ドラマ

ドクターXシーズン6/2話あらすじネタバレ感想!ドナーを待つ患者に大門未知子が思いついた策とは?

投稿日:

2019年10月24日21時からテレビ朝日で米倉涼子主演の『ドクターXシーズン6』の2話が放送されました。

 

『ドクターXシーズン6』の2話では、東帝大学病院に権力とお金で全てを解決してきたニシキグループのCEO二色寿郎が入院してきます。

 

二色寿郎が助かるためには生体肝移植しかなく、臓器やドナーは権力とお金で解決することは出来ず…

 

そこで大門未知子が思いついた解決策とは!?

 

本記事では、『ドクターXシーズン6』の2話のあらすじと感想を紹介していきます 。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

スポンサードリンク

ドクターXシーズン6の2話のあらすじネタバレ

東帝大学病院の廊下でドミノを並べている小児科に入院中の子供たち。

 

うっかり、大門未知子(米倉涼子)がドミノを倒してしまいます。

 

そんなところに、ニシキグループのCEO・二色寿郎(モロ師岡)が我が物顔で入院してきます。

 

何気ないように見える”ドミノ”ですが、今回のキーワードになっています。

 

二色寿郎は肝移植を望んでおり、手術が成功した時には病院に10億円の出資を約束したため、院長代理のニコラス・丹下(市村正親)らの医師たちはVIP待遇をします。

 

二色寿郎は傲慢だったため、移植のための肝臓提供に同意してくれる家族がおらず、手術担当である外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリア)と内科部長の浜地真理(清水ミチコ)は「ドナーが見つかるまで内科的治療で症状の軽減を図る」ことにします。

 

大門未知子は内科的治療に疑問を呈しつつ、「ドナーがいなきゃ、オペできないじゃん」と不満を口にします。

 

一方、大門未知子は病棟で退院しようとしていた古沢研二(清原翔)を見つけます。

 

古沢研二は肝がんステージⅢを患い、生体肝移植を待ちながらも治療費の滞納で退院を余儀なくされていましたが、大門未知子が強引に病室に連れ戻します。

 

古沢研二の恋人・二色由理(上白石萌歌)は、大門未知子に「私の肝臓を研ちゃんにあげてください」と懇願しますが、「日本では他人同士の生体肝移植は認められていない」と断られてしまいます。

 

やがて、二色由理が行方不明だった二色寿郎の末娘であることが判明します。

 

移植プロジェクトチームは、二色由理にドナーになってくれるように説得しますが、二色由理は「あんな人、親じゃない」と拒否をします。

 

そんな二色由理に古沢研二を救う策を思いついた大門未知子は、ある交渉をします・・・。

スポンサードリンク

ドクターXシーズン6の2話の感想と考察

2話のキーワードは”ドミノ”だったので、ドミノがチラチラと何度も出てきたので、大門未知子がしようとしていることに、すぐに気が付きました。

 

ちょっとわかりやすすぎたでしょうか。

 

大門未知子は”群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌って”いますが、患者を”経済力””年齢”などで区別することがありません。

 

AIのアナウンスにも縛られません。

 

大門未知子が見ているのは、患者の病状と手術後の患者の生活です。

 

大門未知子は”手術”だけをしているわけではなく、患者にあった手術をしていて、AIが予想できなかったことにも臨機応変に対応しています。

 

このあたりで、大門未知子が手術マシーンではなく、血の通った医師であることがわかります。

 

だから人気になるのでしょう。

 

 

AIは画期的で便利ですが、AIに振り回されては本末転倒です。

 

飛行機の操縦に自動操縦の機能がありますが、誤作動もあるので頼りきりにならないような仕組みがあります。

 

医療に置いてのAIも振り回されたり、依存し過ぎないような仕組み作りも大切だと感じました。

 

今後気になるのが、「北海道摩周湖第39分院」の院長を務めていたものの、分院を閉鎖され、平の医師に降格されてしまった”海老名敬(遠藤憲一)とニコラス・丹下のタレこみにより逮捕されてしまった”蛭間重勝院長(西田敏行)”の今後です。

 

2人ともこのまま終わると思えないので、2人にスポットの当たる場面があると想像されます。

 

大門未知子の「私、失敗しないので」と言い切り、その通り実現する姿は爽快感があります。

 

毎週木曜日夜9時のOAが楽しみですね。

スポンサードリンク



-ドラマ
-

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.