漫画

アクタージュ/最新話86話あらすじネタバレ感想!熱狂する舞台の支配者と訪れる変化

更新日:

 

2019年10月21日発売の週刊少年ジャンプ2019年47号で、アクタージュ86話が掲載されました。

 

アクタージュ86話は、王賀美の登場により、観客の目の奪い合いと化した羅刹女の舞台がさらに熱狂の舞台へと変化していきます。

 

かつて、その存在感の強さゆえに疎まれ芸能界、果ては日本から追い出されることとなった王賀美の想いとそれを見ていた周囲の人間たちの感情が、少しずつ露わになり、そして変化をし始めます。

 

今や怒り心頭でギリギリのところで自分を制御するしかない夜凪に対して、王賀美が今思うこととは?

 

そしてそれに呼応するように、舞台もまた、少しずつ流れを変えていくのです。

 

本記事ではアクタージュ86話「必死」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

▼前回の話をおさらい▼

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

アクタージュ86話のあらすじネタバレ

怒りに支配され観客を楽しませるということを忘れている夜凪は、今や羅刹女そのものでした。

 

まさに「作品を味方につける」という王賀美この言葉であらわされるように夜凪はただ羅刹と化した女となっていました。

 

しかしそれに対して、王賀美も負けてはいなかったのです。

 

作品を我が物としてしまっている夜凪に対して、王賀美は観客と共に彼女に対抗するという活路を見出します。

 

夜凪の怒りによって振られる刀と王賀美の華々しく振られる如意棒が一進一退の攻防を繰り返します。

 

サイド乙の面々が落ち着いて見守る中、同じチームのサイド甲は先ほどから気が気じゃない様子です。

 

羅刹女になるためにふつふつと家で映画を見ることでためていた実の父親への恨みという感情に対して、それを起爆剤とした爆弾を落とされたことを、朝野たちはひどく気にしていました。

 

しかしそれを押し留めたのは他ならない、デスアイランドで夜凪と共演をした烏山だったのです。

 

夜凪の必死さを受け取り、だからこそ他の演者全員が答えるべきである、と。

 

そしてそれは王賀美自身も気付いているというのです。

 

かつて、強すぎる存在感で他の役者を食ってしまうことからスターズに捨てられた王賀美自身が、今この羅刹女という舞台においては夜凪より目立とうと様々な手を使って必死に演じているのです。

 

こうして、王賀美の想いに徐々に変化が現れるのです。

 

あんなにも粗暴で自信家で、何も後悔など抱いていないような王賀美の独白が始まるのです。

 

スターズを辞め、他のプロダクションに行く王賀美を待っていたのは、受け入れ拒否の嵐でした。

 

閉鎖的な日本の芸能界ゆえなのか、プロダクションを裏切った俳優の末路、そしてその見せしめなのだと、名もなきプロダクションの社長が王賀美に告げるのです。

 

王賀美としても、スターズを辞めたとはいえ圧倒的存在感に自信はあったでしょうし、それを武器としていればだれにも負けないと思っていたことでしょう。

 

しかしそもそもステージに、映画に立つことすら許されなくなってしまっていたのでした。

 

王賀美は夜凪と対峙しながら過去を振り返るのです。

 

スターズを辞めるきっかけとなった暴行事件を起こしていなければ、周囲の人々の言葉に耳を傾けていれば、日本という国でもう少しあがいていれば、とらしくもない「たら、れば」が彼の心に去来したのです。

 

それも全てこの夜凪景という人間と相対し、演じる楽しさを今王賀美はしっかりと味わっているからなのです。

 

アメリカになど行かずとも、日本でこのような日々を迎えられることをひそかに彼自身が楽しみにしていたのです。

 

舞台では、羅刹女と孫悟空の切り結びが終わり、孫悟空が観念した様子を見せるところでした。

 

膝をつく王賀美に観客の心は再び夜凪の、羅刹女のものへと変化しつつあります。

 

そこで王賀美はそれまでの考えを、心の変化を「自分らしくない」と捉え、自分らしさとは何か、という疑問が浮かび上がるのです。

 

しかしそれをくだらないと一蹴し、さらに舞台を転換させるのです。

 

ここから孫悟空は羅刹女の腹の中に入り芭蕉扇を奪い取りますが、それが偽物であると知り、今度は夫の牛魔王に変化して羅刹女を口説き落とそうとします。

 

この変化の技について、明神阿良也は王賀美の弱さを指摘します。

 

映画俳優であるということは、カメラワークによる操作が役者の演技を手伝うのです。

 

それゆえにこのアップも引きもない舞台において、王賀美の存在は大きく変化することはないというのです。

 

こうしてサイド甲の羅刹女は中盤の変化の章へと突入するのです。

スポンサードリンク

アクタージュ86話の感想と考察

王賀美さんの必死さ、というのがこの86話ではさらに大きなファクターとなってくることが分かりました。

 

85話まではただあの王賀美陸が夜凪景をうまく際立たせるような、そんな印象を受ける描写が多かったのですが86話からはその見え方が変わってきました。

 

今まで自分の存在感を抑えることはあっても、目立たせようとはしてこなかった王賀美さんが、夜凪に対してはここまで”必死に”存在感を出して目立とうとしている、ということは彼の根本的な部分を覆すものでもありました。

 

だからこそ、そのことを未練に思うのかと思いきや、ただ幸福なこの空間を楽しむために、すべてを考えを一蹴するのです。

 

強いだけではいけない、という山野上花子の忠告はこの場面で生きてくるように思います。

 

思いつめるわけではない、弱い王賀美陸を求めているわけではない、というあのシーンへの答えにつながるのです。

 

そしていよいよ、舞台は変化の章へと入っていきます。

 

サイド乙の面々、特に阿良也は王賀美には無理だとはなから相手にしていなさそうな様子でしたが、果たしてどうなるのか。

 

そして他のサイド甲のメンバーはこの夜凪と王賀美についてこられるのか。

 

来週以降の非常に展開が楽しみですね。

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.