漫画

アクタージュ/最新話88話あらすじネタバレ感想!怒りの炎で燃え上がる舞台

更新日:

 

2019年11月2日発売の週刊少年ジャンプ2019年49号で、アクタージュ88話が掲載されました。

 

アクタージュ87話は、それまで積み上げた孫悟空の存在感をそのままに王賀美は牛魔王を演じています。

 

そしてそれが逆効果になり、共演者と観客には不安を与えていました。

 

王賀美が何を言おうとも、羅刹女を演じている夜凪の怒りの炎は燃え上がるばかりです。

 

このままだと舞台が崩壊することを危惧する共演者たちに対し、サイド乙のメンバーはその舞台を冷ややかに見守ります。

 

果たして、王賀美はこの状況を打破することができるのでしょうか。

 

そして夜凪の怒りは収まることがあるのでしょうか。

 

羅刹女の変化の章に、いよいよ決着がつきます。

 

本記事ではアクタージュ88話「俺の定義」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

▼前回の話をおさらい▼

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

アクタージュ88話のあらすじネタバレ

孫悟空としての圧倒的存在感を徐々に失っていく王賀美は、勢いを完全に失ってしまいます。

 

王賀美が演じる牛魔王の尊大な態度は、夜凪演じる怒れる羅刹女に対して火に油を注ぐほかありません。

 

そしてとうとう王賀美は夜凪を抱き上げるという演技をしてみせます。

 

観客に顔は見えなくなったものの、夜凪の羅刹女としての存在感はまた一段と膨れ上がり、会場を恐怖に包みます。

 

サイド乙や共演者たちは「王賀美の暴走」に頭を抱えるばかりです。

 

サイド乙で同じ役を演じる阿良也はこのシーンについて彼なりの演技の方法を語ります。

 

このシーンでは媚びるように羅刹女に対して愛を騙り、羅刹女の情に訴え芭蕉扇をだまし取るという芝居を求められている、と語りながら目立てばいいってもんじゃないと王賀美を詰ります。

 

そしてとうとう、王賀美は夜凪にキスをしようとするのです。

 

あまりのことに思わず手が出た夜凪は王賀美の腕から滑り落ち、とうとう舞台は崩壊を始めます。

 

これにより王賀美が孫悟空として積み上げたヒーロー像は消え、観客たちにも一気に不安が広がります。

 

演出家である花子ですら、この舞台は悪役(ヒール)が二人になってしまったことから舞台が破綻したことを確信し、終わったと肩を落とすのでした。

 

そして舞台に転げ落ちた夜凪は、それでもセリフを続けます。

 

一つ一つ、まるで自身の体験を思い出すかのようにその怒りの炎はふつふつよ湧き上がっていきます。

 

それでもなお尊大に上から目線で夜凪演じる羅刹女に愛を騙る牛魔王を王賀美は演じます。

 

愛を騙りながら芭蕉扇を求める牛魔王に、観客たちは徐々に気持ちの変化が現れています。

 

先ほどまでは目を合わせることすら恐ろしかった羅刹女に対してどこかそれまでとは違った気持ちを抱くようになったのです。

 

そしてその瞬間、共演者もサイド乙の演者も観客も、皆その気持ちの変化に気付くのです。

 

尊大な態度で愛を騙られる羅刹女に対して同情の気持ちが芽生えていたのです。

 

これこそが王賀美の策でした。

 

阿良也の想定であった羅刹女を誑し込むのではなく、観客の情を孫悟空、そして牛魔王から羅刹女へと移し替えるよう、わざと尊大に演技を続けていたのです。

 

状況は一気にひっくり返ります。

 

王賀美がそれまで悩んでいた、己のスター性と存在感について彼なりの答えがようやくでた瞬間です。

 

王賀美は内心で夜凪に礼を言いながら確かな感触を覚えます。

 

彼自身も日本を出てから迷走を極めていたのです。

 

だからこそ今回の羅刹女という舞台、しかも限界突破している夜凪の演技により自分の在り方をどのようにするのかが分かったのです。

 

彼の強さ、そしてその定義は共演者にも、観客にもない、他ならない自分の中にしかないということに気付きました。

 

好かれようが嫌われよが、それを自在に操ることこそが彼の武器であることを自覚できたのです。

 

この時点から観客は孫悟空である王賀美から羅刹女である夜凪の味方へと変わっていきます。

 

これこそが王賀美なりの助演のやり方でした。

スポンサードリンク

アクタージュ88話の感想と考察

王賀美の目論みと本当の強さが露わになりましたね。

 

そして変化の章というばかりに、観客の感情も王賀美から夜凪へと移っていきました。

 

これにはサイド乙の面々もどうやらかなり驚いているようです。

 

この後、サイド甲の羅刹女がどのように勢いをつけていくのか非常に気になりますね。

 

そしてもう一つ、夜凪の怒りがどのように鎮静化されるかです。

 

ここはほかの共演者たちがかかわってくるのかもしれません。

 

サイド乙よりも役者同士のスキルが大幅に離れていますが、仲の良さが非常に気になるところです。

 

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.