漫画

ドメスティックな彼女/最新話246話あらすじネタバレ感想!ナツオの問いかけへのヒナの反応とはいったい!?

更新日:

2019年10月2 日発売の週刊少年マガジン 2019年44号で、 ドメスティックな彼女 246話が掲載されました。

 

ドメスティックな彼女 246話は、何と言ってもナツオの核心をついた問いかけへのヒナの反応が気になるところです…

 

ヒナの反応ももちろん気になるところではありますが、思いきった質問をしたナツオの心中も気になるところですよね!

 

ヒナは自分にとってどんな存在なのか、釈然としてないナツオの迷いは晴れることになるのか?

 

そもそもヒナから明確に思いを聞き出すことはできるのか?

 

今後の二人の関係に大きな影響があるかもしれないこのワンシーンに目が離せません!!

 

本記事ではそんなドメスティックな彼女 246話のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

スポンサードリンク

ドメスティックな彼女の246話のあらすじネタバレ

ヒナに、

 

「本当は俺のことどう思ってんの?」

 

と前回ではナツオらしからぬ核心的な質問をしましたね。

 

 

自分はヒナにとって何なのか?

 

ヒナは自分にとって何なのか?

 

ナツオは頭の中にずっとあったこの想いを遂に口に出してしまいます。

 

 

しかし、すぐにナツオは自分の中で想いが確立できていないことに気づき、

 

何を聞いているんだ

 

と、自分の質問への答えを聞くことに躊躇してしまいます。

 

 

答えを知ったところでどうなるのか

 

彼女の気持ちを受け入れることはできるのか

 

むしろ義弟として扱われた方が一層いいのか?

 

そもそも彼女の想いを知ったら何か変わるのか…?

 

 

余計にナツオは困惑してしまいます…

 

 

そんなナツオの様子を見たヒナは

 

「何て言ってほしい?」

 

とナツオの頭の中を見透かしたかのような言葉を返します。

 

 

自分の中で想いが確立できていないナツオはその言葉を聞き、質問を撤回。

 

自分の方が聞く準備ができていなかったことを素直に伝えます。

 

その後ヒナは心身ともに疲れきったナツオに手を差し伸べ、そんな優しさと大人の対応を感じながら、

 

俺はどういう答えを望んでいたんだ

 

と思い返し、このヒナとナツオのやり取りは終わります。

 

 

話は変わり、翌週の劇団フォレスターの描写に移ります。

 

 

 

劇団フォレスターでは公演を迎えました。

 

魔王役のナツオとその側近役の芹沢さんの素晴らしい演技のおかげで、公演は大成功を果たしました!

 

公演の後にはアルや美雨ちゃん、モモといった高校の同級生たちと久しぶりの再会をします。

 

ナツオの演技力を見て、過去の関係まで演技だと思われてます(笑)

 

その後、桐谷先生と蔦屋さんとも再会を果たしています。

 

桐谷先生に脚本について聞かれますが、ナツオの暗い表情を見て質問を謝罪し、慰めています。

 

一方、美雨ちゃんは桐谷先生を食事に誘っていますが、やんわり断られてしまいショックを受けています。

 

この二人は相変わらずの関係なようです(笑)

 

 

その後同級生四人で食事に行き、ナツオの俳優デビューを讃えています。

 

楽しい時を過ごしますが、すぐにナツオは「ルイとの別れ」を告白します。

 

皆驚いた反応を見せますが、アルだけは事前に知っていたため驚くことはありませんでした。

 

それを聞いたモモは励ましてあげようとしますが、ナツオは「もう立ち直った」と言っています。

 

衝撃的な告白があったもののなんやかんや楽しくプチ同窓会を終え解散し、ナツオは自宅への帰路でアルと二人きりになります。

 

そこで再びルイの話に戻り、アルが彼女との別れから本当に立ち直っているのか尋ねると、ナツオはまだ心の整理がついていないことを打ち明けます。

 

すると、アルはルイのその時の様子について

 

「ナツオからもらったネックレスを今でもつけていて、ナツオの話になると大事そうにそれを握りしめていた」

 

とナツオに告げます。

 

その事を聞いたナツオは何かを決断したような表情を浮かべ、アルが眠りにつくとルイに電話をかけ今話をしめくくっています。

スポンサードリンク


 

ドメスティックな彼女の246話の感想や考察

正直今回はナツオの思いきった問いかけに対してヒナは自分の想いを打ち明けると思っていました!

 

ナツオに思いを伝えたい!という想いはあったと思いますが、彼の心が整理できてないことをいち早く察知。

 

まだ想いを伝える時ではないと瞬時に判断し、なにもなかったかのように振る舞えるヒナの大人の魅力と優しさ!

 

ステキです!!

 

 

後半になるとナツオの初公演が終了し、高校の同級生が登場しました!

 

となってくると当然出てくるのはルイ!!

 

ルイとの別れを明らかにすると皆とてもびっくりした表情をしてました(笑)

 

やっぱり高校時代のやり取りは見てて面白いですね〜

 

 

そして、何と言っても気になってくる点としてはやはり最後のシーンですね。

 

ナツオは何かを決心したようにルイに電話をかけていました!

 

その前のアルとのやりとりを見ていると、やはりルイへの想いが強いのでしょうか?

 

だとすると、ヒナが想いを伝えられなかったことに後悔したりするのでしょうか?

 

ヒナは魅力的な人物なだけにそしたらかわいそうですね…

 

どちらにせよ、ナツオの気持ちは少し固まりつつあると思われます!

 

その答えは次回の電話の内容で明らかになるのでしょうか?

 

また、ルイはどんな対応をするのでしょうか?

 

ヒナが想いを伝えられていないことに対してどのように感じているのか?

 

気になりますね〜

 

次回のナツオとルイの電話にも大注目です!!!

▼その他の漫画を読む!▼

 

 

スポンサードリンク



-漫画
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.