人物

清塚信也は嫁にムカつい?姉・バイオリニストや子供の名前や母親も!

投稿日:

いにしえの頃から、人々の生活とともにあった音楽。

 

労働の歌やお祭りの時の歌などから始まり、今は音楽が流れていないところを探す方が難しいほど、たくさんの音楽で溢れています。

 

でも、クラシックは敷居が高いと感じる人が多いですね。

 

清塚信也は人気のピアニストですが、イケメンであることが入り口のひとつになっています。

 

そこで今回は、清塚信也はどんな人なのか?嫁や子供、姉についても調査しました。

スポンサードリンク

清塚信也のプロフィールや経歴は?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00000009-kana-ent.view-000

清塚信也(きよづか・しんや)は東京都出身。1982年11月13日生まれの36歳です。

 

5歳よりクラシックピアノを始め、母親がものすごいスパルタな人だったようで、練習漬けの毎日だったようです。

 

桐朋女子高等学校音楽科(共学)を卒業後、モスクワ音楽院に留学します。

 

モスクワ時代は挫折を感じることの方が多かったようで、ずっとエリートコースを歩んでいたわけではないようです。

 

いろんな体験をしたことが今の表現力の糧になっているかもしれませんね。

 

清塚信也は、国内外の様々なコンクールで数々の賞を受賞しているだけでなく、ドラマ「のだめカンタービレ」の千秋真一、映画「神童」のワオの吹き替え演奏なども担当しています。

 

演奏にトークも交えたコンサートを開催しています。

 

クラシックの名曲を演奏するだけでなく、ジャンルにとらわれずに幅広く作曲もしています。

 

2013年には映画「さよならドビュッシー」にも俳優として出演したり、「ワイドナショー」ではコメンテーターとして発言するなど、マルチに活躍しています。

スポンサードリンク

清塚信也の嫁・乙黒えりはどんな人?

引用:https://instagrammernews.com/detail/1615264956679659240

清塚信也の嫁はタレントの乙黒えりです。

 

乙黒えりは、タイで生まれ育ち、タイ、イギリス、日本の血が入っていて、中国語と英語が得意という国際色豊かな方です。

 

清塚信也とは知人を介して知り合ったそうですが、同い年であること、乙黒えりも小さい頃ピアノを習っていたなど共通点があって、意気投合したそうです。

 

女優としての活動は、戦隊もの、仮面ライダー、イオンのCMなどがあります。

 

清塚信也は嫁・乙黒えりにムカついている?「ムカつい」の真相は?

清塚信也の嫁について調べていると、「ムカつい」という検索ワードがヒットします。

 

嫁のなにかに「ムカつい」ているのかなど、調べてみましたが、そのような情報は見つかりませんでした。

 

なぜ、清塚信也と検索すると「ムカつい」と出てきてしまうのかは、謎ですが、考えられることとして、

 

・清塚信也が出演したドラマの中で嫁役がムカついた

・清塚信也が結婚していることに対して、ファンが嫁にムカついた

・清塚信也の嫁・乙黒えりは、整理収納アドバイザーの資格も持っているので、家の中でも整理整頓をやりすぎてしまい、清塚信也がムカつくこともありそう。

 

など、いろいろと推測はできそうですが、キリがありませんね。

 

結婚生活の中で、イラッとくることは、多少なりともあるでしょうし、もしかしたら、バラエティ出演時やコンサートのトーク中に出たひと言が、そう捉えられたのかもしれませんね。

 

清塚信也に子供はいる?顔や名前は?

清塚信也は、乙黒えりと2012年4月に結婚したことを発表しています。

 

2012年11月に第1子、2015年4月に第2子を授かっていて、ふたりとも女の子です。

 

名前は見つからなかったので、防犯面を考慮しているのだと思います。

 

子供たちの画像はこちらです。

引用:https://tonky-papa.com/archives/3572#toc4

引用:https://tonky-papa.com/archives/3572#toc4

引用:https://tonky-papa.com/archives/3572#toc4

 

父親が世界中を飛び回って演奏をしていて、母親がタイ生まれなので、国際色豊かな子になりそうですね。

 

清塚信也の母親は韓国人?父親は?

清塚信也の母親は韓国人で、父親は日本人です。

 

清塚信也が幼い時に両親は離婚し、母親に育てられました。

 

そのためか、父親についての情報は見当たりませんでした。

 

 

母親は、音楽に関しては経験も知識もなく、全くの素人だそうです。

 

幼い頃に「ピアノやバイオリンをやってみたい」という願望を抱いていたようですが、母親に否定されたことから、その反動で「わが子を絶対に音楽で成功させる」と、子供たちに英才教育を施すことになりました。

 

母親のスパルタ教育については、清塚信也から多く語られています。

 

・練習時間は1日12時間

・外出禁止

・笑い禁止

・睡眠禁止

・ゲーム禁止

・小遣いなし

 

など、かなり強烈で厳格なルールがあったようですね。

 

特に「笑い禁止」というのは、子供の頃の感性や感情表現を育てるのには必要なことのように思うのですが、それも禁止にしてしまうというのは、感性の部分でどうなのかなと思いました。

 

ただ、音楽で食べていくようになるためには、子どもの頃からそれくらいの教育が必要なのかもしれません。

 

清塚信也の姉はバイオリニスト?

引用:https://siritype.com/kiyotukamiya-12542

清塚信也には2つ上の姉がいて、バイオリニストの清塚美耶です。

 

日本のバイオリニストというと、葉加瀬太郎、高嶋ちさ子、千住真理子など、強烈なインパクトの人が目白押しですね。

 

音楽は常に人の側にあって、人の心を癒すものですから、インパクトじゃなくて音楽性で人々を魅了して欲しいですね。

 

姉弟の演奏もぜひ聴いてみたいです。

 

さいごに

クラッシックは敷居が高いと感じている人も多いですが、よく聞くポップスやゲーム音楽にもそのフレーズが取り入れられています。

 

「のだめカンタービレ」でクラッシックに興味を持つ人が増えたように、清塚信也を知ることで、クラッシックに興味を持つ人が増えるといいですね。

スポンサードリンク



-人物
-

Copyright© SO YEAR , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.