漫画

炎炎ノ消防隊/最新話196話あらすじネタバレ感想!見参!むーんらいと仮面

更新日:

 

2019年11月6日発売の週刊少年マガジン2019年49号『炎炎ノ消防隊』196話が掲載されました。

 

『炎炎の消防隊』196話の見どころは、前回のあらすじを簡単に踏まえて以下のようになっています。

 

突如現れたバーンズそっくりの姿の鬼に胸貫かれるバーンズはその鬼とともにその場から消えます。

 

一方でドラゴンの咆哮をシスターの加護もあってマキが防ぎ切りますが、その直後、第8消防隊の前に白装束の一団が現れます。

 

一団は自分たちの目的で不要な人たちを始末しようとしていました。

 

しかし、その場に突然あらわれた謎の仮面の人物。

 

その人物は『むーんらいと仮面』と名乗っていました。

 

そんな前回を踏まえて今回の見どころは、むーんらいと仮面の正体と、彼の登場により第8消防隊はどうなるのかです。

 

本記事では、炎炎ノ消防隊196話『月光の救い』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

やっぱり漫画は絵付きで読みたい!という方、U-NEXTなら無料で読むことができますよ!(初回登録時にもらえる600円分のプレゼントポイントで最新話・最新刊が無料!)

 

31日間無料お試し期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。

登録・解約方法はこちら

 

炎炎ノ消防隊196話のあらすじネタバレ

突如現れた謎の覆面の人物。

 

その彼は電柱の上から見下ろしていました。

 

そして、彼と共に現れた纏いに驚く白装束の一団。

 

その纏の上には数字の七がありました。

 

そして、突如現れた仮面の人物は自分のことをこのように名乗りました。

 

「俺はむーんらいと仮面」

 

しかし、纏とむーんらいと仮面のいで立ちからすぐに紅丸ではないかと悟る白装束たち。

 

素性がばれてしまったのにも関わらずむーらいと仮面だと言い張る紅丸。

 

そもそも、なぜ紅丸がむーんらいと仮面として現れたのか?

 

それは紺炉のアイデアで、皇国に対して敵として判断されないようにする配慮でもありました。

 

そして、登場時のいで立ちや、設定も彼が決めていました。

 

しかし、紅丸は嫌がっていました。

 

特に、覆面に対してはすごい嫌悪感を抱いていました。

 

名乗った直後、白装束の一団へ火の玉を投げます。

 

それにより広がる爆炎。

 

紅丸のことを呼ぶ火縄ですが、纏に捕まるよう指示する紅丸。

 

そのやり取りの直後、カロンが攻撃で紅丸の周りが爆発します。

 

しかし、爆炎の名から現れた紅丸はノーダメージでした。

 

続いて、ハウメアの攻撃でバリアのようなものが見えます。

 

攻撃がはじかれた瞬間に見えたバリアのようなものに驚くハウメア。

 

さらに、インカが攻撃します。

 

しかし、彼の周りに爆炎が孤を描きます。

 

攻撃がはじかれることに疑問を抱くインカ。

 

なぜなら、紅丸は自分の周りの熱をコントロールしていました。

 

ちなみに、範囲は半径4メートルです。

 

その状態をインカはこのように例えます。

 

「月・・・月光」

 

一方、蟲の体内への侵入を筋肉で防いでいた桜備。

 

そんな彼は満身創痍のような表情でした。

 

そして、ジョーカーの能力で出した炎のトランプが飛んできます。

 

それが桜備に当たり、体についていた蟲を倒しました。

 

今までの努力を称賛するジョーカーに対して、死を感じていた桜備。

 

そして、シンラに桜備はバーンズのことを問います。

 

その問いについて、鬼にやられてしまったことを話すシンラ。

 

話終えた直後倒れそうになりますが、桜備に支えられます。

 

そして、シンラを背負う桜備はこう誓います。

 

「守ろう この国を」

 

一方、シンラは桜備の背中で安堵していました。

 

その直後、桜備たちの前に纏が現れ、紅丸が逃げるように指示します。

 

先に乗っていた第8消防隊の仲間たちは絶叫をしたり、高さに恐怖していました。

 

そして、その場に残ったのは紅丸とジョーカーのみとなります。

 

逃げるのをフォローしようとするジョーカーですが、敵を倒すべきと考えていた紅丸。

 

そんな2人をしたから見上げているのはドラゴンでした。

 

紅丸が攻撃を仕掛けますが、カロンの能力でそっくりそのまま攻撃を紅丸に返します。

 

しかし、紅丸の能力のバリアではじかれます。

 

その後、攻撃を仕掛けるドラゴン。

 

それにより、今まで立っていた電柱から始めて足を放した紅丸。

 

空流で反撃しますが、ドラゴンにダメージは全くありませんでした。

 

そして目くらましの攻撃を放ち、目をつぶるドラゴンに対し、次の攻撃があるのではないかと思いハウメアを守ろうとするインカ。

 

しかし、2人は纏でその場を後にしました。

 

逃げる彼らを見て、話を始めるハウメアとカロン。

 

そして、ハウメアは自分たちの作戦を最終段階に移行させようとするのでした。

炎炎ノ消防隊の最新話・最新刊を無料で読む方法

炎炎ノ消防隊196話のあらすじネタバレを読んでみて、いかがでしたか?

やっぱり絵付きで読みたい!

そう思った方も多いのではないでしょうか。

 

もしそう思われた方にはU-NEXTがオススメです!

 

U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスで、電子書籍も豊富に取り扱いしています。

U-NEXTの特徴

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 電子書籍数は20万冊以上
  • 80,000本の動画が見放題
  • 70誌以上の雑誌も読み放題

※最新の配信状況は U-NEXT公式サイトにてご確認ください。

 

U-NEXTでは、31日間無料お試しに登録すると600円分のポイントをもらうことができます!

 

このポイントを使えば、『炎炎ノ消防隊』の最新話を含む『週刊少年マガジン』の最新刊を無料で1冊読むことができるのです!

 

31日間無料お試し期間中に解約すれば、月額利用料は一切かかりませんし、登録・解約もとても簡単ですので、ぜひU-NEXTで『炎炎ノ消防隊』の最新話を絵付きでお楽しみくださいね!

 

炎炎ノ消防隊196話の感想と考察

思っていた以上に早く、むーらいと仮面の正体が紅丸だとばれてしまったと思いました。

 

しかし、飛んできた纏とそこに書いてあった数字の七と見た目で、すぐにバレて当然だと思います。

 

私自身、前話を最初に読んだ際に誰だと思いましたが、数回読み直しはしたものの、纏による攻撃と最後のコマを見て紅丸だと今週号発売前に思いました。

 

続いて、今回はむーんらいと仮面の加勢によって、白装束の一団VS第8消防隊&むーんらいと仮面を予想していましたが、実際は、第8消防隊はその場から離脱という展開でした。

 

シンラはバーンズとの戦闘で満身創痍、アーサーはドラゴンの攻撃を受け戦闘不能、他の隊員もかなりのダメージを受けていましたので、今回の展開も有だと思いました。

 

そして、柱がそろったという事で作戦の最終段階に移行させようとする白装束の一団阻止しようとする消防隊との最終決戦という展開につながるような感じを漂わせる展開につながるラストであると感じました。

 

次回の展開予想ですが、すでに述べたように最終決戦を前に第8消防隊の今回の戦闘に関する感想戦と今後に向けてどうするのかを作戦会議とを行う。

 

その一方で負傷しアーサーがどうなったのかいう話になるのではないかと思います。

 

 

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.