スポーツ

江畑秀範は羽曳野在住で姉かわいい?wiki高校や韓国や経歴についても調査

投稿日:

テコンドー選手たちの合宿ボイコットにより、今、日本テコンドー協会について話題になっています。

 

そんな中、テコンドー選手の江畑秀範さんが「協会への信頼はない」とメディアでも発言しています。

 

江畑秀範選手のwikiやプロフィール、羽曳野在住なのか、お姉さんや韓国についても気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

江畑秀範のwikiやプロフィール

引用:https://matome.naver.jp/odai/2156869609783138301/2156870149185866803

名前:江畑秀範(えばた ひでのり)

生年月日:1992年8月8日(現在27歳)

身長:197センチ

体重:80キロ

階級:男子80キロ級

所属協会:大阪府協会

所属先:スチールエンジ

 

197センチの身長って日本人とは思えないですね。

 

背が高くて小顔なので、9頭身くらいあるのではないでしょうか。

 

爽やかなイケメンだけど、強いというギャップがいいですね。

スポンサードリンク

江畑秀範の経歴

大阪夕陽丘高校に進学した江畑秀範選手は、知り合いからテコンドーを勧められ、高校近くのテコンドー道場に行き、テコンドーの魅力にはまります。

 

もともと格闘技が好きだったようで、格闘技にはない足技に魅力を感じたようです。

 

高校2年生の終わりごろには、オリンピックに出たいとまで思うようになり、3年生で本格的にテコンドーを始めます。

 

全日本学生テコンドー選手権大会(インカレ)で4連覇するも、強豪選手に当たると負けていたようです。

 

そして両親からテコンドーが盛んなタイへ修行に行くことを勧められ、1ヶ月タイへ武者修行に行きます。

 

タイでは基礎を学び直し、帰国すると、強豪選手にも勝てるようになってきました。

 

その後、大阪産業大学人間環境学部に入学し、テコンドー部にも入り、学業とテコンドーを両立していきます。

 

2012年大阪府テコンドー選手権で優勝、同じ年のコリアオープン国際テコンドーチャンピョンシップで2位。

 

2014年に日本代表に選出され、第17回アジア大会に出場。

 

2015年にWTF世界テコンドー選手権大会の日本代表(2回戦で敗退)になり、2016年全日本テコンドー選手権大会の80キロ級以下で5連覇を果たします。

 

テコンドーを始めたのは遅かったけれども、そこから努力してどんどん強くなってこられたのですね。

 

江畑秀範は羽曳野在住?

江畑秀範選手の出身は大阪府泉大津市出身ですが、現在は羽曳野市に在住しています。

 

株式会社ヤマトの所属なので、羽曳野のヤマトに行けば、もしかしたら江畑秀範選手を見れるかもしれませんね。

 

テコンドー選手として活躍している江畑秀範選手は、羽曳野の星ですよね!

 

江畑秀範のお姉さんはかわいい?

江畑秀範選手にはお姉さんがいます。

 

そのお姉さんが可愛いと話題になっているのです。

 

お姉さんの名前は、江畑知恵(えばた たえ)さんです。

引用:https://a-port.asahi.com/projects/ebata_taekwondo/

とても可愛くて美人ですね。

 

お姉さんは江畑秀範選手のマネージャーをしていて、江畑秀範選手がヨーロッパへ合宿に行けるよう、クラウドファンディングをされたことで、お姉さんの画像が出回り、可愛いと話題になったようです。

 

弟思いの素敵なお姉さんですよね。

 

テコンドーは他のスポーツに比べて資金面でまだまだ選手が苦労している面があるのですね。

 

このクラウドファンディングは目標金額300万円に対して、130万ほどしか集まらず半分以下ではありましたが、こうしてお姉さんが積極的に活動してくれていたことで、江畑秀範選手の認知度にはつながったと思います。

 

江畑秀範と韓国

江畑秀範選手のフェイスブックを見ていると、韓国に行かれたり、韓国語でのやりとりも頻繁にされています。

 

テコンドーが韓国から始まったので、韓国での試合や練習も多いからでしょうか。

 

韓国語も母国語くらいに使われていてすごいと思います。

まとめ

江畑秀範選手は現在羽曳野市在住です。

 

お姉さんは江畑知恵(えばた たえ)さんで、弟さんのマネージャーをしています。

 

弟さんのためにヨーロッパ合宿費のクラウドファンディングをしました。

 

達成率は50パーセント以下ではありましたが、弟思いの素敵なお姉さんです。

 

 

今、全日本テコンドー協会と選手との間に溝があることで話題になっていますが、一日も早くテコンドー選手たちが真剣に練習に取り組める日がくることを願います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク



-スポーツ
-

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.