。

 

二乃は五月も食べるかと聞きますが、五月は終わるまで食べないと断ります。

 

あまり無理はしないようと二乃は心配します。

 

五月はやはり自分には無理な夢なのではないかと二乃に問います。

 

二乃はハッとし、そんな意味ではないと訂正します。

 

五月の夢は立派だと、照れながら応援をしているという二乃。

 

五月はうつむき悩んでいるようですが、少し弱気になっていたと謝ります。

 

その様子を見た二乃は、こんな時にパパは何をしているのかと呆れたようにため息をつきます。

 

何故お父さんの話が出るのかと不思議がる五月。

 

パパは来ないだろうが学際の招待状を送ったと二乃は言います。

 

二乃は悩んでいる五月にパパに相談してみればと提案します。

 

こうゆうときに道標になってくれるのが親の役目ではないかと言いながら、二乃は去ります。

 

親の役目という言葉を考える五月。

 

昔、中野父が言った父親の代わりになるという言葉を思い出します。

 

風太郎に相談したいのか、上杉君と名前を呼びます。

 

外から聞こえる屋台の声。

 

男子生徒が友達にたこ焼きを買ってきたと見せています。

 

五月はその様子をすごいオーラで見つめています。

 

五月からの視線が痛いと思ったのか、生徒たちは外に出ていきます。

 

五月は冷静になり、集中しなければと気を持ちなおそうとしました。

 

しかしすぐにいい匂いがしてきて、五月は匂いのする方に振り向きました。

 

そこにいたのは大きな綿あめを持った無堂先生でした。

 

無堂先生は学園祭の様子を見て懐かしんでいました。

 

驚く五月を見て、授業に来ていたと覚えている様子の無堂先生。

 

五月は眼鏡を外し授業のお礼をいいます。

 

無堂先生は五月の勉強姿を見て、学際の時にまで勉強かと問います。

 

五月は少し気まずそうに返事をします。

 

無堂先生はそんな五月をストイックで良い向上心だと褒め始めます。

 

自分が以前先生をしていたと言い、五月も先生を目指していることを聞いたと言う無堂先生。

 

五月にどうして先生を目指しているのかと問います。

 

五月は勉強が苦手だったが目標を決めてからは楽しくなり、自分も誰かの支えになりたいと思ったと答えます。

 

理由を聞いて感動したと涙を流す無堂先生。

 

五月はその反応に驚き実は悩んでいたと話し始めます。

 

自分の母が先生だったと言おうとする五月を遮り、知っているという無堂先生。

 

無堂先生は五月の母の担任教師だったと言います。

 

そして五月と五月の母が歪なほどにそっくりなことも。

 

五月の夢がお母さんの後を追っているというなら、やめた方がいいと無堂先生は忠告します。

 

以前下田にも言われたことがあるのを思い出した五月。

 

歪んだ愛執はまるで呪いのように自分を破滅へと導くという無堂先生。

 

そうではなく自分の意志だと五月は否定しますが、無堂先生は無意識でしていると言い切ります。

 

青ざめる五月。

無堂先生はきついことを言ってすまないと謝り、お母さんと同じ道をたどって欲しくないと言います。

 

どうゆうことかと疑問を抱く五月。

 

お母さんは無堂先生に憧れて似合わない教職の道へと進み、最後までそのことを後悔していたと言います。

 

五月は昔お母さんが言っていた自分の人生は間違いばかりという言葉を思い出しました。

 

その場から逃げるかのように約束を思い出したと、荷物をまとめる五月。

 

無堂先生は悩んでいるのなら相談にのると言い、明日も来ると伝えます。

 

約束の教室で食べ物を持ち寄り、姉妹全員と風太郎がそろっています。

 

我慢していた反動でから揚げを頬張る五月。

 

それを見た風太郎は問題集を終わらせたことを褒め、本気なんだなと嬉しそうです。

 

頬を赤くしながら五月は目を合わさず素っ気なく返事をします。

 

夜、家族でご飯を食べているところ火事の話題になり無事だったと報告する風太郎。

 

風太郎父が学園祭で変なおっさんが居なかったかと風太郎に問う。

 

髭が生えていたと特徴を言うと風太郎は思い当たる人がいたと言います。

 

それを聞いた風太郎父は、やはり来ていたかと言います。

 

気になっている風太郎にお前にだけは伝えとく方がいいかと風太郎父はその男の正体を話します。

 

次の日、看板を持って立つ五月の後ろに現れた無堂先生。

 

場所を変え五月が用件を聞くと、昨日のことを謝り君に打ち明けることがあると言います。

 

五月のお母さんは無堂先生の元教え子であり、元同僚であり、元妻。

 

つまり五月のお父さんと告白します。

 

固まる五月。

 

初めて会った本当のお父さんとこれからどうなるのでしょうか。

五等分の花嫁の最新話・最新刊を無料で読む方法

五等分の花嫁109話のあらすじネタバレを読んでみて、いかがでしたか?

やっぱり絵付きで読みたい!

そう思った方も多いのではないでしょうか。

 

もしそう思われた方にはU-NEXTがオススメです!

 

U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスで、電子書籍も豊富に取り扱いしています。

U-NEXTの特徴

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 電子書籍数は20万冊以上
  • 80,000本の動画が見放題
  • 70誌以上の雑誌も読み放題

※最新の配信状況は U-NEXT公式サイトにてご確認ください。

 

U-NEXTでは、31日間無料お試しに登録すると600円分のポイントをもらうことができます!

 

このポイントを使えば、『五等分の花嫁』の最新話を含む『週刊少年マガジン』の最新刊を無料で1冊読むことができるのです!

 

31日間無料お試し期間中に解約すれば、月額利用料は一切かかりませんし、登録・解約もとても簡単ですので、ぜひU-NEXTで『五等分の花嫁』の最新話を絵付きでお楽しみくださいね!

 

五等分の花嫁109話の感想と考察

とうとう姉妹最後の五月の話に入りました。

 

他の四人はそれぞれ学園祭の間で前に進めたようですが、残る五月は一番不安ですね。

 

五月は姉妹の中で一番お母さんへの執着が強いと思っていましたが、無堂先生の忠告を受ける場面の呪いという言葉、五月にはすごく重かったのではないでしょうか。

 

無意識だからこそ怖いですよね。

 

自分の意志だと思っていたことが、実は違ったら何を信じればいいのか分からなくなりそうです。

 

前回の四葉もなかなか重く考える子なんだなと感じましたが、五月には更に怖いものを感じました。

 

お母さんが亡くなってから、自分がお母さんの代わりになると言い、口調もお母さんに似せていると思うので、いつか想いが爆発するのではないかとヒヤヒヤします。

 

そして登場した時から何かあるなと思っていた無堂先生。

 

最後衝撃の告白でしたね。

 

元教え子、元同僚、元妻。

 

想像としては、教え子時代に先生に憧れ教師を目指し、同じ先生となってから恋愛に発展し、結婚ですよね。

 

でもなぜ別れたのか。

 

最後まで後悔していたと言っていたので、亡くなる直前まで会っていたということでしょうか。

 

お母さんと会っていたのなら、姉妹たちにも会えたはずです。

 

なんで今このタイミングで本当のことを打ち明けたのか気になります。

 

次回その理由がわかるといいなと思います。

 

そして五月の夢はどうなるのか。

 

精神的に不安定な五月も前に進めたらいいなと願っています。

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.