漫画

アクタージュ/最新話85話あらすじネタバレ感想!怒れる夜凪と王賀美の対峙が今始まる

更新日:

2019年10月12日発売の週刊少年ジャンプ2019年46号で、アクタージュ85話が掲載されました。

 

アクタージュ85話は、いよいよ王賀美の登場により会場の空気ががらりと変わり始めます。

 

本記事ではアクタージュ85話「開戦」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

無料で読む方法も調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

アクタージュの85話のあらすじネタバレ

怒りのままに羅刹女と成っている夜凪の前に孫悟空である王賀美が登場します。

 

恐怖に包まれていた会場の空気が一気に和らぎます。

 

カリスマ性、スターとしての強みが観客全てに少なからず安心感を与えます。

 

これは王賀美の技術などではなく、天性のものなのです。

 

しかし一度羅刹女である夜凪が指先を動かせば再び会場は凍り付きます。

 

王賀美自身もかつてとは逆の感想を得ます。

 

夜凪の目の前に立ってようやくそれを理解したのです。

 

この王賀美ですら、油断すれば役を、存在を食われるというのです。

 

しかし王賀美とて数多の経験を積んでいるスターの一人なのです。

 

そして王賀美が動けばそれだけ会場の空気が変わります。

 

観客ひとりひとりが、この羅刹女夜凪に支配された恐怖から解放されたい、と願っています。

 

それを王賀美は背負い夜凪を対峙するのです。

 

その証拠に大地を蹴る、つまり歌舞伎の見得のような動きに観客も共演者も驚きます。

 

音、動き、セリフで羅刹女夜凪から観客の視線を取り戻すのです。

 

王賀美が持ち合わせたテクニックを使って演じていると言います。

 

そうでもしなければ、夜凪に食われるという王賀美の防衛策と言えるでしょう。

 

この舞台は、いわば山野上花子が作り出した綱渡りなのです。

 

夜凪が王賀美に勝れば観客が感じるのは恐怖。

 

王賀美が夜凪に勝れば観客が感じるのは高揚。

 

王賀美が一歩間違えれば、この舞台「羅刹女」はただの怒れる女の狂気の芝居になるのです。

 

しかし王賀美が勝れば、メジャー俳優の名のある舞台になるという、まさに賭けに近いものなのです。

 

それを分かっているから、王賀美も手を抜きません。

 

持てる技術をすべて出し、工夫をしながら必死に演じているのです。

 

王賀美にも強い感情があるのがこのシーンからも分かります。

 

役者の世界はあるところまで至ればスターが多くいるのです。

 

どんな化け物にも出会えるし、努力する天才以上に恐ろしいものにも会うのです。

 

中でも彼が最も恐れるのは、夜凪景のような作品に愛される才能、だったのです。

 

羅刹女の作品においての羅刹女にとっての牛魔王という存在が、今、夜凪にとっての山野上花子と重なります。

 

だからこそ一層夜凪の演技に、セリフや行動、仕草に磨きがかかります。

 

まるでその手に持った剣のようにひやりとした恐怖を再び会場を包みます。

 

しかし王賀美は自分のことをただの天才と称し、演技を続ける夜凪、ではなく観客に向けて語り掛けます。

 

観客ひとりひとりに向けてセリフを発します。

 

観客がみな「あこがれの王賀美陸と目が合った」と錯覚させるような演出です。

 

この時点で観客は「羅刹女」の出演者となるのです。

 

火焔山のせいで畑も育たず困窮している村民という役を王賀美によって与えられたのです。

 

これにより、夜凪の羅刹女に対する恐怖が作られたものであることを認識させるのです。

 

作品を味方につける夜凪に対して、王賀美は観客を味方につけるのでした。

 

幕が開き、始まった羅刹女も徐々に勢いをつけ始めています。

 

芸術家山野上花子による演出で未だ怒りから醒めない夜凪とそれと対峙する王賀美。

 

作品を味方につけた夜凪が勝つのか、観客を味方につけた王賀美が勝つのか、そしてこの先、一体この舞台がどうなるのか。

スポンサードリンク

アクタージュの85話の感想と考察

羅刹女の舞台が始まり、早くも2話目となっていますね。

 

衝撃の事実をつきつけられましたが、これが事実かどうかは分かりません。

 

しかしそのおかげなのか、そのせいなのか、夜凪景の芝居は一層磨きがかかっているように見えます。

 

そして何より、王賀美さんがとても楽しそうに演じているのが分かります。

 

もともと強すぎる存在感で悩み、それを管理されることが嫌で渡米した過去を持つ王賀美さんです。

 

こうして自分より強いスター性を持つ夜凪と演じるのは彼にとってもいい刺激になるでしょう。

 

84話時点でも「今の状態に耐えうるのは自分だけ」と言っているあたり、この状況を楽しんでいるまであるでしょう。

 

つまり山野上花子は夜凪景を刺激しただけでなく、王賀美陸という存在も生かそうとしているのです。

 

作品に愛する才能を強運の才能として、それに対し王賀美さんは自身のことをただの天才、というのも重要なポイントです。

 

これまで天才だスターだともてはやされてきた王賀美さんが夜凪景によりその力を如何なく発揮しているのです。

 

持っている技術をすべて使い、夜凪に対峙する王賀美さん。

 

今後の展開として、何かのきっかけでこの綱渡りの均衡が崩れなければ、サイド甲の勝利は間違いないでしょう。

 

それを確信するだけの山野上花子の手腕には恐ろしさすら感じます。

 

それでも何があるかが分からないのが舞台の世界です。

 

もしかしたら山野上花子がまだ何かを隠している可能性もあります。

 

また、サイド乙側にも何か隠し玉のようなものがあっても面白いなと思います。

 

この羅刹女の舞台で、夜凪景が何を得られるのか。

 

未だに母の死を乗り越えられていない様子の景が、これを機に何かを乗り越えるのかという期待を、私はしています。

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.