漫画

鬼滅の刃/最新話180話あらすじネタバレ感想!鬼舞辻無惨の本当の強さ

更新日:

 

2019年10月28日発売の週刊少年ジャンプ2019年48号で、鬼滅の刃180話が掲載されました。

 

前回までに霞柱の時透と風柱不死川の弟玄弥の二人の犠牲を払いながらも、上限の壱を倒すことができました。

 

いよいよ残るは上弦の肆と鬼舞辻無惨のみとなっています。

 

上弦の肆は恋柱甘露寺と蛇柱伊黒が対抗しており、鬼舞辻無惨は珠世により鬼の力を奪う薬で弱められている状態です。

 

さらに上弦の参を倒した炭次郎と義勇、そして上弦の弐を倒したカナヲと伊之助、上弦の壱を倒した悲鳴嶼、不死川のメンバーが現在手隙であり、おそらく鬼舞辻の元へと向かっているはずです。

 

はたして彼らの思惑通り鬼舞辻を倒すことができるのでしょうか。

 

本記事では鬼滅の刃180話「恢復」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 次話 >>

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃180話のあらすじネタバレ

カラスたちにより、時透と弦弥の死と上弦の壱撃破が伝えられます。

 

それを聞いた炭次郎は二人の死に涙が止まりません。

 

一人また一人と死んでいく現状に重くなる心を叱咤して、義勇の背中をただひたすら追って走ります。

 

迷ってはいけない、と弱りそうになる心を叱咤し、ただ鬼舞辻無惨を殺すことだけを考えながら進みます。

 

そして炭次郎は千寿郎から受け取った手紙のことを思い出します。

 

それは、ヒノカミ神楽は本来十三の型からなるものであり、そのうちの十二の型までしか炭次郎は知らないということです。

 

それを炭次郎は不完全な状態、受け継ぐことができなかった者と、自身を責めながらもひた走るのです。

 

そして鬼殺隊の隊士たちの行動を管理している産屋敷輝利哉、そして妹のくいな、かなたに場面が移ります。

 

無惨と共にまゆの中にいる珠世がもたないことをはっきりと知覚してしまった輝利哉は、たどり着いた隊士たちに待機命令を出します。

 

無惨の復活を危惧したのです。

 

そしてその危惧がぴたりと当たってしまいます。

 

周囲にいた隊士たちは皆、まゆから飛び出した無惨に殺されてしまうのです。

 

珠世も無惨の手の中に収まるほどのサイズにされてしまっていました。

 

彼女の開発した鬼を人間に戻す薬も無惨にはあまり効いていないようでした。

 

珠世の左目には無惨の指が突き刺さり、珠世自身が鬼でなければ最早意識を保つこと自体が不可能な状態ながらも、彼女は無惨に悪態をつくのです。

 

そしてそれを見た無惨はただ嘲笑い、手の平に生えている口で珠世の頭ごと手にかけるのです。

 

そして間も無く、珠世は無惨に喰い殺されてしまいます。

 

おそらく血を分かっている愈史郎もそれを感知したのか、倒れ伏して怒りに震えています。

 

ぎりぎりと床の畳を爪でえぐりながら、自分の最も信頼する相手を殺した無惨に対して酷い嫌悪と怒りを抑え込んでいる様子です。

 

退却の命をひたすらに出す輝利哉の願いも虚しく、まだ義勇や他の柱は到着しそうにありません。

 

その間にも無惨の元へと近付いた名もない隊士たちがどんどん殺されていきます。

 

輝利哉は既に鬼殺隊のトップとしての自覚があり「子供たちが」と殺された隊士たちを悼み、そしてなんとかこの状況を打破しようと必死に手を尽くします。

 

しかし抵抗虚しく無惨は復活し、その恨みと怒りを笑みに変えて、彼は鬼殺隊を殺すと宣言したのでした。

スポンサードリンク

鬼滅の刃180話の感想と考察

まずは、時透が完全に死んでしまった、という事実が突きつけられてしまいました。

 

なによりもこれが一番ショックでなりませんでした。

 

あの回想シーンから、もしかしたらと思わなくもなかったのですがやっぱりだめだったみたいです。

 

そして畳みかけるように珠世さんのあっけない死、そして駆け付けた隊士たちの惨い死に何かが削られていきます。

 

思わず倒れ伏して床を掻く愈史郎の気持ちが痛いほどに伝わりました。

 

前回にも触れたのですが、いよいよ最終決戦の局面となってきました。

 

上弦の肆の対処法、そして鬼舞辻無惨の対処法、どちらも一筋縄ではいかないでしょう。

 

なにより、力を持った隊士たちはみな上弦の鬼と戦い、連戦で疲弊しています。

 

特に師匠である蟲柱胡蝶忍を失ったカナヲや、弟である玄弥を失った不死川にとっては、この後の戦いは精神的にも厳しいものになるでしょう。

 

また、重要なファクターとしてヒノカミ神楽についても、明らかになってきました。

 

炭次郎が現状使うことができるのは十二まで、しかし日の呼吸には十三の型がある、いわゆる善逸の逆状態です。

 

意地でも獪岳の状態とは使いたくないのがファン心とも言えましょうか。

 

こんなにも主要キャラがぽんぽん死んでいく現状は心が痛いのですが、もしかしたらこれで戦いが終わってくれるのでは?と期待する半面、鬼舞辻を倒してしまったら炭次郎や善逸の柱としての姿が見られないことは残念に思います。

 

今後も鬼滅の刃から目が離せませんね。

 

<< 前話 次話 >>

 

掲載漫画ネタバレ一覧

  • 鬼滅の刃
  • 僕のヒーローアカデミア
  • アクタージュ
  • 五等分の花嫁
  • ネクロマンス
  • キングダム
  • 新サクラ大戦 the Comic
  • アルマ
  • 1日外出録ハンチョウ
  • 神さまの恋人
  • 首を斬らねば分かるまい

その他のあらすじネタバレはこちらからご覧ください↓↓↓

 

 
 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.