漫画

鬼滅の刃/最新話178話あらすじネタバレ感想!死してなお超えられない弟に対する兄の想い

更新日:

2019年10月12日発売の週刊少年ジャンプ2019年46号で、鬼滅の刃178話が掲載されました。

 

鬼滅の刃178話は、177話に引き続き黒死牟の過去のお話です。

 

本記事では鬼滅の刃178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

<< 前話 次話 >>

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃の178話のあらすじネタバレ

幼い黒死牟の痛切な心の叫びから始まります。

 

神に愛された弟の存在はこの世の理が狂うのだと、その強さに対する妬みが露わになります。

 

当然、兄より優秀な弟を彼らの父は連れ戻そうとするものの、弟の縁壱は寺には行っていなかったのです。

 

こうして縁壱を追うことはできず、影も形もなくなったのでした。

 

当時は不慮の事故か、と思う黒死牟ですが、彼の心は穏やかになったことでしょう。

 

目の上のたんこぶとも言える弟の存在がいなくなったのだから。

 

そうは言っても、黒死牟自身はその十年余りの日々を退屈であると称していました。

 

侍になり、妻を娶り、子宝にも恵まれた人間の彼の心の時間はずっと止まったままでした。

 

しかし、黒死牟が野営をしていたところを鬼に襲われます。

 

そこに鬼狩りとして現れたのが弟の縁壱だったのです。

 

黒死牟の目に分かるレベルで剣の技術は上がり、人外の者を容易に倒していきます。

 

その姿に弟が生きていたことへの安堵ではなく、自身の平穏が破壊されたことによる妬みと憎しみを覚えたのです。

 

しかもそれに輪をかけるように、縁壱は非の打ち所がない人格者へとなっていたのです。

 

そのことに頭を狂わせた黒死牟は、家も妻も子供も職も何もかも捨て縁壱と同じ鬼狩りとなることを決意したのです。

 

そしてさらに縁壱への妬みは大きく膨れ上がることになります。

 

縁壱は誰にでも剣技と呼吸を教えます。

 

しかも一人一人得意なことに合わせた指導法を取っていました。

 

そのことで、縁壱が使っていた日の呼吸から徐々に派生の呼吸が生まれたのです。

 

誰一人として縁壱と同じにできなくても彼は気にしませんでした。

 

縁壱に追従するように痣者も増え、黒死牟自身にも縁壱とそっくりの痣が出現します。

 

しかし結局黒死牟は日の呼吸は使えず、月の呼吸を使うことになるのでした。

 

鍛錬をすればと意気込む黒死牟に突然入った情報は、痣が寿命の前借にすぎないことです。

 

つまり彼自身にはもう時間がない、鍛錬を重ねたとしても縁壱に追いつくことはできない。

 

そう絶望した彼のもとに現れたのは、鬼舞辻無惨でした。

 

鬼となれば無限の刻を生きることができる、と鬼舞辻は黒死牟をそそのかします。

 

こうして鬼として生きることを決めた黒死牟は全てのしがらみから解放され、いよいよ弟を超えたと思っていました。

 

しかし、それは無残にも打ち砕かれたのです。

 

痣者の寿命を超越し、再び老体で黒死牟の前に現れた縁壱に黒死牟は憎悪を爆発させます。

 

寿命で動かなくなった縁壱を怒りのままに斬りつける黒死牟の目に映ったのは小さな笛でした。

 

それは幼少期に黒死牟が与えた笛だったのです。

 

あまりの光景に黒死牟の目から涙が零れます。

 

何百年と生きた黒死牟の頭の中にはもはや縁壱の顔しか浮かばないのです。

 

両親も、妻も子供も、思い出せない黒死牟は、徐々にその姿を失っていきます。

 

全てを捨てて、ただ弟に勝ることだけを考えてきた黒死牟は、最後には、自身が斬りつけた縁壱の笛が残ったのでした。

 

子孫を切り捨て、侍であることも捨て、日の呼吸を断絶させるために剣士を殺しつくし、それでもなお黒死牟は縁壱を超えられなかったのです。

 

鬼という姿を失い、それまで生きてきた時間を振り返る黒死牟は気付くのです。

 

何も残していない、何者にもなれない、と。

 

自身が生まれた意味を弟に問いながら、とうとう塵となって消えていきます。

 

多くの被害を出しながらも、ようやく上弦の壱、黒死牟を倒すことができたのです。

 

弟への気持ちばかりで全てを捨てた鬼、黒死牟の最後はとても悲しいものでした。

スポンサードリンク

鬼滅の刃の178話の感想と考察

上弦の壱、黒死牟との戦いに決着がつきましたね。

 

鬼滅の刃という作品において、鬼は許されざる存在であることは分かります。

 

ですが、どうしてもその背景にある事情や環境に胸が苦しくなる展開が多いですね。

 

そのような人の弱いところをついて、鬼へと変化させている鬼舞辻無惨に対しては怒りという感情だけでは収まりません。

 

黒死牟も、鬼にならずに痣者としてその人生を終えていれば、縁壱と同じ鬼狩りとして、正義のものとして人生を終えていたはずです。

 

もしかしたら月の呼吸を極め、縁壱と同じ世界を見ることができたかもしれません。

 

何かを残し、黒死牟という名前ではなく、鬼狩りの一人としてその名を遺したかもしれません。

 

その機会をすべて奪った鬼舞辻無惨への怒りがどんどんと溜まっていきますね。

 

今回の話では、縁壱と黒死牟、そして日の呼吸を扱う子孫としての炭次郎以外の顔はほぼ書かれていません。

 

これこそ、長年の時を経てもなお忘れられない弟縁壱への強すぎる思いが見え隠れしています。

 

侍がいた時代から帯刀すら許されなくなった時代まで、ずっと黒死牟は弟のことを考えていたのです。

 

その想いの強さ、縁壱へのあこがれ、羨望は嫉妬と憎悪へと変わってしまったのです。

 

分かり合えない兄弟の絆の強さ、これは弟の縁壱のほうにも同じことが言えます。

 

痣者となったとしても、鬼となった兄を斬るために理を超越した縁壱も兄への強い思いがあったのです。

 

いずれ分かり合えた可能性があったのではないか、と私は信じたいです。

 

そして、残るは鬼舞辻無惨と上弦の肆です。

 

どのように展開し、このまま鬼舞辻を倒すのか、大変続きが気になりますね。

 

<< 前話 次話 >>

 

掲載漫画ネタバレ一覧

  • 鬼滅の刃
  • 僕のヒーローアカデミア
  • アクタージュ
  • 五等分の花嫁
  • ネクロマンス
  • キングダム
  • 新サクラ大戦 the Comic
  • アルマ
  • 1日外出録ハンチョウ
  • 神さまの恋人
  • 首を斬らねば分かるまい

その他のあらすじネタバレはこちらからご覧ください↓↓↓

 

 
 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.