芸能人

福山智可子のwikiやお腹は?年齢や元旦那や玉城大志と別れた理由も

更新日:

大人気の「テラスハウス」のハワイ編『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』に出演し、番組内でカップルとなって、その後婚約を発表していたタレントの福山智可子と俳優の玉城大志が破局したとのニュースが飛び込んできました。

 

そこで今回は、福山智可子が玉城大志と別れた理由や元旦那、お腹の傷のヒミツにも迫ってみました。

スポンサードリンク

福山智可子のwikiプロフィール

引用:https://sirabee.com/2019/08/02/20162135911/

福山智可子のプロフィールはこちらです。

名前:福山智可子(ふくやま ちかこ)

生年月日:1988年11月8日(30歳)

出身:愛知県名古屋

 

高校までは愛知県で過ごし、大学はハワイ大学マノア校を卒業しています

 

スタイルが良くてセクシーですが、身長や体重などはわかりませんでした。

スポンサードリンク

 

福山智可子の元旦那は?

福山智可子はバツ1です。

 

2013年12月に結婚し、2016年9月に離婚しています。

 

元旦那は大学生の頃に知り合ったハワイの方で、名前はキャメロンと言います。

 

テラスハウスにちょっとだけ出演し、未練があるように見えましたが、それは過剰な演出だったようです。

 

別れた理由は、愛していたのに理解し合えなかったことにあったようです。

 

福山智可子のお腹の傷は?

福山智可子のお腹の傷は”盲腸の手術の後”だそうです。

 

でも、ブログにこの写真をUPするって、どうなんでしょうね?

 

「どうしたの?」「大丈夫?」って聞かれるに決まっているからです。

 

 

モデルの仕事の場合は、見せたい服や水着ではなくて傷に注目が集まってしまうので、「こういう服はNG」など、事務所を通じて話すことも出来るでしょう。

 

 

プライベートの水着ならば、傷が隠れるものを選べばいいし、もし思いがけず映ってしまったのなら、写真を加工すればいいことだからです。

 

ちょっと確信犯的な感じもします。

 

 

最近の写真ではお腹の傷が見えないので、傷を目立たなくする手術をしたのでは?と推測されます。

 

福山智可子が玉木大志と別れた理由は?

福山智可子が玉木大志と別れた理由はなんでしょうか?

 

福山智可子のブログを見ると、

 

自分の中で第三者から

見た自分たちと

実際の自分たちの違い

にとても混乱しました。

第三者が求める人たち

でありたいと思ったし、

そうなんだと思い込んでいました。

 

お互いの何がどこが悪いとか

そうゆう話ではなくて、

 

人生も恋愛も

結局は自分の”選ぶ”ってことだと思います。

私は彼との人生を選ぶことが

出来ませんでした。

引用元:https://ameblo.jp/alohafromchikako/entry-12500012641.html

 

テラスハウスは、恋愛するために参加しているようなところがありますから、雰囲気に流されてしまうところもあったのでしょう。

 

恋愛はパーティでもサプライズでもいいですが、結婚となると日常ですからね。

 

玉城大志はイケメンで熱くて優しい人と言った印象ですが、それだけではやっていけないと福山智可子が思ってしまう、なにかがあったか、もしくは致命傷的なほどに、なにかが不足していたのかもしれませんね。

 

ところで、福山智可子は「CHIKAKO」の名前で、BRUTUSという事務所に所属することになったので、また新たな活躍が見られそうです。

 

まとめ

福山智可子はテラスハウスの番組内で、玉城大志とカップルとなり、その後婚約していましたが、破局していたことをブログで発表しました。

 

福山智可子は愛知県出身で1988年11月8日生まれの30歳、高校までは愛知で過ごし、ハワイ大学マノア校を卒業しています。

 

福山智可子は、ハワイの方と2013年12月に結婚し、2016年9月に離婚しています。

 

玉城大志と別れた理由は、「彼との人生を選ぶことができなかった」とブログに書かれています。

 

恋愛と結婚は異なりますので、玉城大志との関係になにかがあったのか、もしくは、致命傷的に、なにかが不足していたのかもしれません。

 

福山智可子は「CHIKAKO」の名前で、BRUTUSという事務所に所属することになったので、また新たな活躍が見られそうです。

 

今後の活躍を期待しています。

スポンサードリンク



-芸能人
-,

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.